#2990

噛み合わない歯車


今日の出来事


昨日に引き続き、新歓のパンフレットを作るために
院生研究室に引きこもりっぱなしの一日でした。
いろんな人に「こんな時間まで居るのは珍しいね」と言われながらの作業でしたが、
正直自分自身でも、前年度ずっと居づらいと思っていた研究室に
こんな長い間、しかも自分のためにならない作業につきっきりでいられるという事を
かなり意外に感じていました。
“人の目”と“勉強机”が、まさか自分にここまでプラスに働くとは……。
まぁ、逆を言えば今それだけ自宅で作業できない体質になっているとも言えますが。

2限前に研究室にメインPCなどの作業道具を置いてきて、
2限を切り抜けた後にさて始めるか、とPCを起動したのですが、
背景を描くためにペンタブを持ってきたのに、何故かペンを忘れるという失態のために
一度自宅に戻る事になってしまいました。
この時、もう残り時間が少なければ手描きで背景を描く事は諦めて
さっさとフリー素材サイトを探す作業に入ったのですが、
まだまだ時間はあるからと思ったのが運の尽きでした。

一旦自宅に戻ろうとすると、何やら自転車の調子がおかしい。
およそ200~300mおきにチェーンが外れるというトラブルに見舞われて、
仕方がないので自宅へ行く前に自転車屋に行って修理を頼むことに。
その間、10回近くチェーンが外れました。
自転車の修理センターに行くと、物凄い量の修理待ち自転車が置かれており、
スタッフに話しかけると、今依頼されても返すのは二週間後になるとのこと。
それだと困るので、せめてどういう故障なのか見て欲しいとお願いしたら、
成り行きでその場で直して貰いました。
原因は錆びによるチェーンの緩みだったらしいです。
ゼミ旅行後から春休み終了まで、ずっと大学の屋外自転車置き場に放置していたのが
直接の原因かなと。あの時以前はそれほど錆びていなかったし……。
まぁ、そもそもこのアパートは自転車利用者の事を考えていないアパートで、
屋根付き駐輪場というものがないので、
そのうち錆びに困るだろうとは思っていましたけどね。
アパートが、というより、この町全体が自転車に厳しい環境のような気がします。

自転車屋とゲーセンはほぼ隣接しているということもあり、
修理代300円を支払った後、直りたての自転車で気分転換がてらゲーセンへ。
今日はポップンが100円2クレの日。
先週、100円2クレにも関わらず待ち人数が2人で、結果的に物凄い待ち時間を経た後
疲労感ばかりを背負って帰ってきた反省から
100円2クレの日は敢えて避けるのもアリかなと思っていた矢先に
場の流れで何故かまた、100円2クレの日に来てしまい、
しかも先週と同じ面子の2人が待っていたので、流石にポップンは諦める事に。
IIDXの方もプレイ中だったので、そっちを待って一度だけプレイして帰るか……
などと考えながら待機すること数分。
やがて前の人のプレイが終わったので立ち上がり、筐体の前に立つと
右側から人が近付いてきて「あの、俺並んでたんで……」と声をかけられました。
ゲーセンで声をかけられる事自体珍しかった上に
なんだかここで引き下がらなかったらトラブルになりそうだったので、
若干戸惑いつつ、すみませんと言いながら引き下がり、
そのままゲーセンは後にしました。

決して意図的に割り込んでいたわけでもなく、
むしろ自分が立つまで前に待っていた人の存在に気が付かなかったのは、
ホームのゲーセンの待機用椅子に原因があります。
自分が座っていたのは、従来からIIDXの順番待ちとして使われていた、
IIDXの筐体に最も近い待機椅子。
まぁ、もっと近いところにGFDMがあるので、その為の椅子なのかもしれませんが、
そちらは人気がないのか、順番待ちになることは滅多にありません。
この椅子が設置されたのは、自分がゲーセンに行くようになって間もない頃で、
自分が見ている限りでは、
IIDXプレイヤーの常連さんのほとんどはIIDXの待機のためにこの椅子を使っており、
自分もそれに従う形でこの椅子に座るようにしていました。

