#3682

新時代の象徴との別れ


デジモノ


第78期音楽再生数統計の日である今日、ついに第三世代iPod touchが故障しました。

2010年01月08日に購入して以来、その年の最大のブームにもなったiOSゲーム群、
ひいてはコンシューマーゲームとは違う
数多くのインディーズゲームと出会うきっかけになり、
そしてなによりも2007年に本格化した音楽環境を一気に変貌させたiPod touch。
その他にも、例えばEvernote、Dropboxなど今やあって当たり前の
クラウド系サービスもそもそも知ったきっかけはiOSアプリだったし、
自分にとってのTwitter黎明期の存続は『TwitBird』というアプリがあってこそでした。
『EDGE』、『Solomon’s Boneyard』、『EDEN – World Bilder』、
『Extreme Road Trip2』『パズル&ドラゴンズ』そして『Clash of Clans』と、
実家帰省や実家生活でのブームの中心に立っていたゲームアプリも数知れず。
こう考えると、2010年代以来の自分にとっての象徴的アイテムと言ってもいいほどの、
エンタメを中心に数多くの環境を変えてしまった端末でした。

2012年末に第五世代iPod touchに世代交代してからも、
家族共有物という名目でずっと弟に貸していたのですが、
どうやら一緒に貸した中華ブランドの周辺機器がマズかったようで、
それを接続した途端にいきなりバックライトが点灯してくれなくなってしまいました。
例のイヤホンジャック故障後からずっと使っていたものだったので、
まさか購入後数年経ってこんな現象が起こるとは思ってもいませんでした。

せめてソフトウェアの不具合だったらと、
再起動→バックアップから復元→工場出荷時の状態に戻す
の三段階でリセットを試しましたが、最終段階に至っても結局バックライトは直らず、
ハードウェアの故障ということでひとまず決着が着きました。
言うまでも無く、このリセットの行程ですべてのデータは吹き飛びました。
復元作業でアプリそのものは再ダウンロードしましたが、
如何せん画面がほぼ見えないのでどこまでデータが残っているかも確認できていません。

共有時代も含めて4年2ヶ月酷使してきたというのは、
過去六台使ってきた自分の携帯端末でも最長使用期間の倍を超える長さであり、
これだけ使ってきたのなら、さすがに壊れても仕方なかったのかなという気もします。
三年目ですでにイヤホンジャックが壊れていたりもしましたしね。
そろそろ八年目なのに未だ現役の初代PCと比べるとさすがにまだ若いですが、
それでも携帯端末としては長く持ってくれた方なのかなと。

現行二代目の第五世代iPod touchは今のところ使用期間1年3ヶ月ですが、
今のところハードウェアの不具合は皆無で、まだまだこれからといった感じです。
まぁ、同期周りはソフトウェアがアレなおかげで
前世代と比べると大分手が焼ける感じはしますが……。
一応、目安としては2年間、つまり今年末までは使っていくつもりです。
多分今秋発表されるはずのiOS8では第五世代iPod touchが対象外になると思うので、
そうなったら次は二台持ちサブ機として通信もできるiPhoneにしたいなぁと。
金銭的なハードルもあるのでどうなるかは分かりませんが、
そもそもiPod touchは今後もう出ないんじゃないかとも言われてるんですよね。
そうなると一台持ちにするにせよ二台持ちするにせよiPhoneも契約せざるを得ないという。

なんにせよ、第二世代iPod touchは今後もまだしばらくいじっていくことになりそう。
復元作業の際にアプリ整理をしていたのですが、
それをきっかけにして2010年にハマったiOSゲームをまたやりたくなってきています。
休職期間とはいえ大学時代のように羽を伸ばして思いっきりゲームとはいかない今、
のんびりと小さいゲームにハマるのもなかなか難しくなってはきていますが、
でも隙があったらまた片っ端からやってみるのもいいかなーと。

あ、ちなみにPCの件は、結局フリーソフト整理が終わらず注文には至りませんでした。
なんだか最近作業効率の悪さがますます酷くなっているような気が……。

0

コメントを残す