#3532

カロスの旅の第一歩


ゲームのプレイ日記


もうそろそろかなー、と思っていたらいつの間にか発売日になっていたポケモン新作。
なんというか今年はつくづくビッグタイトルが続くなぁと思わされます。
九年ぶり新作のピクミン3に始まり、モンハン、ポケモンときて
年末にはさらにビッグタイトルが待ち構えているわけで。
ゲーム中心の生活になる実家暮らしだからこそこう感じるのか、
もうこの3タイトルだけで
去年・一昨年の合計ゲームプレイ時間を超えてしまいそうな勢い。

ポケモンは、前作『ポケットモンスター ブラック2』で、
なんだかんだ言って殿堂入り後ほとんどやらずじまいと
このシリーズの中で最低プレイ時間を記録してしまうほどだったので、
正直今回はちょっと躊躇するところがありました。
が、これまでのポケモン購入遍歴をざっと振り返ってみると、
なんだかんだ言って完全新作は毎作200時間オーバー級にハマっている一方、
サブROMとして買ったマイナー版は図鑑完成などが主目的になっているせいか
それほどプレイしてこなかったというのも毎作の流れだったので、
その流れからすると今回はハマれるだろうな、という気持ちはありました。

不幸にも発売日当日に限って会社の方は超繁忙期を迎えており、
いろいろあって結局休みを取れなかったので、
00時ダウンロード開始と見込んで睡眠時間を犠牲にしてやることにしました。
前日18時帰宅後夕食をさっさと済ませてベッドへ。23時40分頃に起き、
まっさきにTwitterのメインTLを更新してみると「ダウンロード始まってる」
というつぶやきがあったので、飛び起きてダウンロードカードを準備。
久々の栄養ドリンクを飲んでいざスタート……というつもりでしたが、
最初の名前決めでやたら時間を取ってしまい、本当に始まったのは02時半頃でした。

ここだけの話、実は今回九年ぶりにメインROMで女の子主人公を選びました。
理由は特にないんですたぶん。
で、プレイヤー名は男の子主人公なら性別は特に意識する必要も無いので
汎用ハンドルネームにするのですが、
最初今回は女の子だけど名前決める時間もないしこれでいいかなと思っていました。
ところが、チュートリアルで名前を決めるときに確認のメッセージ代わりに
「○○ちゃんかー良い名前だね」
と言われるんですよね。
自分の場合文字数制限のあるゲームで汎用HNを使うときは
最近は“こっぱち”か“こっぱちゃ”を使うことにしているのですが、
これだと“ちゃん”付けされると語尾に“ち”が連続してかなりもどかしいんですよね。
これに気付いてから半時間ほど、急遽オリジナルネームを考えていました。
名前はそのうち多分どこかで晒すと思いますが一応ここでは書きません。

仕事は遅く見積もっても05時半には朝食を取って準備しないといけないという
よりによって過去最悪の早朝出勤だったため、
ポケモンができたのは結局2時間半のみ。04時半には眠気が限界を迎えたため、
危険を承知で1時間だけ寝ました。なんとか無事に起きて出勤。

16時半に帰宅後、コーヒーをがぶ飲みして続きをプレイ。
タイトルは『ポケットモンスター X』の方を選びました。
新御三家はくさタイプの“ハリマロン”を選択。
今回はさらに初代御三家の中から一匹もらえるのですが、
ここではかなり迷ったあげく“ゼニガメ”にしました。
赤緑時代は散々データリセットしてやっていたのでどれも思い出深く、
みんな全ポケモン中マイベスト20に入るほど好きなポケモンなんですが、
中でもゼニガメは強い印象があったし、
仲間に入れる時点でみずタイプのポケモンがかなり貴重という理由で
ゼニガメにしました。
赤緑でゼニガメが強いような気がするのは多分タケシのせいでしょうね。

今回は初代御三家が手に入るというこの要素がまさにそうであるように、
自分のような赤緑世代へのファンサービスがかなり色濃く詰まっています。
最初の1ばんどうろに出てくるポケモンがポッポだったり、
最初に入る森では出現が稀なポケモンとしてピカチュウが出てくるし、
ワープポイントや滑る床などの定番のしかけ、
サイコキネシスなど初代のSEを使った技など、
いたるところに赤緑の要素が入っています。
ポケモンシリーズは“ダイヤモンド・パール”以降、
「これがポケモンシリーズ集大成か」と思わされることが多いですが、
今回は特にその印象が強いですね。
その一方で新タイプ“フェアリータイプ”の実装など革命的な要素も盛りだくさん。

現時点ではバッジ4つを獲得したところで、パーティは最高Lv.44というところです。
まだまだ全容を把握できていないのでハッキリとした感想は言えませんが、
明日・明後日はなんとか連休が取れたので
とりあえず殿堂入りまでは全速力で進めつつ楽しめたらなぁと。

コメントを残す