#3407

意識の外の異変


今日の出来事 音楽


01時半就寝10時起床。一社目の一次試験がありました。

実は、以前買った一般常識試験対策の本なども全然読んでおらず、
面接対策なんかもバイトの影響でオフの時間すべてが無気力状態だったこともあって
ほとんどできておらず、今回ほぼアドリブの状態でぶつかることになりました。
とはいえバイトとは違って午後からなので睡眠時間は十分確保でき、
思う存分二度寝をむさぼった後、リビングに降りて昨夜やっていた音楽整理の続き。

入社試験は、まず最初にいわゆる適性検査というものをやりました。
簡単な四則計算や選択問題、パズルといったものを解く筆記試験で、
次にやる一般教養試験との大きな違いは制限時間が非常にシビアなこと。
大学四年のときの就職教養という講義で一度やったことがあったのですが
試験前までは完全にそのことを忘れており、
第1問の四則計算は制限時間の感覚が分からずマイペースで解いていたら
三分の二ほどしか解けませんでした。
2問目以降は感覚を掴んだからかそれほど苦戦もせず、最後まで解けました。
ただパズルの問題はやたら難しいのを数題スルーしてしまいましたが。

次の一般教養試験は制限時間がたっぷりある、各種一般常識の選択問題や、
漢字の読み書き、そして数IA辺りに出てきそうな、
確率の問題と図形面積を求める問題。
この図形面積を求める問題以外は8割くらいできたかなという感じでしたが、
図形に関しては公式すら忘れてしまうという有様で、
持ち時間の半分くらいは粘っていましたが結局ボロボロのまま終わりました。
問題内容はうまく説明できませんが、
まず半径がaの円Oがあり、そこに十字線AB,CDが引かれ、
十字線と円弧の交点を結んだ四角形ABCDがあります。
さらにこの四角形ABCDの一辺を半径とした円弧を円Oの内側にのみ引き、
十字線との交点をEとしたとき円弧の外側に余っている円Oの面積、
すなわち三日月形EDACの面積はいくつになるか、という感じの問題だったかと。
自分でも何言ってるか分かりませんが、とにかくわけが分かりませんでした。
曲がりなりにも六年間数学やってきたのに、結構忘れているものなんだなぁ……。

その後面接タイム。受験者は30人ほどで、すべて社長とのタイマンということもあり
一人当たりの面接時間は非常に短め。
17番目くらいに自分が呼ばれたときも、履歴書の中身を再確認する程度、
あとは就活やアルバイトの状況について訊かれたくらいで、
志望理由すら訊かれず、ややぶっきらぼうだった印象すら受けました。
ポジティブに受け取ってもネガティブに受け取っても
結局結果が来ないことには何とも言いようがないので、
なるべくこの面接のことは考えないようにしています。
まぁでもどちらかといえば落ちる割合の方が高いんじゃないかな、という程度。
結果は一週間後にメールか何かで通達されるようです。

帰宅後は、出発前に中途半端に終わっていた音楽ライブラリ整理の続きを。
今回、69ヶ月目の統計更新と同時に第70期に突入したということで、
数年くらいやってこなかった、ライブラリの削除曲候補整理と
一斉削除作業をやっていました。これまでの約六年間の累計削除数が約130曲で、
今回の削除曲数が86曲ということを考えるとかなり大がかりかと。

これまでに削除してきたのは、2007年当時ハマっていた某動画サイトが由来の
いわゆる二次創作曲がメインで、今回も同様でした。
今回は、将来的に新本家サイトで紹介するとなったときに
ライブラリからどの曲を引っ張ってきても出典を明記できるように、
出典が曖昧な動画サイト由来の曲やフリー音源などを一斉削除しました。
今までは「出典が怪しいけど曲のクオリティは良いから」
ということで見逃してきた曲も今回は容赦なく削除したので、
累計再生数ランキング上位にも少なからず影響が出ています。

ちなみに先月の1位は
『beatmania IIDX 19 Lincle Original Soundtrack』(2012)より、
“WONDER WALKER”で37再生。こんなに聴いたっけ? という疑問も若干ありますが、
バス移動のときにほとんど必ずといってもいいほど聴いていたので
その辺のヘビロテ効果によるものだと思います。
大学時代がそうでしたが、通勤通学時間が長いと移動中に合う音楽が
再生数上位に入りがちなんですよね。
それにしても半年ぶりの1位返り咲きというのも大分珍しいような気が。
月間合計再生数は1,973再生で先月比約350再生増。

あと、ランクインしないだろうからと先月先に紹介してしまった
アンビエント・ミュージックのTaylor Deupree『Faint』(2012)からは、
“Dreams Of Stairs”が14再生で月間19位とまさかのランクイン。
アンビエントは趣味系作業が安定しているときほど良く聴くというイメージが。
このアルバムはここ半年聴いてきたアンビエントの中でも
個人的にはかなりのお気に入りで、これからもこのジャンルの代表格として
聴き続けることになるんじゃないかと思っています。

先月期は他にも総合1位の
“寝・逃・げでリセット!”がついに1,000再生を超えるなど、
音楽再生数統計関係では結構大きな変化があったように思います。
実家生活再開したら音楽趣味が衰退してしまうのではないかと
心配していたこともあるので、思った通りにならなかったのは良かったなと。
バイトも始めたしこれからは容赦なくアルバム代につぎ込んでいきたいところです。

余談ですが今日は我が家の猫の六歳の誕生日でした。
相変わらずの暴君っぷりでなによりです。

0

コメントを残す