#2947

生活を変えたAndroidアプリ十選


その他 デジモノ


春休み31日目。

あの震災の翌日、かかってきた入荷連絡の電話を聞いて
すぐに家電量販店に駆けつけ契約したAndroid 2.2(当時)の端末『GARAPAGOS 005SH』。
自分にとっては、今の電話番号を契約したのが2007年03月12日なので
あの時がちょうど携帯契約四周年でした。
そんな中購入した五代目の端末を使い続けて今日でちょうど一年ということで、
一昨年の年末特集と同じように、今日はAndroidのアプリを紹介したいなと。
参考までに2010年当時のiOSアプリ特集は以下の記事にあります
(参照:#2501『生活を変えたiPhoneアプリ十選』2010年12月29日)。

iOSとAndroidの大きな違いはカスタマイズ性。
Androidはホームにショートカットを貼り付ける事ができたり、
ホームアプリそのものを差し替えられるなどといったことができるため、
四年前にSamuriseやらbbleanをいじっていたような自分には
それなりに合っているOSだと思うし、事実ショートカット機能に助けられた事も
今までに数え切れないほどありました。
ただ、惜しいのはそれらの柔軟なカスタマイズにスペックが若干ついてこれていない点。
そんなこんなで定期的にAndroidに愛想が尽きては
iPhone 4Sを買いたい衝動に駆られた事もありましたが、
思い返せば、もうこれなしだと困るくらいに生活に馴染んでいたんだなぁと
改めて思います。特にAndroid 2.3にアップデートしてから使用頻度が増えたかも。

例によってアプリ名の隣は整理番号です。
今回は購入日はgoogle playへの移行にともなって
購入履歴のページからタイムスタンプが消失してしまったので省略しました。
なお、今回紹介するアプリはすべて無料です。


001.Evernote [仕事効率化 / オンラインメモ] 0円
  2010年初頭、iPod touchの購入をきっかけに知り、
  2011年から本格的に使い出したメモアプリEvernote。
  iOSの時も紹介しましたが、iOS版Evenoteと比べるとAndroid版の方が
  ノート、ノートブック単位でホームにショートカットを作成できる、
  他アプリとの共有がすばやくできる等の利点があります。
  一昨年末頃、DropboxとEvernoteのどちらをメモアプリとして使っていくか、
  というのが自分の中で争点になった事がありましたが、
  結局Evernoteに軍配が上がる結果になりました。
  Android版のショートカット作成機能があったからこそかもしれません。


002.Dropbox [仕事効率化 / ストレージ] 0円
  同じくiPod touch購入とほぼ同時に使い始めた定番クラウドストレージサービス。
  メモアプリとしての利用は、無料でも履歴が残るという利点があったのですが
  結局Evernoteに譲り渡す事に。
  その代わり、端末の容量を圧迫しないファイル置き場として大活躍中です。
  最近、撮った写真などを自動でアップロードする機能が加えられたおかげで
  今後は文章置き場だけでなく写真置き場としても使っていく事になりそう。
  iOS版と比べてAndroid版の利点はフォルダ・ファイルを
  分けて並び替えられる事だとずっと思ってきましたが、
  この記事執筆中に非公式ながらiOSにも同等の機能を持ったアプリがある事を知り、
  Android版ならではの利点を見失ってしまいました。
  ファイル単位のショートカットを作る事ができるようになればなぁ……。
  連携テキストエディタは『jota Text Editor』がオススメ。


055.Twicca [ソーシャルネットワーキング / Twitterクライアント] 0円
  ツイートの色分け、ミュート機能、各種連携、あとで読むプラグインなどなど、
  機能が豊富な国産Twitterクライアント。iOS/Androidのアプリの中で
  NGワードを設定できるクライアントはいくつかありますが、
  その中でも総合的に言って最も使いやすいアプリがこれかなと。
  リスト・アカウント別ページへのショートカットを貼る機能もありますが、
  名前が『アカウント名/リスト名』となってしまうので
  アイコン名を変えられないホームアプリの場合、
  肝心のリスト名が隠れてしまって使い物にならない場合が多いのが唯一の不満点。
  ちなみに作者の方針でiOS版は出さないそうです。


053.DayWeekBar 日本語版 [ツール / 通知領域拡張系] 0円
  通知バーに曜日と日付を表示するアプリ。
  通知画面を表示すると、年月日+曜日+六曜と詳細な日付が表示されます。
  このアプリの有用な点は、通知画面のこのアプリをタップすることで
  あらかじめ指定したアプリを起動させる、ミニランチャーの役目も担ってくれる点。
  次に紹介するアプリと組み合わせることで、
  ホームアプリがフリーズした時もアプリを起動できる事があり、
  この連携には何度も何度も助けられています。


069.PreHome [ツール / ホームアプリ] 0円
  最近立ち上げた20本のアプリへのショートカットを表示するランチャーアプリ。
  起動中のアプリは明るく表示され、ロングタップでアプリを終了させることで
  簡易タスク管理ソフトとしても機能します。
  上述のDayWeekBarと連携することで、ホームアプリのフリーズ中にも
  最近立ち上げたアプリを動かすことができる大きな利点があります。
  メインのホームアプリとしても使えますが、サブとして使うのがオススメ。
  (ただし、メインホームアプリがフリーズした時に
  通知バーも動かせなくなるタイプのホームアプリの場合、
  上に挙げたような効果は発揮してくれないのでご注意を。)