去年秋、jubeat copiousが稼働した頃に
ホームのゲーセンにもjubeat筐体が導入され、
それと同時に音ゲーコーナーの面積がかなり広くなった時があったのですが、
その時に店側が、jubeatに近い方の待機椅子に
それぞれの筐体の“二番目に待つユーザー用”の長いベンチを設置したんですよね。
位置関係としては、筐体はSound Voltex、Reflec Beat、jubeat、pop’n music、
beatmania IIDX、Guiter Freaks、Drum Maniaという順番で、
それに通路を挟んで並行する形で待機椅子が並んでいます。
待機椅子は、長いベンチ、(ごみ箱)、IIDXに近い椅子という順番で並んでいて、
長いベンチはサンボルに近い方から
pop’n music、IIDX、jubeat、Reflec Beatという順番で
それぞれ「順番待ち用」と書かれた張り紙が貼ってあります。

言葉で説明するのは難しいのですが、早い話がIIDXは店側指定待機場所よりも、
筐体に近い無指定の待機椅子が存在するため、
何も知らない人が前者を使い、常連が後者を使っており
二番目の待機場所が統一されていないという状況になってしまっているんですよね。
それでも、店側の張り紙を読んで律儀に遠い方の待機椅子に座る人は
自分が見てきた中でもほとんどいなかったので、
まさかトラブルに巻き込まれそうになるとは思いも寄りませんでした。
常連椅子の方からは、ごみ箱で遮られていて
張り紙のある方の椅子の様子が見えないというのもなかなか厄介というか……。
店側に頼んで張り紙の配置を変えて貰おうかとも一瞬考えましたが、
ペンがなかったので結局要望シートに書くことはありませんでした。
でもいつか書くかも。

改めて帰宅後、ちょっと休憩してからペンを持って大学へ戻るのですが、
最低限必要な文字関係の処理が終わったのは17時過ぎ。
同期の友人に一緒に夕食を食べないかと誘われたので一旦そこで中断し、
久々の学生食堂へと向かいました。
そこで、ポップンをやっている友人に「今日ゲーセンに行かない?」と誘われ、
じゃあ、パンフ制作はさっさと終わらせて帰ろうという流れに。
結局ペンタブが活躍する事はなく、
それでもその後の細部修正・印刷作業で3時間は食い、
最終的に完成したのは21時近くでした。

閉店2時間半前に到着した今日二回目のゲーセンは、
昼間と同じく音ゲーコーナーはそれなりに盛り上がっており、
ポップン筐体の前に立ったのは実に1時間もの間待機してからでした。
友人がポップン20になってからほとんどやっていないとかなんとかで
別に二人で来たから特別なプレイをしたというわけではないのですが、
半年以上ぶりに間近で見る他人のプレイはなかなか新鮮でした。
その後、他に何かやる? という話になったので、
閉店間際のためか流石に空いていたIIDXを、FREE PLUSで二人同時にやってみることに。
二人同時プレイも考えてみれば半年ぶりくらいか。
IIDX19での同時プレイは初めてだったので、左右別譜面を試してみたのですが、
二人がちょうどいい難易度を選ぶのがなかなか厄介で、
時間切れになることもありました。
この辺は次回に活かしたいところですが、
実際全譜面の難易度を覚えるのは簡単ではないんですよね……。
お互いの適正難易度が把握できれば、いつぞやのiTunesプレイリストに整理した
難易度別曲リストを上手く整理して、
両者がちょうどいい難易度の曲を絞り込む事も不可能ではなさそうですが、
音ゲー初めて以来2回しか機会のない二人同時プレイのために
そこまでやる必要があるのかというとまた微妙なところです。

帰宅したのは0時半頃。パンフレットのための一日になるはずが、
なんだかんだで他のことで過ごして終わった一日でした。
まぁ完成はしたから別にいいか。満足はしてませんが、
満足を追求していたら永遠に終わらなかっただろうし。

0

コメントを残す