#3039

行動力の下り階段


今日の出来事 自分


右耳の不調は昨日がピークだったみたいで、今日起きたら違和感が取れていました。
昨日の夜、塞いだ鼻に思い切り空気を送り込んだら
右耳の鼓膜付近で物凄い音がしたのと同時に若干痛みを感じたりして、
多分この辺が悪いんだろうなぁと思っていました。
あと、耳かきを頻繁にし過ぎているのか、耳の穴で出血しているせいで
血の塊が鼓膜にくっついたらしいのが違和感の正体なのかなとも思っています。
何にせよ、今のところ聴力に問題がないので深刻さはありませんが、
虫歯の問題が完全解決しても、引き続き総合病院にお世話になることになりそう。
今行かないのは同時進行だと一ヶ月に占める医療費の割合が大きくなりそうだから、
……というのは名目で、実際には面倒だからなんですけどね。

一方で睡眠病の問題は、調子が良かった期間は完全に昨日でおさらばとなり、
昨日の無理矢理早起きによる生活リズム補正の甲斐も虚しく、
今日は23時就寝14時半起床と
昼夜逆転まっしぐらの長時間睡眠をやらかしてしまいました。
といっても、実際にはまず03時頃に一旦起き、07時でも起き、
さらに10時に起きた後はベッドの上で現実逃避妄想をしている時間の方が多かったため、
単純に15時間半寝ていたというわけではないです。
時間の消費という点で言えば、こうやって寝るか現実逃避かの時間を過ごすのは
連続15時間半寝るよりもよっぽどタチが悪いんですけどね……。
ちょうど、今ブログを書いている翌01時現在、
14時半から活動開始したのにすでに目が疲れていて眠気を感じたりして、
タチの悪さを実感しているところです。

前日は睡眠時間が少なめだったのに夜遅くまで眠れなかったという事もあり、
今日は07時起きは厳しかったにせよ、普通なら10時で起きていたはずでした。
にも関わらずそこから先、延々眠れなかったのは
修論というもはや不可能に思われる壁を突破できる自信がなく、
手ぶらでゼミに参加するのには相当の度胸が必要であり、
そういった諸々の事を悩んだあげく、現実逃避に走った結果でした。
退学後の展望が明るければ、少しは生産性がありそうなものですが、
今のところ自分が将来の事を考えるのは自虐的妄想以外の何者でもなく、
ここ最近収まっていた分、修論ゼミ発表締め切り日という今日は
現実に一気に引き戻された気がします。

そして、今日の自分を観察している限り、
結局の所修論に対する姿勢が生活リズムを脅かしている大きな原因なんじゃないかなと、
そろそろ真剣に考えるようになってきました。
今までは、何かしらの原因があってこそ生活リズムが崩れ、
生活リズムが崩れたからこそ修論ができないものだと思っていましたが、
案外、逆の可能性もあるのかも。
まぁ、悪循環という事で考えれば、最初からどっちが原因という事ではなくて、
どれもこれも『昨日できなかったから今日もできない』
という事を現しているような気もするんですけどね……。
これが今日できることを明日やろうとした結果なのかもなぁ。

今までは、せめて発表前までに
長文メールで教授に発表できない旨を伝える事で逃げた気になっていましたが、
今回はそれすらもせず、大学へは一切行かずに今に至ります。
明日、一応三回目の相談結果を教授に伝える事で
その代わりとしての言い訳を伝えにいくつもりではありますが、
担当医にまた様子見しようと言われたら、
教授にはそれは伝えなくてもいいかなと思っています。
思えばこの三週間、E3関連で頑張れた期間を除けば
ほとんどすべては睡眠リズム矯正のための様子見期間というだけで過ぎていき、
しかもその最終日としての位置づけである今日、
また生活リズムが壊れてしまって、この三週間は何だったんだと我ながら思います。

0

コメントを残す