#3658

凍った島の冒険


ゲームのプレイ日記


』、ひとまずクリアしました。
発売日初日でワールド2まで進めていたときと感想はほぼ変わらず、
音楽に関しては期待以上、そして難易度に関しては予想以上といった感じ。
例によって家族内での回しプレイで最後まで進めたので
自分が携わったのは全体の半分以下なのですが、
その中でも“6-4 スノーフォレスト”の難しさは群を抜いていて、
ここで30ライフは失いました。
前作最難関はエキストラステージを除けば
“8-3 しゃくねつのトロッコ”だったと思っていますが
今回はトロッコ面でそれほど苦戦しなかった代わりに通常面によく阻まれました。
6-4の次に難しかったのは“5-1 フルーツハーベスト”かな。
ほとんどラストまでノーコンティニューで進んでいましたが
6-4でストックしていたライフをほとんど削られ、ラスボスで2回ゲームオーバーしました。
そういえば任天堂関係の作品で氷のステージが最終面って割と珍しいような、
と思いながらプレイしていたら最後はやっぱり溶岩のステージでした。

8+1エリアあった前作と比べて若干ステージ数が少なくなった印象がありますが、
クリア後のコース一覧を見る限りだと
Newマリオシリーズのように裏ゴールを使っていけると思われる隠しステージが
各ワールドに3ステージほどあるようなので、
エキストラステージの数は今作の方が多そうです。
あと、クリア後解禁のタイムアタックモードはローカル&ネットランキング対応とあり、
我が家で流行ってくれさえすれば良いやり込み要素になりそう。
一周クリアしたら一段落くらいに思っていたので、
このやり込み要素の豪華さには少し不意を突かれました。
GamePad単独なら携帯機のように手軽にプレイできるし、
本格的にぷよテトと並行してやってみるのもアリかも?

今日は05時半就寝10時半起床と、なんとか午前起きに持ち直すことができました。
が、02時40分現在それほど眠くなく、
このままいくと明日の起床時点の気力次第では逆戻りもあり得るかも。

ところで最近、ここ10ヶ月ほどめっきり減っていた創作意欲が戻りつつあります。
なんというか、一定以上の自由時間を得てエンタメ関係に一日中身を置けるようになると、
それらをある程度楽しんだ辺りで「ただ他人の作品を楽しむだけ」というプロセスに
なんとなく自分の心が不満を持つような気がしなくもないです。
もしかしたら、そういうものが創作意欲の原動力なのかもなぁと。
他人の作品を遊ぶというのが前提条件になっているような、そんな気がします。
ともあれ幸か不幸か時間だけはある今、
こういうチャンスはなるべく逃さないようにして何らかの形にしておきたいものです。
なんというか、この歳になってしまうと
然るべきときに残せないともう永遠に昔からやってきたことが途切れてしまうような、
そんな不安があるんですよね……。
それはある意味ブログを続ける理由にも繋がってくるのかも。
といろいろ思うところはありますが、
今はそんな自分の根幹に関わるテーマを掘り下げる気力もないので今日はこの辺で。

0

コメントを残す