#3584

隙間のジレンマ


デジモノ


iPad mini購入計画の件。ここ何日か「iPad miniしかありえない!」
と妄信的になっていましたが、ふと本当にそれでいいのか不安になってきました。
というのも、改めて考えてみるとiPad AirかiPad miniと比較したとき、
何故あえてiPad miniを選ぶのかという理由付けが
なんとなくぼんやりしている気がしたんですよね。
なんとなく、「なるべく小さい方が自分らしい」と思っているのかもしれない。
9.7型では持ち運びが難しくなるから、というのがもう少し具体的な理由ですが、
持ち運び前提ということを考えてしまうと、
スマートフォンと役割がかなり被ってしまうのではないかと。

一応タブレット購入を検討し始める段階から、
スマートフォンとのダブりについてはずっと考えていました。
スマートフォンは半年後に機種変するにしても、
2014年モデルは5.0型前後で落ち着くだろうから7型以上のタブレットとは
十分棲み分けできるだろう、というくらいに思っていたのですが、
よく調べてみると現段階ですでに6インチ超えのスマホが存在するそうで。
なんかもうこのままいくとミニタブレットクラスも超軽量化が進んで
電話機能を備えたセルラー対応タイプが登場するのも時間の問題なんじゃないかなと。
果たしてそれを“スマートフォン”として売り出すのかは分かりませんが。

でも、そういうものが例えば次回機種変で候補として挙がってきてしまうと、
それこそiPad miniの役割を奪われてしまうことになると思うんですよね。
こんな感じで半年後くらいのことを考えたとき、
ミニタブレットではやっぱり中途半端になってしまうのではないかという不安が
どうも“Xperia Z Ultra”という機種を見かけたときから脳裏に過ぎっています。

といっても次の機種変で7型を買うというのはあまりにも携帯性を無視しているので
それはないとしても、5.0~6.0型くらいならありえるかも。
で、それくらいのスマホが将来出て機種変の選択肢に入ると考えたとき、
最小1インチしか差のないミニタブレットを買って果たして差別化できるのかと。
単に二つ目のiOSデバイスを買ったというだけで済んでしまうのではないかと。
そう考えて今は、いっそ画面の大きいiPad Airの方が
メインPC(15型)、スマートフォン(4.7型)、音楽プレイヤー(4.0型)
という現状の使い分けの隙間に
上手く入り込めるのではないかと思っているところです。

書いてて自分でも混乱気味ですが、要するにどうせ買うならサブPCとしての位置付けで
ある程度使えるようであって欲しいというわけなんですよね。
サブPCに求めるのは、webブラウジングなど情報収集、Evernote閲覧・編集、
ブログの執筆などwebサイト運営作業全般、各種SNS系の利用、といったところか。
それ以上を求めるとまた「じゃあメインPCと一本化すればいい」
と話がこじれてくるので、あくまでもここは持ち運びを重視したいところ。

あれ、そうなるとやっぱりiPad miniが妥当なのか。
なんだかよく分からなくなってきたので今日はこの辺で考えるのは止めにします。

今日は02時就寝06時40分起床。
楽続きで、なんだか寂しささえ漂う三日ぶりの勤務日でした。
次の出勤はまた三日後なので明日・明後日は
とりあえずこのタブレット問題に決着を付けたいところ。
二連休のありがたみが薄いからといってだらだら過ごさないようにしないとなぁ……。
ちなみに風邪は、今朝栄養ドリンクを飲んで出社したらなにやら一気に回復しました。
昨日がどうやらピークだったようで。

0

コメントを残す