#3334

記憶を呼び覚ます道


今日の出来事


来月分のアルバムをレンタルするために近所のCDレンタルショップに行ってきました。
その店は自分が高校卒業したあとに移転してしまったのですが、
移転先も移転前も割と高校に近い場所でかつ実家に近い場所にあるということで
高校卒業前はもちろん、大学時代突入後もちょくちょく足を運んでいます。
とはいっても、冬帰省以来ずっとご無沙汰していたので
今日行ったのはおよそ半年ぶりくらいだったんじゃないかと。

この店に行くためには、必然的に高校の通学路を辿って行くことになります。
高卒以来……ではないのでそれほど感慨深くはならなかったのですが、
それでもやっぱり、ここでこんなことを考えていたなぁ、
などというようなことは次々に思い浮かんできて、
懐かしさはそれなりにありました。
ただ、それ以上に到着後物凄い疲労感に苛まれて、
懐かしさよりもむしろ自分の体力の衰えを実感せざるを得ず、
なんだか虚しい気持ちになってしまいました。

自分は大学時代以降は単位が出るギリギリまで欠席するのが当たり前、
というくらいのクズっぷりを発揮してしまっていますが、
実はこれでも高校時代は無遅刻無欠席を貫いていて
皆勤賞なるものを貰っていたりします。
まぁ無欠席はともかく、遅刻に関しては大分際どい日もあったので
担任に目をつぶって貰ったところもあるかとは思うのですが、
確か無断欠席みたいなことは一度もしなかったはず。

だから、高校時代は例え雨でも雪でも、
この道でひたすら毎朝自転車を漕いでいたわけです。
遅刻しそうになって、最初から最後まで猛ダッシュでこいだ記憶もあります。
今思うと、当時はよくあんなことできたなと。
当然運動嫌いは高校の頃もあったし、むしろ体育必修だった当時の頃が
運動に対するコンプレックスというのは酷かったように自覚しているのですが、
それでもなんだかんだ行って登下校で無茶できるくらいの体力はあったんだなぁと。
今は、大学院生活なんかは基本的に自転車だし
冬はそれよりもキツい雪道徒歩なので、それなりにキツい思いはしていたものの、
こうやって高校当時の通学路を往復してみると、
これを毎日行き帰りするのはとてもできないなと思ってしまいます。
運動不足も多分にあるのでしょうが、何よりも加齢が原因なんだろうなと。
そういえば自分はもうそんな歳なんだということを叩き付けられた気がして、
なんとも言えない気分になりました。
三十路越えた人に言わせれば24歳なんてまだまだ青いんでしょうが、
高校生にはもういろんな意味で敵う気がしません。

実家に帰ると、どうしてもそんな風に高校当時のことを思い返せば
「あの時もっと全力でいろいろやればよかったなぁ」
みたいなことを考えるのですが、もはや恒例と化していることもあって
それが心の傷みたいになっているとは思ってはいません。
あるいは今までの帰省でどうしても生活リズムを崩していたのは
その辺の心理的な何かが原因だったのかも。
前回辺りからようやく改善しつつあるところなので、
こんなところで変に懐古熱にやられないようにしたいところです。
別に懐古することすべてが悪いことではなく、
むしろ自分にとってはそれがとても重要なことだったりもするわけですが……。

今日は02時就寝12時起床、寝過ぎました。
上述以外に具体的にやったことと言えば、昨日の日記アーカイブ整理を踏まえて
日記一覧を7ヶ月ぶりに更新したことくらいです。
この一覧はリンク生成の辺りで細かいエラーがあることが分かっているので、
また近いうちに修正作業をすることになりそう。

なんだか早くもぐだぐだ感が漂いつつある実家暮らし。
趣味系作業で行動できないならさっさと収入を得るために行動するべきか否か……。
一応04月02日までは春休み後半を満喫しようということにしているのですが、
どうも時間を浪費し過ぎている感が否めない今日この頃です。

0

コメントを残す