#3472

迷子になる着想


備忘録


去年秋から新しい着想メモの補完先として使っていたCatch Note (catch.com)が、
今月末頃にサービス停止するらしいことに今日気付きました。

Catchはいわゆるオンラインメモサービスで、どちらかというと付箋紙的な、
ふと思いついたアイデアを蓄積するのに向いています。
よく比較対象にされるEvernoteと比べると、
ノートの新規作成までの手順が少なくて軽いのが特徴。
Twitterのハッシュタグのようにテキスト内でタグ管理ができる他、
ノートをカテゴリごとに分けておくこともできます。

自分の場合は、ガラケー時代からの着想メモを2010年からGmailに蓄積していました。
着想メモの話題が出るたびに説明しているので詳しくは割愛しますが、
要するにメモ用Gmailアカウントをあらかじめ取得しておき、
携帯端末からそのアカウントにアイデアを書いたメールを送信するというものです。
SoftBank回線を使っていた頃は長らくこの方法で安定していたのですが、
docomoに移行すると、キャリアメールアプリが絶望的に使いにくく、
Gmailアプリも普段使いとして頻繁に使うようになってしまったため
アイデアメモとしての用途に特化させるわけにいかなくなり、
さてどうしたものかと悩んでいるときに出会ったのがCatchでした。

以来、着想を思い浮かぶ機会そのものが減ってはいるものの、
安定して使い続けてきたアプリだけに今回のサービス終了は残念です。
ざっと調べてみるとGoogle Keepというサービスが代替になるようですが、
なんとなく自分には肌に合わないような予感がしたので、
最も無難そうなEvernoteに落ち着くことにしました。
Catchはサービス終了告知に伴ってEvernoteにインポートできる形式で
全データをエクスポートできるようにしてくれているので、
インポート/エクスポート作業自体は物凄く楽でした。
が、タグの記法が違うため、メモの形式をちゃんと整理しようとすると
かなり時間がかかりそうです。ちなみに着想メモ総数は508枚でした。

なんだかんだでオンラインメモはEvernoteに一本化ということになりそうな予感。
着想メモ環境としてはEvernoteはあまり良くないと思っているし、
それを補うための入力特化ソフトとしてPostEverというアプリもありますが
これの使い勝手も今のところイマイチで、これからさらに模索する必要がありそうです。
実はそろそろEvernoteのプレミアムアカウント有効期限が迫っているのですが、
着想メモとしても使うとなるとプレミアムは継続した方がいいかもなぁ……。

そんなこんなで五連勤最終日でした。実に8日ぶりに残業無しで帰れました。
明日はできるだけのんびり過ごしたいところではありますが、
この五日間でできなかったことを取り戻すとなると忙しくなりそう……。

0

コメントを残す