#3533

原点回帰の冒険


ポケモンのためだけに取った二連休、その一日目。
今日でなんとかクリアしました。クリア時のメンバーはTwitterにも書きましたが
  ・ブリガロン♂ (くさ/かくとう) Lv.72
  ・カメックス♀ (みず) Lv.67
  ・フラージェス♀ (フェアリー/くさ) Lv.64
  ・シンボラー♀ (エスパー/ひこう) Lv.62
  ・バオッキー♂ (ほのお) Lv.59

の五匹です。
前々作『ポケットモンスター ホワイト』ではほぼエモンガの単独レースで
かなりギリギリの中強引に四天王を突破しましたが、
今回はギャラドスに3~4回ほどやられた程度で比較的あっさり突破できました。
あえてパーティを五匹に絞ったのは今回の学習装置の仕様が
初代のものに戻ったのがそもそもの原因ですが、
プチ縛りで四天王突破したいというちょっとしたこだわりでもあります。

前々作に負けず劣らず、エンディングまでなかなか熱いストーリー展開だった今作。
ラスボスがサーナイト(メガストーン持ち)という意外性もなかなか良かったです。
そしてなによりも音楽が良い。
近作の戦闘曲はハードテクノ的なテイストが強いということもあって
サントラを買うたびに熱狂的にハマってしまうのが恒例になっていますが、
今作のジムリーダー戦はそれとはちょっと違う路線でまた熱い音でしたね。
ちょっとエモーショナルというか。上手く言葉にできませんがとにかく好きです。
ド直球テクノの四天王戦もなかなか。
驚異の四枚組というサントラはどうやら買うことになりそうです。

あと今作は、主人公を異性にしたことでむしろ感情移入できたような気がします。
そのおかげでストーリー中のキャラクターも以前よりよく見ていたような。
ライバルには思わず同情しちゃったりもしました。
同性だと本当に“自分の分身”として、顧みることもない存在なので
そもそも意識することが少ないですが、
異性の場合だと“自分の代わりにゲームに登場しているキャラクター”という、
なんというべきか俯瞰的に見てしまうような気がします。
上手く説明できませんが、
とりあえず異性主人公にして良かったという気持ちはあります。
2004年に同じことをやったときは、もっとなにか思春期的な別の理由だったような。
そのおかげで赤っ恥をかいたこともありましたが、
今回はそんなこともないと思います。

とりあえず無事にクリアしたので、これからは本腰入れて育成に励む予定。
なんとか明日の午前中で育成環境を整えたいところですが、
攻略Wikiすらまったくの未整備で、しかも前作ポケモンを転送するサービスが
今年の12月25日からのようで、先行きはちょっと不安。
購入前は転送サービスについてまったく調べていなかったので
まさかクリア後に転送できないとは思っておらず、
ちょっと予定を狂わされた感じはあります。
まぁでも、こういう状況はこれで楽しめそう。
前作も前々作も、思えばすぐ転送できてしまうからこそ
新ポケモンや新環境を軽視しがちな部分はあっただろうし……。