#3649

二十年目の戦い


ゲームのプレイ日記


さて待ちに待った『』発売日。
発表当初は正直言ってそこまで期待していなかったのですが、
気が付けば自分の中では2014年の1タイトル目を飾る大きな期待作になっていました。

1994年にSFC版『す~ぱ~ぷよぷよ』を遊んだのが自分のゲーム歴の始まりでした。
まぁ、本当に物心付いて間もない頃なので記憶がかなり曖昧なのですが、
しかしまさか20年目の節目にその続編を遊ぶことになろうとは。
そう思うとちょっと感慨深くもあります。

ちなみにまだゲームボーイを持っていなかった頃に
床屋だったか、親に付いていった店にゲームボーイの『テトリス』が置いてあって、
テトリスを遊んだのはそのときが初めてだったりします。
これも時期的にはポケモンなどにがっつりハマる前の時代だったと思うので、
そう考えると結構今回の二大タイトルは自分の根幹に関わるタイトルなのかなと思ったり。
少なくとも、自分のゲーム歴のスタートが落ち物パズルだったのは確かです。

今回はさらに携帯ゲーム機でネット対戦を遊ぶのも『ピクロスDS』以来七年ぶりです。
今日はそんな、いろいろと期待を込めざるを得ない『ぷよぷよテトリス』を、
ほぼ一日中遊んでいました。ダウンロード版配信開始時間はまさかの24時ちょうどで、
昨夜書いていたブログを投稿した直後にダウンロードでき、
そこから04時半までプレイ。一旦寝て起きて13時過ぎからシングルプレイを再開して、
15時過ぎからは延々とネット対戦を楽しんでいました。
以下、面倒くさいので箇条書きで感想を書きます。ネタバレ注意。

◆アドベンチャーモード
歴代ぷよぷよキャラ&テトリスをモチーフにした新キャラが総登場するストーリーモード。
全70面のあらゆるミッションをこなしていくことで進みます。
テトリスかぷよぷよでVS COMというのが大半を占めています。
いわゆる“まんざい”は全編フルボイス。やや低年齢向けという印象でした。
ステージは難しいものはほとんどありませんでしたが、
最終章で解禁となる新ルール“ぷよテトミックス”がかなり難しく、
7-9だったかで一度リトライする羽目になりました。大体3時間半でクリアできました。
ちなみに追加DLCで8章から10章の特別シナリオが買えるそうです。

◆ドリームアーケード:ひとりで
体験版やアドベンチャーモードで遊ぶことになるVS COMをフリーで遊べるモード。
これでとりあえず“ぷよぷよ”、“テトリス”、“ぷよテトミックス”の三種類で
かちぬきモードというものをやって、力まずにプレイする練習をすることに。
その後テトリスの3分間タイムアタックモード“ウルトラチャレンジ”に挑戦。
ハイスコアは88ライン(0.489Line/s)でした。
早積みは『テトリスDS』のクッパ戦でこれまで散々練習してきましたが、
数値化されるのはこのモードが唯一なので、
早積み特訓の指標としてこれからもスコアを詰めていきたいところです。

◆インターネット:全国パズルリーグ
いわゆるレーティングバトル。あらかじめどのルールで対戦したいかを設定して、
あとはそのルールの中からランダムでマッチングします。
そのため、レーティングの値は各ルールで共通。
その代わり、プレイ傾向によって変化する称号のような“段位”システムと、
それとは別にレーティングのおおまかな指標である“リーグ”というものがあります。
これは一定以上の勝利数を稼ぐと発生する昇段戦に勝つと昇格し、
負け続けていると降格するというもの。
面白いシステムだなぁと思います。ただ、プレッシャーに負けると永遠に昇格できないため
最初はそのせいで大分もたついていましたが……。

ネット対戦全体の感想、というか今回唯一残念なところだと思うのが、
どうもサーバーがアクセス負荷に耐えられていないらしく、
どのゲームモードでもやろうとすると処理落ちが発生するという点。
一番酷かった22時台前後は画面が止まってしまうということもしばしばありました。
これのせいで、特に早積みが命のテトリスでは実力を十分に発揮できないので
ソフトメーカーには早急な対処をお願いしたいところです。
……それにしても最近ニンテンドーネットワーク周りのトラブル多すぎるよなぁ。
完全無料だし文句は言えない立場ですが、
それでももうちょっとなんとかして欲しいと思わずにはいられません。

