#3054

空虚を埋める為の音


今日の出来事 備忘録


消費税増税を含む法案が衆議院を通過とかでネット上が賑わっていましたね。
ここまで来たらもう可決されるんでしょうね……。
ぶっちゃけ立法の仕組みはよく分かっていませんが、
いわゆる郵政解散以外で参議院で止まった例を知らないし、
大体これだけ賛成多数ならもう歯止めは利かないだろうと。

日本のこれからを考えるに、増税は決して悪い事じゃない、
けれど、震災後一年というこの時期にそれを決めるのはタイミングが悪すぎるだろう、
という意見を結構いろんなところで耳にしました。
あと、ネット住民全体の雰囲気としては増税自体に反対という声が大きい感じがします。
その中身は、年金を支える労働層がこれだけ減り続けているのに
生活必需品にまでも課税して、さらに労働層を苦しめてまで
社会保障を受ける人達を支えろと言われても、そんな余裕はないというのが
概ねの主張だったと思います。
外国では贅沢品には多額の消費税を課す代わりに
食品とかには課されない、という賢いシステムを採る国もあるみたいで、
そういうのは今回議論されなかったのかなとか、素人意見ながら思っています。

なんにしろ、こないだのリッピング違法化法案といい、
震災後は自分の生活圏内にまで影響を及ぼす法律が結構議論されていたりして、
いい加減政治の事も無関心ではいられないのかもと思う今日この頃です。
今回のことに関して言えば、単純な話、携帯機種変とかPCの買い替えといった
今検討中の大きな買い物はせめて増税前に買わないと、という程度の思いはありますが、
多分それを上回る規模でまずは普段の生活費に影響が出るんだろうなぁ……。

20時半就寝で23時から2時間起きていた後に改めて05時まで寝ていた今日は、
2限の講義に出た後、明日の1限締め切りのレポートを処理するために
学食で豪華昼食を取ったあと図書館に引きこもっていました。
課題は、指定の新書一冊(約210ページ)を読んで、感想をA4一枚にまとめるというもの。
13時時点で30ページしか進んでいなかったという事もあって
無事に終わるか、そもそも3ヶ月ぶりの読書に集中できるかが不安でしたが、
結果から言って17時までの4時間で休憩を挟んだり、
他の新書をめくったりしながら、最終的に150ページあまりを消化できました。
哲学書みたいに難解ではなかったのと、
興味のあることだから頭に入れよう、といった気負いがなかったのと、
締め切りが明日だった事が幸いして、これだけ読み進められたのかなと思います。
多分、新書を読み始めて以来、1日150ページというのは最高記録かと。
複数の書籍の累計だったら02月頃だったかに
閉館ちょっと前まで読んでいた時が最高記録だと思いますが、
あいにくページ数は記録していません。一番読んだのが90ページで、
あとはちょっとずつだったので体感的には130~160ページほどかなと。

講義室の冷房解禁に先駆けて図書館はすでに空調設備が稼働していたため、
室温湿度がかなり快適だったというのもありますが、
あとはエレクトロニカのランダム再生が
いい感じに雰囲気を作ってくれたのも少なからず影響があったのかなと思います。
もうすぐジャンル内合計1,000曲を超えようとしているエレクトロニカですが、
ジャンルの特性、ここ最近の3つ星以上の選出基準、iPod touchの空き容量などなど、
いろんな理由から、普段あまり聴く機会がない曲が大半で
テクノポップや音ゲーサントラと比べると探索が進んでいないというのが実情です。
しかし、ジャンルに飽きたというわけではなく、
ジャンル内上位陣は今も聴き続けている事から、
低評価地帯の曲を再評価したいという気持ちは常にあり、
今回の読書は課題という目的とそれがちょうど一致したのも
4時間集中できた要因になったのかなぁと思ったりしています。
このジャンルは、静かな雰囲気の時や読書中に読むのが定着していきそうな予感。

帰宅後、20時には寝ようと思ったのですが、
こういう日に限って延々眠れず、仕方がないので夜食を取りながら
残りの30ページを消化、しかしレポートの執筆には至らずに01時半過ぎに寝ました。
昨日の流れからして、最悪でも22時には寝れると思っていたのに、
相変わらず予測不能の生活リズムにはつくづく困ってしまいます。

0

コメントを残す