#3096

安堵のない休息地


今日の出来事 自分


夏休み5日目。

5日目にして生活リズムを崩壊させてしまい、
起床後ここまでminecraftプレイ時間0分という状況にまで転落してしまいました。
これも近年の実家帰省では恒例の事ですが、
今のこの生活形態だと、いろんな意味で避けるのは難しい事なんですよね……。
実家でできる事と一人暮らしでできる事に大きな差があるからこそでてくる弊害ですが、
ある意味これがあるからこそ、帰省が楽しみになり、
なおかつ帰省終了後の一人暮らしに新鮮味があるという事なんでしょうね。

そういう事を承知しつつ、今を十分楽しもうとする事が正しいと分かっていても、
なんとなく今やっている事よりも先の事の楽しみに目を向けたくなるせいで
どうも行動力が失われてしまっているような気がする今日この頃です。
今はminecraftの存在があるため、比較的目の前の事を楽しめている感はありますが、
もしこれがなかったら今回の帰省は相当暇だっただろうなぁ……。

こうやって生活リズムが壊れてしまった時、
当然ながら家族の生活リズムとの間に溝が生まれてくるため、
実家帰省中でありながら一人で過ごす時間が多いといった現象が起きる事があり、
これまでも春夏帰省終盤なんかは、そういう日が多いといった時期もよくありました。
食費や食料調達の手間の事を考えなくてもいい一人暮らしと考えれば、
かつては基本的にPCでの作業はすべてノートPCの中に入れてあるため、
そういった作業が捗るだろう、と考えていた時期もありました。
実際にはそう簡単に一人暮らしの作業を持ち込めるほど自分には適応力はないみたいで、
実家の空気がいつも以上に作業意欲を落としてしまい、
周辺で弟がゲームをやっていないような環境でも、
重い腰を上げてがっつりと作業をしようという気になれないんですよね……。
ここ近年のアニバーサリー&年末企画が小規模化していたり、
2011年末のブログ存続危機なんかがよくそれを現していると思います。

ここまできたらもう、これは実家や一人暮らしでの環境が悪いだとか、
急に環境が変わったことによる弊害だとかじゃなくて、
ただ単に自分の怠慢のせいなんだなぁと思ってしまうわけです。
まぁ、最近こういう自己分析的な事をしては結局
「自分が悪い」というところに行き着くので、
これが正しいと思うにはちょっと説得力がないような気もしますが。
ただ、要は自分の事なので、
「自分が悪い」というのはある意味では責任を自分に取り込んだ結果なのかも。
ただ、なんでもかんでもそういう結論として吐き出す必要がない、
となっても、じゃあ人の本能だからしょうがないだとか、
そういうどうしようもないところに行き着いても、
それはそれで不毛なわけで。
ある意味、自分が悪いという結論は安息地のようなものなのかもしれません。

そんなわけで今日は03時就寝11時半起床。
起きて昼食を食べた後、夏バテがさらに悪化してしまったのか
歩くのもしんどいほどのダルさと空腹感に襲われ、
直後の昼食の後二度寝して、最終的に起きたのは17時半でした。
昼食がそうめん数杯程度という事もあってか、この二度寝の後もダルさは治らず、
これはしんどい夏帰省になってしまうのかと思っていたら、
夕食のカレーの後あっさり回復しました。

一人暮らし時の暴走睡眠の多くが二度寝、三度寝を繰り返して
いろんな夢を見るのに終始するのに対して、
実家帰省では寝ているのか寝ていないのかという狭間を延々漂うという特徴があるため、
表記上は12時間寝た今日も、そのうち熟睡したのは体感で3~4時間程度です。
それ以外の8時間は寝ていないけれど眠れそうな気持ちのいい状態を延々過ごすという、
ある意味心のリラックスにはなるかもしれないけれど
最終的に身体への負担も多くなる眠り方で、明らかにコストの方が大きいので、
これだけは早いうちになんとかしたいところです。
長期帰省の経験が染みついている事から、
時間がたくさんあると自分はこういう過ごし方をしてしまいがちなのかもしれません。
それこそ、自分の怠惰のせいなのか、人の生理的な本能なのか、
はたまた環境のせいなのかはわかりませんが。

0

コメントを残す