054.Yahoo! 天気情報 [天気 / ウィジェット] 0円
  通知領域とホーム画面の両方に天気情報を表示してくれるアプリ。
  時間単位の天気を見る時は『ウェザーニュースタッチ』を使いますが、
  おおまかな天気を知るだけなら、通知領域に表示してくれるこのアプリで十分。
  005SH購入直後にいくつかの天気アプリを試しましたが、
  デザインもそこそこのこのアプリに落ち着きました。


014.ジョルテ [仕事効率化 / カレンダー&ToDo管理] 0円
  googleカレンダーと連携してカレンダーを管理できるアプリ。
  デザイン面・機能面ともに、とにかくカスタマイズ性に優れており
  予定の作成もサクサクできるカレンダーアプリの定番です。
  『Simple Calendar』というウィジェットアプリと組み合わせると
  いい感じに近日中の予定をホームに表示できます。
  ここ数日、ToDo管理アプリをいくつか探していたのですが、
  タスクについても同様にgoogle Tasksと連携できるので
  結局google Tasks+ジョルテ+Simple Calendarに落ち着きそうです。


000.乗換案内 [交通] 0円
  購入時に入っていたプリインストールアプリのひとつ。
  乗車駅と降車駅を入力するだけで、乗るべき電車の経路を表示してくれるアプリ。
  奇しくもAndroid購入と同時に電車の利用頻度が増えた事で
  何度も助けられる事になりました。
  自由席があるのに指定席料金でしか出してくれなかったりはしますが
  時刻案内については嘘を付かれた事は一度もないので、かなり信頼しています。
  電車に乗り慣れない人には必須のアプリ。
  これと『マップ』(googleマップ)さえあれば道に迷う事はまずありません。


118.Read It Later Free [ニュース&雑誌] 0円
  あとで読む系サービスのひとつ、『Read It Later』のAndroidアプリフリー版。
  PCでgoogleリーダーをななめ読みしながら気になった記事を
  Read It Laterのアカウントに放り込んでおくと、
  あとでこのアプリから気になる記事一覧を読む事ができるという仕組み。
  このサービスのすごいところはURLなら何でも放り込める点にあり、
  googleリーダーだけでなくTwitterのツイートなどもなんでも放り込んでおいて
  あとで読みたい時に読むという事ができるようになります。
  フリー版は15項目の閲覧までに限られますが、
  よっぽど多量の情報を日々処理していく人でなければこれで十分かと。


000.ホーム [ホームアプリ] 0円
  最後にSharp製純正ホームでも。
  本当は他のホームアプリを紹介したいと思って『LauncherPro』『Zeam Launcher』
  『Home++』などいろいろ試してはみたのですが、
  結局純正ホームの使い心地から脱出することはできませんでした。
  とにかくスペック不相応に重いこのホームアプリは
  キャッシュを失うと再読込に15秒はかかるという困ったちゃんですが、
  スクリーン最大登録数10枚で並び替えも容易、ページ移動も素早くでき、
  ドロワーの管理にも優れ、未読メール・不在着信のバッチ表示にも対応、
  タスクキルも扱いやすく、フォルダは一つの中に複数ページを扱う事ができ、
  ついでに3D対応と、とにかく盛りだくさん。
  昔は横画面に切り替えるだけで30秒近くフリーズするという代物でしたが、
  今は大分マシになりました(それでも重いですが)。
  2D表示にすると軽くなるものの、
  それでも他アプリを長時間起動した後でホームに戻るとキャッシュの再読込で
  数十秒取られる事もあり、もうちょっと軽くなって欲しいというのが本音です。
  まぁでも、機能面では他の追随を許さないんじゃないかなと。


以上、早足で10本(+α)紹介しました。
紹介しながら、自分って思っているほどAndroid活用できてないなと思ったわけですが、
二年目になるこれから、もっと有用なアプリを探していければと思っています。
Androidの有料アプリはクレジットカードでの購入が主になるので
なんとなく手が出しにくい嫌いがあるのですが、
例えばRead It Leterなんかは今後の情報収集量次第では
有料版がないとどうしようもないという日も来ると思うので、
二年目は有料版購入解禁も少し視野に入れながら探していくつもり。
ひとまず、標準ブラウザに代わるブラウザが欲しい今日この頃です。
Android版firefoxがあり、ブックマーク同期の点で言えば本来それ一択なのですが、
ソフトが重いせいで端末スペックが追いつかず、まともに使えないんですよね……。
まぁ、標準ブラウザに今のところ大きな不満を感じているわけでもないので
気ままに探していこうかなと思っています。
あ、でもNGワードフィルター機能付きRSSリーダーアプリは一刻も早く欲しい。

十選から漏れたアプリもいくつか簡単に紹介しようと思ったのですが、
文字数制限オーバーで書けなかったのでまた別の機会にでも。

0

コメントを残す