#3531

ストレスを切り捨てる本能


今日の出来事 自分


ポケモンX発売を控え、会社から帰るなり寝るだけの一日だったので別の話題で。

そういえば今の会社に勤務するようになってから、
前の日のストレスが翌日に響かなくなるようになった気がします。
また、何も出来なかったということを引きずるようなことも少なくなりました。
多分、最大の要因は
なんだかんだで生活リズムが24時間周期に戻っていることなんじゃないかなと。

大学院時代最大の過ちは睡眠リズムというくらい、
昼夜逆転病に悩まされた2011~2012年の二年間。
あの頃は前日の生活リズム崩壊が翌日のさまざまなモチベ低下に繋がり、
それがまた睡眠を乱し食事リズムをも乱すという悪循環の繰り返しでした。
カウンセリングの先生に
「修了後半年間は仕事をせずに生活リズムの回復に専念した方がいいかも」
と言われていたほど。
ところが金銭事情からとにかく仕事を始めざるをえず、
自分としてはこれはかなり自分自身に鞭を打つような行動だったと思うのですが、
結果的にそれが心の状態の改善に繋がったんじゃないかなと今は思います。

当然、仕事中にイライラすることはあります。
瞬間的なイライラ度で言えば、それはもう学生時代の比ではないと思います。
だから実は自覚できなくなるほど巨大なストレスが溜まっている可能性も否めません。
が、少なくとも自覚する限りではそれらを溜め込んでいるように思っていないのは、
会社は会社、オフはオフと割り切っていることもあり
退社したらすべて忘れてしまうからなんじゃないかと思います。

入社間もない頃は、こういうストレスに直面したとき、
「今の自分は、機械の心で動いているんだ……」
みたいなことを自然と自分自身に言い聞かせていたことがありました。
なんてことない防衛本能だと思うんですが、
今思えばそれは勤務中の自分と本来の自分を切り分ける
過渡期の段階にあったんじゃないかなと。

自分は元来、なんとなくこういう割り切りが絶対できないという思い込みがあって、
だからこそゲーム一直線、ブログ一直線でこれたと思っているし、
興味のない分野はとことんできなかったし、
ある意味自分の原型はそういう性格があってこそ成り立っていると思っていたのですが
勤務を始めて、なんとなくそれでは今後どうしようも生きていけないということを
考えるより先に身体が気付いたような、そんな感じがしています。

でも本来の自分でないところにリソースを費やすようになったら、
ますます本来の自分がやりたいことができなくなってしまうのではないかという不安も
無きにしも非ず。
この辺の悩みはお金と時間の問題が続く限り永遠に続くのかなぁ……。

コメントを残す