#2791

移り変わる音楽環境


音楽


20時就寝03時起床。

後期開始から一週間ということで、後期が始まったら出す書類を処理するために
親にメールしたり学生課に電話したりといった事を午前中にしていました。
それ自体はまぁ、特にここに書くような事でもないのですが、
事のついでにMW600の再修理のためにソニーのサービスセンターに電話したりもして
昨今の自分にしては珍しく複数回も電話を発信した一日でした。
それでも前期開始前後、引っ越し前後のあの電話料金1万円に達するほどの日々比べれば
微々たるものなんですけどね。

MW600は前回の修理から数日で今度は別の箇所が故障……
というか完全にこれは初期不良だと思うのですが、
今回は前回と違って最初の購入から一年が過ぎているため、
無償修理になってくれるのかどうかが不安でした。
この機種は新品と交換する事での対応となるんだそうで、
その場合の修理費(交換費)は正確には覚えていませんが、
確か今Amazonで新品のMW600を買う場合の価格に匹敵する額だったかと思います。
故障以来、今は延長ケーブルを使って
ヘッドホンとiPod touchを有線で繋いでいますが、
たとえクリップタイプで完全なワイヤレスではないとは言っても、
完全な有線接続の方が不便なのは言うまでもありません。
ケーブルが絡む煩わしさはもちろんの事ですが、
スキップや一時停止が手探りでできないのが一番痛いです。

問い合わせて見ると、有償になるか無償になるかは
コールセンターの人が曖昧な答え方をしていたので何とも言えないものの、
どちらかといえば無償になる可能性の方が高そうな雰囲気でした。
二度目の故障の直後にクッション入り封筒はすでに買ってあったので、
それに指定された宛先を書いて、大学に行くついでに郵送してきました。
無償なら早ければ15日頃には届くはず……。
iOS5へのアップデート配信開始日には間に合いませんが、
それよりも三度目の故障にならないかどうかが悩みどころです。
さすがに三度も故障したら別の機種を検討するべきかなぁ……。
といっても、MW600に匹敵するクリップ型ヘッドセットは皆無なのが現状なんですよね。
そうなると完全ワイヤレスのヘッドホンを検討することになるのですが、
かなり高額だし、現行のヘッドホンはまだまだ現役なので
ここでいきなりヘッドホンを追加で買うというのも躊躇われるというか。
カナルイヤホンの方は、現行機が半分故障してしまっているので
bluetooth内蔵型を買ってみるのもひとつの手ではあるものの、
最近はカナルイヤホンの役割を完全にヘッドホンに奪われてしまっているので、
買ったところで値段相応に使う事になるのかどうかは未知数です。
音漏れが怖い図書館などでは活躍の余地があるかな、と思いきや、
今使っているヘッドホンもほとんど音漏れしないタイプみたいだし……。
遮音性は現行ヘッドホンにもない、カナルイヤホンの長所のひとつなのですが、
唯一ゲーセンでの音ゲー順番待ちの時に需要がありそうではあるものの
次に誰がプレイするかという場面で前みたいに話しかけられる可能性もあるわけで。

大学時代はバス通学だったため、うるさい空間で音楽を聴くために
カナルイヤホンが必須でしたが、今は自転車での移動が主になったので
むしろ遮音性がありすぎると危険なこともあり、
カナルイヤホンを使わなくなったのはそういう環境の差なのかなと思います。

そんなこんなで先々月の反省が活かされず後日投稿してしまいました。
しかも執筆現在かなり調子が悪く、もう支離滅裂覚悟で書いてみたのですが、
こういう時に書くと「~ですが」の文体がより際立つというか、
一文の中でかなりの確率で使ってしまっているような気がしなくもないです。

コメントを残す