#3467

非生産的空間


ゲームのプレイ日記


先日の『どうぶつの森 こもれび広場』配信をきっかけにして、
今日ちょっとだけ『』で遊んでいました。
といっても三ヶ月ぶりのプレイですっかり雑草だらけになっていた村の雑草を
すべて取り除いたというだけで魚釣りもせずに終わってしまいましたが。

とび森のプレイ時間は200時間を超えていて、
2011年秋に買った3DSの中ではダントツの累計プレイ時間1位です。
なんというか、去年秋冬辺りに村に道路を敷設しようだとか、
島で魚釣りしようだとか、とにかくやたらにハマっていた記憶がありますが、
こういうのって一度冷めると一体自分は何に取り憑かれていたんだろうか、
って思ってしまうんですよね。いやホント、200時間もやってたんだなぁと……。

いや、別にとび森がつまらなかったと貶めたい意図はまったくありません。
ただ前々作と比較するとそれほど猛烈にハマったわけではなく
中途半端だったという感じはしていますが、それは自分の意欲の問題なわけで、
それでも修論提出前のあの状況であれだけハマったのは十分だと思っています。
まぁでも200時間やった割に何も残せていないのは否定できないかな。

こうして考えると自分はどこかで、ゲームをする以上はなんらかの形として、
自分の中に残るものを得られなくちゃいけない、と考えているのかも。
そもそもこのブログの当初の目的はまさにそういう考えがあってこそのことだろうし、
スコアアタック系のゲームなんかは分かりやすい到達目標があるわけで。
こうして考えるとつくづく音ゲーに自分がハマったのは必然的なんじゃないかなと、
思ったり思わなかったり。

でもそういうゲームばかりだと息が詰まるのも確かで、
とび森はその息抜きという役割を担ったからこそ長時間ハマったのかもしれません。
きっとどっちも今の自分には必要なんでしょうね。

0

コメントを残す