#3117

沈黙の底にある不調


今日の出来事 自分


夏休み25日目。

まさかこんなに早くその機会が訪れるとは思いませんでした。
何のことかというと、昨日のエントリーに書いた飲み会の話。
あれは実質一昨日の話だったので2日前という事になるのですが、
わずか2日後にして、また「どこか食べに行かない?」という話になって、
結果的に今度は自分を含めた4人で、
年上の方のおごりでちょっと高級なお店に行く事になりました。

自分としては、ここで下手に時間を過ごすわけにはいかなかったし、
何より夏休み突入前から続く夏バテによる吐き気の症状が続いていたので、
豪華な夕食を振る舞われたところで食べられるのかという不安もありました。
もうここ一ヶ月ほど書いている事なので繰り返しになるかもしれませんが、
どうやらこの吐き気、単なる夏バテではないみたいで、
帰省中に調べたら、どうやらストレス由来の胃炎みたいなんですよね。
この神経性胃炎は、ストレスも当然のことながら
生活リズムの乱れからも起こりうる病気なんだそうで、
発病の原因としては十分に心当たりがあるので多分これなんじゃないかなぁと……。
簡単に症状を説明すれば、空腹時に胃液が出過ぎて
吐かないけれど吐きたくなるというものです。
車酔いなどでリバースする時、あの寸前の気持ち悪さが空腹時になると襲ってくる、
と言えば多くの人が分かっていただけるんじゃないでしょうか。
正直、キツいです。
就活修論への不安と生活リズム崩壊のどうしようもなさからくるストレスでさえ
ここ数年最大級じゃないかと思うほどの障害だったのに、
それに加えて、ついにストレスによって内臓に支障を来すまでになり、
いよいよもってアニバーサリー企画が危ぶまれてきた気がします。

車の中で、「食生活はちゃんとしてる?」
みたいな話題を振られたのでこの事を言ってみると、
「栄養ドリンクとか飲んでるのがマズいんだと思うよ」
と言われて、言われてみれば夏バテだなんだと悩み始めた頃に
栄養ドリンクを毎日飲むのが習慣化していることを思い出しました。
もしやあれが原因か……?
コーヒーも胃に刺激を与えるから止めた方がいいみたいな話も出ましたが、
流石にそれも控えると明らかに生活リズムの方がさらに崩れかねないので、
当面は栄養ドリンクのみを控えて様子見という事になりそうです。

夕食は、最初は回転寿司にいこうということになったのですが、
最初に向かった店はなんと1時間10分待ちという大行列。
二軒目も出入り口の外まで人が並ぶという状況になっており、
仕方がないので回転寿司は諦め、少し遠い和食料理店に入りました。
1,050円の刺身定食を注文して、
それはもう刺身はびっくりするくらいおいしかったのですが、
一緒に付いてきたかき揚げがやたら巨大で口に入れるのにかなり苦戦していました。
それに加えて、昨日ならもう寝ていた時間ということもあってかなり眠く、
スマートフォン機種変したんだいいなー、みたいな話を振られたりもしたのですが、
正直内面では会話どころではありませんでした。

なんというか、やっぱりこうして年齢差の大きい同期の人と食事すると、
高確率で驕ってくれるし、相手はもちろん自分なんかより全然大人なので
それなりに空気を読んではくれるのですが、
こちらとしてはストレートマスターだけの時と違っておおっぴらに趣味の話はできず
あからさまに場の雰囲気や話題が違うということもあって、
空気を読むのが難しいなと感じる事があります。話題が限定的になりがちなので、
基本的に引き出しの少ないこちらから振れる話がほとんどないし、
今日はその空気の読みにくい状況にこの胃炎と眠気と
持ち前の空気の読めない欠点とが合わさって、
会話を楽しめたという感じは正直言ってほとんどありませんでした。

なんというか、自分は空気を読むのに
人並み以上に気力を使う事を自覚するべきかなと思った夕食会でした。
少なくとも、本来寝ている時間である事を無視して参加するべきではないなと。
こういう時は、どうしても少ない機会だからと参加してみたくなってしまうのですが、
今の自分はそれよりも体調の方を優先するべきなんだと改めて思った次第です。

0

コメントを残す