#3344

絶壁のような階段


ゲームのプレイ日記


最近何だか行き詰まりを感じていたので、思い切って一人暮らし中と同じ感覚で
気分転換のためにゲーセンへ行きました。
基本的に実家生活中は月20クレを目安にしているので、
5クレ消費した今日は暴挙に近い消費数だったと言わざるを得ませんが、
おかげでそれなりにスッキリした気はします。

春帰省前半以来ちょくちょくRANDOM常備で練習していたIIDXの方は、
2クレ目の4曲目で『quaser』(SPA)に挑戦してみたところ
なんとゲージ残76%というところまで行きました。ほぼ逆ボーダー。
CSでの練習中は中盤の最難関でゲージをすべて持っていかれてしまい
最後に最難関と比べると若干緩い乱打地帯も集中力不足で手が出ない、
というのが大抵のパターンでした。最小BPは110前後。
たまに最難関をなんとかゲージ半分程度残して、
その後増えることも減ることもなく維持して結果40%台ということはたまにあり、
ごくまれに60%を超えることもありましたが、
とりあえずクリアできるのは当面先だろうと思っていたんですよね。

その矢先にまさかBP89でクリア目前というところまで行けるとは。
RANDOM譜面という特性上、譜面そのものの当たり外れもあるので
クリアするだけの地力があったとは一概には言えない部分もありますが、
当たり譜面ならクリアの可能性もあるということを知ったのは収穫でした。
あと、やってて思ったのはやっぱり自分はACの方がよくできるみたいなんですよね。
最難関はともかく、その前後は明らかにCSの練習中よりも良い成績だったし、
あとはいかに最難関でゲージを残すかという勝負になっていくのかなと。
緑数字(=譜面が表示される時間)を微調整すればもっとよく見えそうな気がします。

あと、自分が勝手にべちゃ押しと名付けているCSの練習中に勝手に身についた運指を、
今回初めてまともにACでも実践することができました。
これは簡単に言えば、7鍵(1P側)を従来薬指か小指で叩いていたのを、
小指の付け根~第一関節辺りで叩くというものです。
今までは何故かACでやっていると最初に簡単な譜面を選ぶからか
この方式でやっても上手く行かないことが多かったのですが、
quaser連奏が効いたのか、
高難度譜面のときは手の位置を微妙に切り替えるということが
今回はわりとすんなりできたような気がします。

とりあえず今後はCSで何度かクリアすることができたら改めて挑戦して、
それをクリアしたら☆11に改めて挑戦という行程で進めていくつもりです。
九段挑戦なんて半年以上先の話になるだろうと思っていましたが、
RANDOM練習が思いの外早く指に馴染んできているようなので
もしかすると来月か再来月頃には九段に挑戦しているかもしれません。
まぁ、これを上手く継続できればという話なんですけどね。
あと、今やっている練習曲は基本的にスクラッチがないので、
その辺をうまく克服していかないとスクラッチが多い曲でつっかえる可能性も……。

さて今日は昨日のようにはなるまいという目標を持って迎えた二日目でしたが、
結果から言えば出掛けるという最低目標はクリアしたものの、
消化するべきタスクは見事に全く消化できずに終わってしまいました。
住所変更関係で郵便局にまた用事ができたのですが、
そのときに必要らしい通帳の届出印が見つからないとかなんとかで
部屋中を探し回っているうちに16時を過ぎてしまったので断念しました。

そもそも今日は02時半就寝13時半起床と生活リズムからして最悪でした。
本当は08時半には一度目が覚めていて、そのときいくらでも起きられたのですが、
起きたところで楽しいことが待っているわけでもないし……
という思考に陥ってしまって、それなら二度寝してしまえとなってしまったのでした。
これは非常にマズい気がしなくもない……。
実生活が行き詰まるのと同時に、音ゲーなどわずかな光明を除けば
まるで示し合わせたかのように趣味の方も停滞の兆しを見せている昨今。
実生活が行き詰まったからこそ趣味もイマイチなのかもしれませんが、
とにかくこの状況には困ったものです。
一人暮らしなら、こういうときはいっそのこと堕落を限りを尽くしてしまえば
逆に自ずと行動力が芽生えてくるといったこともありましたが、
さて実家暮らしではそれが通用するのか否か。

0

コメントを残す