#3058

昔と今を繋ぐ最後の糸


今日の出来事 自分


時間的には、土曜日の特別講義に出て、
なおかつ先月分の後日投稿分エントリー計3万字超を処理するには
ほとんど丸一日フル稼働で頑張って、それでもできるか微妙なラインだった今日。
しかも、特別講義は今日欠席したら単位が出ないのは確実とあって、
かなりの絶望的状況に追い込まれた一日でした。
数年前の自分なら、両方をこなすために無謀承知でそこに突っ込んだのでしょうが、
今はとりあえず冷静に考えて、「今の自分にそれは無理」
という判決が頭の中で降りてしまうため、自ずとそれは二者択一という状況になります。
で、単位履修に関する個人的な事情を鑑みると、
最悪特別講義分の1科目は落としてもやむを得ないだろうということで、
ほぼ一日中、後日投稿分エントリーを書いていました。

今回は、こういう風に学業の方を優先せずに時間を確保するという
ルール違反ギリギリの判断を取る事でなんとかなりましたが、
やっぱりというか、こういう事を続けていくうちにいつか
月末なのに後日投稿分処理時間が全く足りない状況、
という事態に遭遇してしまいそうな気がします。事実2011年12月がそんな感じだったし。
ただ、そういった事態にも抜け道というものはあるんですよね。
楽天ブログのエントリー可能範囲は“先月初頭から当日まで”なので、
06月01日でも06月30日でも、過去を追ってエントリーできるのは05月01日まで。
これが、最近後日投稿分を月末に一気に書いている理由です。
しかし、これはあくまでも“新規エントリー”に限るという話であって、
既存の記事なら、開設当時の1件目から昨日の記事に至るまで、
全記事を自由に編集できるようになっています。
また、楽天ブログは記事投稿時の最低文字数という制限がかなり緩いという仕様があり、
これらを加味すると、“一旦短文で投稿しておいてあとで編集”
という形でなら、事実上締め切りなしの状況下で記事を溜め込む事も可能という事。
デメリットは、暫定投稿時点でもおそらく新着記事一覧には載るので、
それをクリックしてしまった新規訪問者が、ブログをあまりいい目で見ないのは確実で、
その意味では完全に投稿者側のエゴを重視した方法と言えます。

この方法で溜め込んでいるのは、自分の記憶の限りでは15本。
言うまでもないですが、ただでさえ2ヶ月締め切りの新規投稿分でも
月末に投稿が集中するこの状況で、締め切りのない数年前のブログを処理するというのは
今の自分にとって相当ハードルが高く、
結局この“抜け道”を使ってしまった記事を処理できたのは、
今年に入ってから確かたった一度だけだったんじゃないかと思います。
ここから察するに、今の自分が後日投稿の“最終締め切り”としている
翌月月末の壁を破ってしまうと、いよいよもって投稿率100%は形式だけとなってしまい、
その内実はいたるところに空白のある個人ブログという事になりそうな気がします。
そういう意味でも、今日特別講義より後日投稿を優先しようとした気持ち、
つまりこの最後の壁を越えまいとした気持ちが、
自分がブログを続けるモチベーションとしては最後の砦なのかなと思います。

……とはいえ、こうやって一日中、過去二ヶ月の出来事を思い出しては
そのテーマについて水増しした文章を書くというのも
精神衛生上良くない感じがするというか、
少なくともスキルアップには繋がらないだろうなぁと思っています。
そういえば、開設当初からずっと増え続けてきた1エントリー平均文字数ですが、
ここ一年半ほどは、4,000~5,000文字程度で安定しつつあるような気がします。
この文字数は、自分の環境でちょうどメモ帳を58行x40文字書いた場合の文字数で、
今まではそれ以上に膨らんでも、増えるだけいいみたいな風潮がありましたが、
最近は58行を突破する事を少し躊躇うようになりつつもあります。
とはいっても、以前のブログ存続危機に
いざという時は57行未満でもいいやとか言っていましたが、そちらの実践は皆無で、
なんとなく一番下まで埋めないと満足できないようにもなっています。
これで、ちょうど58行で文章をきっちり終わらせられるようになったら
ある意味スキルアップと言えなくもないかもしれません。

0

コメントを残す