#3441

修練の箱庭


ゲームのプレイ日記


05時半就寝13時半起床。

今日も、もちろんピクミン3三昧の一日でした。
といってもストーリーモードは昨夜クリアしたので、今日はひたすらミッションモード。
ミッションモードは過去作でいうところのチャレンジモードで、
約10分の時間制限の中でいかに効率よく動けるかというスコアアタックが楽しめます。
ステージは“お宝をあつめろ!”“原生生物を倒せ!”“巨大生物を倒せ!”の
3カテゴリに分かれており、大雑把にまとめるとこんな感じになります。

・お宝をあつめろ! (5ステージ)
・制限時間以内に、ステージに散らばる“お宝(フルーツ)”を回収するモード
・オニヨンは無く、原生生物の死骸はお宝として判定されスコアが入る
・ピクミンは増やせず、決められた場所に埋まっていたり待機していたりする

・原生生物を倒せ! (5ステージ)
・制限時間以内に、ステージにいる原生生物を倒すモード
・原生生物を倒すとその場でスコアが入る (運ぶ必要がない)
・初期ピクミンは少ないので、ペレットや死骸を運んで増やす必要がある

・巨大生物を倒せ! (6ステージ)
・本編で登場するラスボスを含む六種類のボスを倒すタイムアタックモード
・ピクミンの初期隊列などが本編での登場シーンと異なる

“お宝をあつめろ!”(以下“お宝”)と“原生生物を倒せ!”(以下“討伐”)は
5ステージそれぞれが同じタイトルで同じ中身となっているのですが、
敵の配置や仕掛けなどが大きく異なっています。
今日は主に“お宝をあつめろ!”を重点的に、
上達のためにひたすらこのモードをプレイしていました。

体感的には『ピクミン2』のチャレンジモードに近い感じですね。
何が近いのかというと、制作側が全回収を想定して作っているところです。
特に最初のステージは全回収はさほど難しくはないため、
あとは全回収時のみ入るタイムボーナスのために
時間をどんどん詰めていくことになります。
『ピクミン』のチャレンジモードは遭難地点以外全回収など到底不可能で、
そういう意味ではスコアを上げていく面白さはすごく大きかったのですが、
一方で理論値に到達してしまったらそこまで、ということでもあるので、
システムとしては『ピクミン2』以降のものの方がいいのかなと。

とりあえず今日の成果として
“原生の社”(お宝)と“白銀の泉”(お宝)でプラチナメダルを獲得しました。
プラチナメダルというのは“お宝をあつめろ!”では全回収を意味します。
“原生の社”は『ピクミン2』でいうところの“こてしらべの洞窟”、
『ピクミン』でいうところの“遭難地点”のようなステージで、
全体的にコンパクトで制限時間も短めの低難易度ステージです。
ここではプレイヤーはアルフしか操作できないため、
プレイヤーを切り替えつつ進むといったことはできないのですが、
それをする必要すらないほどに狭いんですよね。

一方、“白銀の泉”は水場の多い冬のステージでそれなりに広く、
橋や白壁といったクリアしないと進めないような仕掛けや、
ピクミンに何往復もしてもらわないと運べないことも多い“キンカイ”が多くあるので
パズルを解くようにステージ構成をよく考えないと、
うろうろしているだけで終わってしまうステージです。
ただまぁ、このステージは制作側が意図したルートというものが
比較的分かりやすく設置されており、微妙な操作を要求する原生生物もいないので
それを見付けてからプラチナメダルを取るまでは比較的早かったと思います。

今日は発売記念ということで、さっそくこの2ステージの録画分を
動画サイトに投稿しようと思ったのですが、
あろうことか投稿後にミスをしているのを発見してしまったため、
企画の本格的なスタートは明日に先送りということになってしまいました。
本当は特設サイトなどで大々的に告知するつもりだったのに
こうなってしまってはそれもできず。

ミッションモードを一日中やっていて操作にも大分慣れてきたので、
明日はそのリベンジが終わったら本編でラスボス討伐の一日前に遡って
フルーツ全回収の旅にでかけようかなと思っているところです。
全回収を一度やって感覚を掴んだらいよいよ二周目……といいたいところですが、
いつの間にか四連休も明日が最終日なので、
この連休中にそこまで行けるかはかなり微妙なところ。
出勤日は多分定時あがりでもどっぷりのめり込むような時間はないだろうしなぁ。

そういえば今日はWii U GamePad単独でもやってみたのですが意外と快適でした。
携帯ゲームを遊ぶかのような感覚で
据え置きゲームのタイトルが遊べるというのはなかなか新鮮ですね。
ちょっとした時間にミッションモードのスコアを詰めるといったこともできそう。
ちなみに『』はテレビなしでもできる仕組みになっていて、
この場合はGamePadをテレビに見立ててProコントローラーで操作する、
といった感じになるのですが、これもなかなか快適なんですよね。
なんというか据え置きゲームなんだけど携帯ゲームのような感覚です。
我が家ではテレビが空いていない時間というのもそれなりにあるので、
そういうときにピクミン3をやりたくなったときはGamePadが役に立ちそうです。

0

コメントを残す