#2965

後付けの為の一日


今日の出来事 自分


春休み49日目。

実家帰省が終わり、さて今度はゼミ旅行前からある課題の消化と
修論への着手という地獄をこの一週間で切り抜ければならないわけですが、
やはりというか、生活が様変わりした初日は何も動く事ができず。
07時半就寝18時起床の今日は、4~5回ほど寝ては覚めての繰り返しでした。
昨夜は22時半過ぎの夕食終了時点でやや眠かったので
すんなり眠れるかなと思いきや、夜明けまで眠れず、
しかもその夜明けになって眠気が来るという典型的な昼夜逆転リズムのおかげで
こっちに帰ってきたらまずしないといけない大学でのある手続きは今日できず、
その他諸々も明日に一切合切をゆだねる一日になってしまいました。

まぁ、就寝までは実家帰省終了直後といういいわけはできるのでいいですが、
18時起床以降は、ひたすら後日投稿エントリーを書き続けるという以外は
ほぼ何もしておらず、先行きが不安です。
これも大方予想が付いていたことではあるものの、
だからといって、不可抗力だからで済まされる話ではないという現実。
でも、そうやって追い込まれている事を確認していくうちに
無駄な時間を過ごすというのも毎度の事で、
この辺は相変わらず、物事の切り替えが遅い自分の悪い部分なのかなと思います。
とりあえず、今日は上に書いた手続きのリベンジと、
今消化しようとしている後日投稿分の処理だけは
絶対消化しないといけないタスクなので、午前中にこれらをなんとか消化して、
午後は何やらSkypeをしようという話が来ているので、
それで時間を過ごす休憩日になるかなと。
とにかく今は修論その他に対する課題へのモチベがとことんまで薄く、
危機感もないので、まずその状況確認をしないとどうしようもない……
と考えるのも結局は現実逃避なんでしょうかねぇ……。
実際、締め切り日までに残された約一週間で修論を既定の部分まで終わらせるのは
まともな方法では達成できそうになく、
そうなった原因は二週間帰省していた自分にあるという点も言い逃れはできず、
執筆計画を立てる前からすでに詰んでいる感じはします。
今回、不幸中の幸いだったのが、既定までの完成品を発表という形にするのではなく
修論本文という形で教授にのみ見せるという方法なので、
できなかったら教授に怒られるでしょうから、それは避けないといけないものの、
一応形にさえすれば、同期ゼミ生たちの刺々しい質疑を受ける必要はなく、
そのせいで強いコンプレックスを抱く危険性もないという点では、
最悪形にならなくても、軽傷で済みそうな気はしています。
まぁ、ここで逃げたらその分、後が辛い事になるのは目に見えてますけどね……。

今日は上に書いたとおり、18時起床後からはブログ三昧で過ごしました。
このエントリーを含めて、これまでに02月20日、03月28日、29日、30日の
4本を書いていて、ノルマでは03月31日終日までにあと6本書ければと思っているところ。
春休み実家帰省はなんだかんだでブログをスルーしてしまう日が多く、
実家帰省前もちらほらとあって今月は去年12月並みの虫食い状態になってしまいました。
そもそも後日投稿について言及すること自体不本意なので
ブログ投稿しづらい実家帰省も終わったことだし、さっさと片付けたいところです。
めでたい事に来月は、日記エントリー総数3,000件という巨大な節目を迎えるので
そこまでを目標に、なんとか今残っている27本の後日投稿分を片付けたいなと。
……数えると合計27本もあるのか……。
しかもそのうち10本は、2,000件突破記念の時に生み出して
後日投稿可能な範囲を計り間違えて、日付と整理番号を歪ませる結果になった
例の2000年代振り返り長編記事という。
実はこれ、2009年時点で半分書き終わっていたのですが、
如何せんテーマが大きすぎることもあって、以後ずっと放置して今に至ります。
今度の1000本に一度の節目が、それを書く行動力をくれるかどうかは
新年度開講直後の忙しさにも随分と振り回されることになりそう。

0

コメントを残す