#2949

偏向発言の危険性


春休み33日目。

ゼミ旅行終了以来見事に空振り続けている今日この頃。16日帰省予定なので、
今日帰省準備以外のことは一通り終わらせないといけないのですが、
結果から言って全く身動きできずに一日を消化してしまいました。

例のスキャナが壊れたという問題は、キャノンに問い合わせて
二度目の返信を貰ってから放置していて、
結局ネットブックの方にドライバーとスキャナソフトをインストールして、
取り込んだ画像をDropbox経由でメインPCに送るという方法で解決しました。
メインPCの方で、ドライバーのインストールを阻害する何かがあって
それが悪さをしているというのは分かっているのですが、
もはやプリンタースキャナドライバの範囲外の問題とも言えるし、
キャノンへの三度目の問い合わせは避ける事にしました。
一応、ウイルスチェックなども定期的にしているし
バイナリをいじるような無茶はしたことはないつもりなのですが、
何しろもうすぐ購入6年目に突入するという事もあり、
少しずつガタが来ているということなんじゃないかなぁと。
最近、物が壊れまくっていますが、メインPCが壊れてしまわないかと
内心ハラハラしています。
2013年04月までに、なんとか二代目メインPCを買いたいところではあるのですが、
そのためにはバイトが不可欠だし、
その前にそろそろHDDが限界突破してしまうので
バックアップ用の二台目HDDが欲しいところです。
なんにしてもお金のない今はいろんな面で不安の山盛りです。

今日は05時就寝14時起床で、晴れていたので久々にゲーセンへ歩いていきました。
音ゲーをすると、プレイ履歴をEvernoteに残すようにしているのですが、
最近それをサボりがちだったので、
今までの分もまとめて整理していたら出発は16時過ぎに。
帰宅後、夕食を済まして、さてじゃあ作業しないと……
と思いながらコーヒーを飲んでいると、妙に気分が悪くなってきました。
どうやら牛乳の賞味期限が一日だけ過ぎていたようで、
22時頃から日付が変わって03時半頃まで、ひたすらやる気が出ない時間が過ぎ、
ようやく気持ち悪さもなくなってきたかな、
という頃には眠くなっていました。
16日早朝に帰省する事を考えた場合、
今やっている作業を一度教授に見せる手間を考えると
この15日未明を乗り切って日中まで粘り、せめて報告してから寝るのが
ギリギリのラインだったはずなのですが、
如何せん、この時点で全く作業が進んでいないという事もあり
絶望感に埋もれながら寝ました。
せめて、作業が終わっていれば徹夜の道もあったろうに……。
にしても、報酬が出ると明言されているのにモチベが上がらない自分は
とことん仕事に向いていない人間だなと思わされます。
むろん、今更数千円貰ったところでゼミ旅行分のマイナスを取り戻せない、
という現実も大きいのでしょうが。

余談ですが、この記事書いている合間にネットサーフィンしていたら
Twitterのいわゆる“かまってちゃん”系ハッシュタグの問題を
批判的に取り上げたブログ記事を見つけて、斜め読みしていました。
これは日本語ハッシュタグ対応になってからずっと言われ続けている問題ですが、
Twitterでは『#私ともっと話したい人はRT』『#私の事好きだよっていう人はRT』
みたいな、良く言えば人とのつながりを渇望するようなツイートがたまに散見され、
これに対しては「自分からリプライ送って交流すればいいのに」
「過剰なかまってアピールが目に余る」というような批判的意見がある一方、
一定の支持者もいるようで、トレンドを見ると大体この類のタグが見られます。

で、URLは貼りませんが、その手のタグを「気持ち悪い」と一蹴した記事があって、
そういう立場からの切り口で過剰な言葉を選んだのが反感を買ったのか、
コメント欄にはブログ投稿者を「コイツ」呼ばわりする批判的な文章が寄せられ、
人気ブロガーも大変だなぁと思った次第です。
(ちなみに、記事に賛同するコメントもありました。)
とにかく、この手の批判記事は、批判されたものを支持する層、
あるいはそれを支持しなくても、批判している人本人に対するアンチが
とにかく本文の細かいところを突っつく怖いところがあって、
自分がこういう風にやり玉にあげられたら、
ひとたまりもないだろうなと思っていました。
やっぱり底辺ブロガーは“愚痴・批評”を投稿するんじゃなくて
好きな物を好きだと、ひたすらに叫び続けるのが無難なのかなと改めて思いました。
その時に叩かれていた要因は記事執筆者が日本語ハッシュタグというものに対して
狭い解釈をしたというのが大きな部分を占めているみたいに見受けられ、
そういうのを避けるためには、やっぱり書く事柄はとことん知らないといけなくて、
書く事柄に対する知識が抜けているほど、
公開後のリスクが大きくなるっていう事なんでしょうね。

ちなみに自分はどちらかというと否定派ですが、
上に挙げたような単純なハッシュタグはもう見飽きたのか、
最近はなんとも思わなくなってきました。まぁ、好きにすればいいんじゃない?
というような立場を取っているつもり。
書いているうちに、この手のハッシュタグの悪い部分が思い浮かばなかった、
というのもありますが。かまってちゃんという意味で言えば、
自分がやっているような生活報告系ツイートも全部同列のものだし……。
ただ、止めてくれと思うのは『どうせいないよね…… #私と絡みたい人RT』
というような卑屈なコメント付きのハッシュタグと、
『#学校とかなくなって欲しい人RT』『#日本人は絶対RT』
みたいなハッシュタグを連発する人は流石にリムーブ対象にしています。
まぁ、ここまでのレベルはまずタイムラインでは見かけないですが、
まれにトレンドに上がっていたりして寒気を感じる時があります。

とはいえ、客観的に言えばこれも結局自分の愚痴ツイートと同レベルだと思うので、
まずは自分がそういうツイートをしないように気を付けたいところです。
ちなみに、日本語ハッシュタグは今のところ敬遠気味で、ほとんど使ったことはなく
当然上に書いたようなハッシュタグを呟く予定はありません。
まぁ、そういう試行錯誤の中でTwitterを使っていければと思います。
今日も、賞味期限切れの牛乳に苦しめられている間は
ずっとタイムラインを眺めていたりと、なんだかんだで生活に密着している感もあるし。

0