#3192

釣り三昧の現実逃避


ゲームのプレイ日記


』プレイ開始から二日目。
今作も順調にたぬきちへの納金のために
魚釣りをひたすら繰り返えす最序盤を楽しんでいます。
とりあえずこの日もほぼ魚釣りの一日でしたが、変化もそれなりにありました。

まず、自宅の建築費&頭金39,800ベルを支払い終わったため、
次の増築ができるようになりました。ちなみに次のローンは198,000ベル。
それから、“新村長期待度アンケート”が100点になり、
翌06時から今作の目玉要素である“公共事業”と“条例”を
村長権限で実行することができるようになりました。
とりあえず、公共事業(=『どうぶつの森e+』でいうところのオブジェ)は
一日一件までらしいので、前々から欲しいと思っていた二本目の橋を架けることに。
建設費は公共事業の中でもかなり高額な部類に入る、128,000ベル。
秘書のしずえさん曰く住民も少額は募金してくれるとのことでしたが、
しばらく様子を見ても1ベルも増えなかったので自分が全額出しました。
ちなみに建設費の募金は、建設予定地にしずえさんが置く“ハニワくん”が
受付の担当になっています。しゃべるハニワくんも『どうぶつの森e+』以来でしょうか。
まち森で登場したかどうかはうろ覚えですが、なかなか懐かしかったです。

この建設費と128,000ベルと、自宅の増築費198,000ベルを一気に振り込んだため、
今日までに貯めた約23万ベルはほとんど溶けてしまいました。
そのほとんどが魚釣りの釣果によるお金だったこともあって、
突然変なおじさんに出会ったかと思うと、
釣りを沢山している称号としてバッジを貰いました。
最近流行りの(?)、iOSゲームなんかでよくある実績システムのようですが、
自動的に追加されるというわけではなく、
ひとつクリアするごとにどこからともなくこのおじさんが登場する仕組みのようです。

条例の方は、生活リズムが壊れている自分にとっては夜型朝方の切り替えができても
実際にあまり恩恵があるようにも思えなかったのですが、
ゲーム内のリズムを朝方して、現実の生活リズムをそれに合わせられれば……
という思いを込めて“朝方の村”を選択しました。
ちなみに条例は変更の度に20,000ベルかかるようです。

あと、細かい変化では“ハッピールーム展示場”に行けるようになりました。
ただ、これはすれちがい通信などが必要になってくるため、
3DSを持ち歩かない自分にはあまり縁のないシステムかなと。
ゲーム内で登場する“フォーチュンクッキー”を買うためには
3DSのゲームコイン(3DSを持った状態で一定歩数でたまる、3DSゲーム共通で使えるお金)
が必要になってくるため、歩数稼ぎのためにも持ち歩きたいところなんですが、
3DSはポケットに入れるにはでかすぎるんですよね……。
かといってバッグに入れて持ち運ぶ機会なんて大学に行くときくらいしかないし。
そういえば、大学でとび森やっている人はどれくらいいるんだろう。

それにしても、今作は本当にBGMが素晴らしいんですよね。
もちろん毎回素晴らしいんですが、今作は間違いなく頭一つ出ているんじゃないかと。
よりアンビエント色を強くしたといった感じの今作のBGMは、
SEとしていろんな具体音が入っていたり、逆再生音なんかも使われていたりして
なんとなく作曲者がエレクトロニカ周辺の音楽を意識していたような印象を受けます。
今のところ、深夜帯メインなのでその辺の音楽しか聴いていませんが、
この辺りの範囲では23時、01時、04時が個人的にお気に入りです。
特に01時はものすごい悲壮感の中に神秘的なものを感じ取れる名曲だと思います。
前々作『おいでよどうぶつの森』の02時のBGMは
後に『大乱闘スマッシュブラザーズX』に
アレンジ曲が採用されるほどの人気ぶりでしたが、
今作はそれとは微妙に異なった方向性で高いクオリティなんじゃないかなと。

そんなわけで、今日もとび森三昧の一日でした。
朝方の村にしたんだから自分も早く朝方リズムに直したいところなんですが、
とりあえず今日のところは03時就寝18時起床と
幸先悪いどころか大暴走ともいえる生活リズムでした。

コメントを残す