◇全国パズルリーグ:VS
テトリスかぷよぷよ、得意な方で勝負するもっともシンプルなゲームモード。
ネット対戦ではこれだけに絞ってプレイしている人が大半らしく、
他のゲームモードをONにしていてもマッチングはほとんどこのモードでした。
もちろんテトリスで勝負に挑んだのですが、
とにかくぷよぷよ勢の連鎖を組むスピードが驚異的すぎて通算成績はズタボロでした。
7連鎖以上を打たれるとまず即死なので、
連鎖を組む前に速攻でテトリス消し→BtBを決めて連鎖組み中の相手を撹乱し、
その前に妥協して打ってきた分を、RENを繋げつつ対処……
というのが今のところオーソドックスな戦術になっています。
大連鎖を組むことしかできない初心者はこれで割とイチコロなんですが、
レート4000を超えるとテトリス消し1回分くらいのおじゃまはものともせず
どんどん着火点を上に上げてしまい、通用しないこともしばしばあります。

テトリスvs.テトリスの勝負になった場合は単純に早積み勝負になることもあれば、
上位クラスになるとT-Spinを連発してきてどんなに早くテトリス消しをしていっても
あっさりやられてしまったり、あるいはRENを組むタイプの場合は
思わぬところで大打撃を食らってしまうこともありました。
この組み合わせで実力が伯仲しているとかなりの長期戦になりますね。
そういう経験を何度かして、RENも大事なんだなとか思い始めています。

◇全国パズルリーグ:スワップ
20時過ぎ頃から処理落ちがもっとも酷かったゲームモード。
15秒(最初のみ25秒)の間隔でテトリスとぷよぷよが入れ替わっていくモードです。
これはいかにぷよぷよ→テトリスの切り替わり時に連鎖を繋げるかが大事みたいです。
どちらのフィールドにおじゃまを落とすかという駆け引きが発生するので、
その辺は他のモードにない面白さなのかなと。
意外とぷよぷよで5連鎖程度しかできない自分でも勝負になったので、
得意な方でカバーするという戦術も結構通用するのかも。

◇全国パズルリーグ:ぷよテトミックス
これ、かなり面白いです。
その名の通りぷよぷよとテトリスが同じフィールドに落ちてくるゲームモード。
お互いのゲームルールもミックスされており、
例えばぷよぷよをホールドできたり、ハードドロップできたりします。
連鎖発生中でも次のぷよ/テトリミノを操作できるのが最大の特徴で、
『パネルでポン』でいうところのアクティブ連鎖ができるのがこのモードのミソ。
テトリミノをぷよぷよの上から落とすと最下地点まで沈むという
“つぶしの法則”を使って連鎖を組めるとかなり爽快です。
ゲームシステムもほどよくカオスで極め甲斐がありそうな印象を受けました。
まだまだ勝手が分かっていない状態ですが、
各ゲームモードで今一番やり込みたいモードかも。

*  *  *

こんなところです。とりあえず現時点の成績は全国3,999人中272位、
地方ランキングは86人中4位でレートは5031のアマチュア2部リーグです。
地方ランキングはピーク時3位まで上り詰めていたのですが、今確認したら落ちてました。
思ったより人が少ないので、1位か、せめて2位は目指したいところですが、
レート4000以降から特にVSモードでぷよぷよを相手にしたときの勝率が思わしくないので
そうあっさりと上っていけるような道のりでもなさそう。
全体として、予想以上にレベルが高いなという印象を受けました。

とりあえず今週は週末まで『ぷよぷよテトリス』一筋でぶっちぎろうかと思います。
明日はぷよテトミックスの特訓でもしてみるか。
サーバーが正常化していたらVSモードでぷよ勢へのリベンジも図りたいところ。

それにしてもやっぱりネット対戦は面白いですね。
負けるもんかと躍起になったときのあのテンションもしばらくぶりだった気がするなぁ。

0

コメントを残す