#3678

蜃気楼に向かって進む


ゲームのプレイ日記 文化


この記事を今まさに書き始めるというちょうどそのときに、
72時間ほど続いていたアンチウイルスソフトのフルスキャンがようやく終わりました。
ちなみに検査項目数は1,500万ほど。特に怪しいファイルは見つかりませんでした。
これでようやく二代目PC購入作戦は次のステップに進むことができます。
実際の引っ越しで言うところの「大掃除」が終わったので、
次は梱包作業といったところですかね。これもUSB 2.0を介しての延々コピペになるので
ウイルスチェック同様大分時間がかかりそうですが……。

フリーソフト整理の方は、既存のフォルダを丸々コピペでいいかな、
と思っていたのですが、それだとせっかくまっさらで軽いはずの二代目PCが
いきなり重くなってしまう原因にもなりかねないので、
やっぱりこの機会にざっと洗い流して
必要なソフトだけインストールするという手順は必要なのかなと思い始めています。
その作業自体はiOSやAndroid端末でこれまで何度かやってきたことですが、
やっぱり七年分の蓄積があるだけにそうそう簡単には終わらなそう。

さて今日は遊戯王はあまり捗りませんでしたが
一昨日からちまちまと作っていたデッキレシピは完成しました。
もし興味がある方がいたらこちらからどうぞ。
あくまで体感的かつ主観的な基準ですが、身内と戦った感じだと強さは
【5:マドルチェ】>【3:インティ&クイラ】>【7:スライム増殖炉】>
【1:宝玉獣】>【2:死皇帝の陵墓】>【6:魔力カウンター】>【4:サクリファイス】
といったところでしょうか。
5、1は安定力はあるものの打点不足で、いざというときのカウンター手段にとぼしく、
7、2、6、4はコンボ性の高さはある一方でどうしても手札事故の危険性があり、
初手の6枚によっては何も出来ずに負けてしまうこともしばしば。
ただ、その中ではネタとして作ったはずの【スライム増殖炉】は比較的安定しています。
【インティ&クイラ】は欠点としてはそのどちらも抱えているデッキなのですが、
シンクロできなかった場合の防御手段が比較的豊富ということもあって
割と安定しているかなーといった印象。

昨日はどのデッキも何故か負けまくっていたので、
かなり大がかりな改築が求められている局面ではあるのですが……
まぁのんびりやっていこうと思います。
正直、ちょっと買い足したいという気持ちがちょっとずつ芽生えてしまっています。
それだけは避けるように綿密に購入計画を立てたつもりだったのですが、
どうもデッキの総数がこれだけになることをあまり意識していなかったらしく、
どのデッキにも入るような必須カードが絶望的に不足しているんですよね。
逐一他のデッキから取ってくれば対応可能とはいえ……。
まぁでも追加購入はしないと決めているので、
よっぽどこのブームが長続きしない限りは既存のカードで頑張っていくつもり。

今日はどちらかというと『』のスコアタが盛り上がりました。
Excelでお手製のマイスコアチェックリストを作って、
プラチナ以上世界記録未満の目標に2種類×5段階=10通りのクリアランプを設けたので、
ひとまずはそのうち第二段階に当たる
“タイムボーナス2分以上”と“世界記録との差が4分未満”を目指していこうと思います。
購入後ほとんどやっていないようなステージも実は結構あったりして、
それらのステージで2分残しを目指してプレイしていくと意外なほど面白いです。
当面は追加DLCではなくデフォルトのステージを攻めていくつもり。
ちなみに現時点での達成率は2分残しが33%、4分差が63%です。
現時点で調査済みの範囲で最もタイムボーナスが少ない世界記録は
“原生生物をたおせ! ステージ13:ピクアリウム”の188秒ということなので、
一応全ステージ2分残しは可能ということみたいなのですが……
果たして自分にできるのでしょうか。
ともあれ、これをひとまずの目標として今後もじわじわやっていくつもり。

0

コメントを残す