#2906

意欲を示す数字


web制作


毎月01日に必ずしている、全運営サイトアクセス数統計。
特設サイトを更新する時間と意欲が潰えてしまってから
月間総アクセス数は衰退の一途を辿っており、
先月は12日にあしあと機能が消滅してから、予想通り本家ブログのアクセス数も
当日投稿した日であっても100pvを超えるのは難しいという状況に落ちてしまい、
今回ついに2005年08月の特設サイト隆盛前以来、6年半ぶりに
全サイトの月間アクセス数が5,000pvを切りました。

正直、ただでさえモチベーションを保つのが難しい今、
サイト運営のひとつの原動力であるアクセス数が
こうもハッキリと衰退してしまっているのは、見ていて辛いものがあります。
……が、これが更新頻度の少なさを反映していると思えばしょうがないのかなと。
特に、2010年10月10日以来更新していない二代目特設サイトの衰退が激しく、
ついに来月か再来月辺りに
新本家サイトに月間アクセスを追い抜かれそうな気配です。
二代目特設サイトは、ピーク時平均350~400pv/日と、本家ブログを引き離す勢いで
(自分の歴代運営サイトの中では)それなりに活発だったピクミンシリーズのサイトです。
2007年頃に更新頻度としてはピークを迎え、
常連さんとの関わりも何度かあって、それなりに楽しんでいたはずなのですが、
ここ数年の自分自身のコンシューマーゲームへの興味の衰退と、
実に4年以上に渡って「開発中です」から先に進まない
ピクミンシリーズ続編のニュースの停滞具合が災いして、
まず管理人である自分自身が次第にサイトから距離を取り始めてしまい、
それを反映するかのようにアクセス数も激減。
2010年12月に一気に先々月比半分を記録して以来、
月間2,000pvに達するのも難しいという状況になってしまっています。
定期的に、この特設サイトを復興させる計画を練っては
googleカレンダーに印を付けるのですが、未だに実現は皆無。
ここ数年、春休みになると特設サイトの更新計画を立てては頓挫するのは
もはや恒例行事のようになりつつあります。
決して見捨てているつもりはないので、この春も修論関係が片付いたら
なんとかして着手したいと思っているものの、どうなることやら。
開設当時のように個人サイトや登録型検索エンジンなどに人が沢山来た時代から、
Twitterや個人ブログで十分という時代に移り変わってしまっているのもあって、
その変遷にどうやって対応すればいいのかと考えると、
どうしても今の自分ではスキル不足に感じてしまうんですよね。
かといって、従来のように黙々とHTMLを書き続ける方式だと
根本的解決にならないだろうし……。
悩ましいところです。やっぱり特設サイトのためにもwebプログラミング関係で何か
スキルアップする場面に来ているのかもなぁ……。

一方新本家サイトは、当初の開設コンセプトはどこへ行ったのやらといった具合で、
目下iOSゲームのレビューをこつこつと積み重ねているところ。
これも更新頻度としてはせいぜい月2~3回で、
主なアクセスページは昔書いたメジャーアプリの紹介ページが多くを占めており、
トップページへのアクセスがほとんどないという
あまり本意ではない状況ではあるのですが、
実は運営サイトの中では唯一成長途中にあるサイトだったりします。

運営当初から9ヶ月ほどは、月間100pvが関の山という
独自ドメインを取ったのにほとんどミニサイトと変わらない規模でしたが、
2010年末特集をきっかけにじわじわとアクセス数が増え続け、
そろそろ月間1,000pvにも手が届きそうというところに来ているのがここ数ヶ月。
今のところあくまでも“iOSアプリ”という範疇に収まっているとはいえ、
紹介済みの56本のアプリの名前で検索すると
マイナーなものは大体1~2ページ目に収まってくれていることからも、
ページ数をこつこつ増やしていった事がアクセス増加に繋がっているというのは
十分あるんじゃないかなと。
どんなにマイナーでも、地道に更新作業を続けていればアクセス数は増えるという事を
今回でよく実感できたような気がします。
対応する検索ワードがページを作る度に増えていくのだから
当たり前と言えば当たり前なんですけどね。
特設サイトの方は「ピクミン3」というトレンドに踊らされる運命にあるので、
ある意味サイトの方向性は全然違うとも言えるのかも。
新本家サイトの方は堅実で確実な代わりに爆発的なアクセス数は望めず、
特設サイトの方は常にひとつのキーワードの上位を争う事になるため
一旦落ちてしまうと悲惨ですが、常に爆発的にアクセス数が増加する可能性があり、
どっちも一長一短なのかなと。
一般的に、後者の方がアクセスは稼ぎやすいと言われていますが、
自分の発信したい事を自由気ままに書いていくのなら
新本家サイトでやっているような一人Wiki形式がいいのかなとも思ったり。
そもそも新本家サイトはアクセス数を目標にしているわけではないはずなんですけどね。

本家ブログの存続だけで精一杯だった去年。
ある意味ではサイト運営歴最大の氷河期だったと言えるかもしれません。
その状況から少しずつ脱しつつある今、
ブログ以外のサイトをレベルアップさせられる手立てをなんとか見つけて
春休みに行動を起こしたいところです。

コメントを残す