#2951

逃げる快速電車


今日の出来事


春休み35日目、実家帰省1日目。

五年目ともあってか、あるいは課題が消化不良のままで
“逃げる”という意味合いが強い中での帰省だからなのか、
はたまた徹夜で電車に乗ることになってしまったからなのか、
ともあれ帰省初日という事に対する実感のなさは過去最大級でした。
昨日の16時から起き続けた事による集中力のなさも手伝って
いつもなら空想に耽る電車内でも全く集中できず、かといって眠ることもできず。
時間が物凄く遅く進む中、Wikipediaで何か興味のある言葉を検索する気力すらなくて
退屈極まりない時間を過ごしていたのですが、
それでもTwitterのタイムラインを追いかけたり、
こないだEvernoteに転送した日記のアーカイブを斜め読みしていたり、
あとはgoogleリーダーを読むなどしているうちに、
なんだかんだであっという間に車内の時間を過ごしました。
スマートフォン購入以来、いつの間にか屋外での情報収集も当たり前のように定着して
それがなかったフィーチャーフォンの時代が
今となっては信じられませんが、同時に2011年のあの時Androidに強い興味を持ったのは
単なる興味関心だけじゃなかったのかなと改めて思います。

冬休み以来の実家は、
いつもなら“冬休み終盤の続き”という実感が強かった気がしますが、
今回は二週間弱が宿泊数の限界で、それが終わると同時に春休みも終了、
という事が分かっていたため、
最初からすでに春休み終盤なんだなという感じがしていました。
とりあえず、この春休み最大の期待タイトルである『新・光神話 パルテナの鏡』は
予約しないと当日買えない可能性があるし、
Amazon.co.jpでは当日に配達してくれないという事で
徹夜での疲れがそろそろ深刻になる中、自転車で最寄りのゲームショップへ。
兄弟で雁首揃えて買いに行くのはかなりの抵抗があったので
一人が代表して買うことができればと思って二店舗くらい回ったのですが、
そのどちらも、予約カードには「お一人様一名まで」という但し書きがあったため、
今日はひとまず予約を諦めて帰る事にしました。
最悪の場合、配達日の事を妥協してAmazon.co.jpで買うのもアリかなと考えています。

今日は、特にマルチプレイゲームが兄弟間で盛り上がったわけでもなく、
そもそも自分自身が実家到着時点で20時間起き続けていたため、
ほとんど集中力皆無のまま一日を過ごしてしまいました。
『ピクミン2』や『カービィのエアライド』などのスコアアタック要素のある
据え置きゲームを懐かしみつつやっていたのですが、スコアがでないのは当然のこと、
その上あんまり楽しめた感じもせず、その後はスマブラXで適当に暇つぶししていました。
実家帰省初日は何故かスマブラXをやる割合が高い気がします。
スコアアタックもなく、かつ爽快感重視で気軽に遊べるのがいいのかも。
対人戦をがっつりプレイ、という事はなく、終始CPUと遊んでいました。

夕食直後に眠気はピークを迎えたものの、その後は何故か眠気が冴え、
最終的に23時に寝ることで、なんとか帰省初日から昼夜逆転という事は避けられました。
が、その分初日を捨ててしまった感は否めず。

ところで最近の帰省は、どうも忘れ物ばかりしてしまう傾向にあるようで、
この日も出発寸前に「何か忘れている気がする……」という感覚が
頭の中をぐるぐる回っていたのですが、その原因は結局突き止められず、
持ち物を再三確認した結果、気のせいだったという事にして出発して、
電車に乗り始めて数分経ったあたりで先週のゼミ旅行最終日に買った
家族への旅行土産の存在を忘れていた事に気が付きました。
何か忘れている気がする、という予感は大抵当たるのに、
それが忘れ物防止に役立つことがあまりないというのがちょっと憎いところというか。
今回、徹夜から初日を迎えたにも関わらず昼夜逆転を避けられたのは良かったですが
その睡眠不足のせいでお土産の事を忘れていた感は否めず。
というか、帰省の準備って意外と時間がかかるというのを
過去五年間で散々経験してきたのに、未だに出発寸前はほぼ例外なく
焦りっぱなしのまま外へ飛び出し早歩きで駅へ、という流れで初日を迎える事が多く、
この辺は自分の悪い癖かなと思います。
かといって、帰省準備が終わるという事はPCの電源を切っていて
完全にやることがないという事でもあるので、
何時間も前から準備を終わらせるのも考え物で、この辺はバランスの問題なのかなと。

コメントを残す