#3474

メモ環境統一計画


備忘録


先日のCatch.comサービス終了の件、
とりあえず着想メモ環境の乗り換えは、Gmailを使ったEvernoteへのメール送信、
ということで一段落しました。
具体的には『メールリンカ』という、特定のアドレス宛のメールを作成するための
ショートカットを作るアプリを使って
ホームから1タップでメール作成画面に行けるようにしておいて、
あとはアイデアなりメモなりを件名に書き、
あらかじめIMEソフトに読みを「ー(長音)」で辞書登録しておいた
タグの書式を入力して送信すればEvernoteの特定ノートブックに、
好きなタグを付けて保存できるという仕組み。

最初はキャリアメールを使って送信しようとしたのですが、
キャリアメール用のメールソフトである『CommuniCase』では、
タグを入力してもタグとして認識されない不具合があったので
(半角シャープとタグ名の間に半角スペースが自動挿入されてしまう)、諦めました。

ただ、この方法にも問題点がいくつかあります。
まず、タグは既存のタグ名しか認識しないという点。
自分の場合はCatch.comでは“#タグ名”という記法でタグ付けをしていましたが、
Evernoteでは膨大な数のタグがあるので“#(整理番号)タグ名”という記法になっていて、
従来辞書登録で使ってきたタグ名は使えないという不便があります。

この辺は辞書整理も含めてまだまだ模索中の段階ですが、
あまり厳密に着想メモを分類しようとすると
煩わしくなってメモを取らなくなってしまいそうなので慎重にいきたいところ。

あと、最後の問題点は既存の着想メモの整理にかなり時間を食いそうな点。
そもそも移行するからには移行前のメモと移行後のメモを
同じ風に扱えないといけないわけなんですが、
既存のメモは当然ながらCatch.comのタグがそのまま反映されているわけではないため、
500以上のメモすべてに対してまずタグ付けをしなければなりません。
あとは、日記ネタなんかでは使用済みと未使用で分類しなければならず、
この辺も時間がない昨今にしてみれば面倒といえば面倒な作業。

まぁでも、この辺さえクリアしてしまえば、
あらゆるメモと一緒に串刺し検索できるというのはかなり便利なので、
なんとか整備していきたいところです。
Gmailは6つくらいアカウントをスマホに認識させているので
どのアカウントから送信するのかが統一取れるかが不安と言えば不安でしたが、
メールリンカ経由で起動した場合は常に同じアカウントが選択されるようで、
この辺は特に問題ありませんでした。

0

コメントを残す