#3598

つぶやきの輪


文化


Twitterのメインアカウントでつぶやき続けて三年七ヶ月あまりが経った今日、
ついにフォロー数が1,000人を超えてしまいました。

無差別でフォローしたのは本当に最初の黎明期のみで、
以降はなるべく自分と趣味・志向が似ているアカウントをフォローしていました。
コミュニケーションツールというよりは、
情報収集ツールとしての立ち位置が強かったということもあって、
なるべく積極的にフォローしていくようにはしていたつもりです。
それで、2011年中頃だったか、「とりあえず1,000フォローを目指そう」
と思い立ち、以後なるべくこちらからのリムーブはしないようにして
ただ愚直に増やし続けてきたのが、ひとまず今日でひとつのゴールを迎えました。

フォロー数が多ければいいというわけではない、
ということは薄々と感じていて、むしろ一人辺りの交流が薄まってしまうことは
大きなマイナスなんじゃないかと思ったこともあります。
そういう疑念を振り切ってここまで来てしまったわけですが、
これからは従来通りフォローを増やしつつも、
一年以上非アクティブなアカウントや
黎明期に無差別にフォローしてしまったアカウントを掃除したりして
タイムラインをもっと純粋にしていけたらなぁと思っています。
数字を増やすのは、さすがにこれ以上タイムラインが早くなっても追いつかないので
ひとまずここで打ち止めが妥当かなと。増えるかもしれませんが。

まぁでも、700フォロー辺りから
タイムラインの投稿頻度はあまり変わってない気もするんですよね。
フォローした分非アクティブになる人がいるということなのか、
常にタイムラインにいるような人が常に少数しかいないということなのか、
詳しい事情は分かりませんが、体感的にはそれほど変わってないかなぁと。

ちなみに情報収集ツール&独り言吐き出し場として割り切って使っている割には、
ツイートのうち@マークの割合(いわゆる会話率)は徐々に上がり続けていて、
2010年当時は1%前後だったのが、
こないだTwilogを見たら10%にまで上がっていました。
これはホントにありがたいことです。たまに反応が返ってくるからこそ
Twitterはなんだかんだでここまでやってこれたんだろうなぁ……。

そんなこんなでTwitterの方でひとつの節目を迎えた一日でした。
ちなみに現実の方は04時就寝13時起床と堕落が止まりません。
経験から言ってここで貫徹するとますます悪い方向に転がりがちな気がしますが、
このまま夜明け方に就寝するという作業効率の悪い日々を消化し続けるなら、
いっそ冒険してみるのもアリなのかも……。

コメントを残す