#3382

一枚に集約する


ゲームのプレイ日記 デジモノ


ちょっと前の話ですが、
Android端末(SO-04D/Xperia GX)のホームを久々に整理してました。
AndroidはiOSと違ってホームアプリも自由にカスタマイズできるのが強み。
実は去年秋頃から『Aphex Launcher』のPro版をベースに定期的にいじっています。
今回は思い切って、ページ数を1枚にして左右にスクロールしないようにしてみました。

スマホ端末はiPhoneがまさにそうであるように、アイコンの羅列が基本形です。
これはWindowsパソコンも同じで、基本的にはPCも特にいじらなければ
アイコンから起動するのが最もメジャーなアプリの起動方法となります。
MacとかLinuxといった他のOSの事情はよく分かりませんが、
多分同じような感じなんじゃないでしょうかね?

自分は2008年頃にデスクトップカスタマイズに異様に凝っていた時期があって、
そのときに最終的に行き着いたのは
“デスクトップアイコンを一つも置かない”という形でした。
つまり、シンプルの方が結局は使い途はいいんじゃないかと考えたわけです。
Androidスマートフォンも今のところ同じようなルートを辿っています。
005SH時代の最初期はデフォルトホームアプリのまま、
アイコンの羅列からアプリを選んで起動していましたが、
そのうち代替ホームアプリの選定に凝り出すようになり、
スペックの限界とのせめぎ合いの中でいろいろ試行錯誤していました。
ウィジェットをやたら配置していたこともありました。

SO-04Dに移行してからは基本的にシンプルな路線で行くことにしていて、
最初7ページあったホーム画面は去年秋に4ページに定着。
そして今回ついに1ページに収まってしまったと。
4ページの内訳は、まず一番左の1ページ目がストレージサービスや便利系ツール。
2ページ目がTwitter、gReader、Pocket、ジョルテ、Catch Noteといった
頻繁に使うアプリ。3ページ目がGoogleマップなど主に外出先で使うアプリ。
4ページ目がその他のアプリとゲーム、という構成です。初期画面は2ページ目。

今回はこれらを一気に2ページ目に集めることにしました。
ホーム画面のアイコン配置数を縦10x横6と細かめにして、
左側の2列にアイコンパックを統一したアイコンを18個並べました。
アプリは左下から順番に次の通り。
・1列目
  ・ドロワー起動アイコン
  ・Evernote (オンラインメモ)
  ・Catch (オンラインメモ)
  ・Twicca (コミュニケーション)
  ・Solid Explorer (ファイラー)
  ・gReader (RSSリーダー)
  ・CommuniCase (キャリアメール専用メーラー)
  ・GMail (メーラー)
  ・Dial (電話)
  ・Widgetsoid (ウィジェット)

・2列目
  ・サブフォルダ起動アイコン
  ・Remember the Milk (タスク管理/GTDツール)
  ・ジョルテ (タスク管理/カレンダー)
  ・Firefox for Android (ブラウザ)
  ・Dropbox (オンラインストレージ)
  ・Pocket (あとで読むサービス)
  ・時計とアラーム (デフォルトアプリ/時計)
  ・メッセージ (SNS)

ドロワーを起動するとすべてのアプリが見られるようになっているのですが、
ホームに表示されていないけれどたまに使う外出時用のアプリなどは
ドロワーに入れておくといざというときに探すのが面倒なので、
こういう準メジャーアプリは厳選してサブフォルダにも置いてあります。
Androidホームアプリはフォルダを作って表示させると
イマイチな挙動のものが個人的には多いと思うのですが、
Aphex Launcherはその中でもかなり良い方なんじゃないかと思います。

あとは右下にデジタル時計のウィジェットを置いてあります。
今のところこれで不便と思った事もないのでしばらくこれでいこうかなと。
そういえばAndroidアプリの紹介ページ、
以前から作る作ると言っているのに全然実現できてないなぁ……。
実はホームの整理は定期的にやっているのに
アプリの管理はもう結構適当になりつつあって、
iOSアプリと並行しての管理が軽く破綻しているような感じはしています。

ところで今日は『』の新情報が一気に出た一日でしたね。
おかげで情報整理しているうちに眠たくなってしまって
ブログの投稿が遅れてしまいました。
ぐだぐだな文章になってしまっていると思いますがご了承ください。
ピクミン3については特設サイトの方でまとめておいたので興味のあるかたはどうぞ。

コメントを残す