#3686

迷走の果てに


デジモノ


去年夏から長きにわたって検討を続けていた二代目PC購入計画、
ついに決着が付き、今日108,434円の振り込みが完了しました。
届くのは早ければ明後日、遅くとも今月26日になる見込みです。

思えば長い道のりでした……。
購入計画本格化のそもそもの発端は確か2013年初頭に現行PCのHDDが限界を迎え、
買い替えるか、HDDを換装するかという選択に迫られたときでした。
そのときは、今と同じような感じで大学院修了直前で時間を持て余していたので
これが購入チャンスだと思いはしたものの、
生活費の残りがあまりにも無残だったため断念せざるを得なかったんですよね。
結局HDD換装で事なきを得て、
同時に2014年03月の増税までには必ず買おう、と決心します。

最初の候補はSONYの“VAIO Tap 20”シリーズ。実売価格は15万円ほど。
省スペースかつ持ち運びも不可能ではない画面一体型デスクトップPCに惹かれ
いろいろ調べていましたが、どうしてもコスパが良いとは思えず、
07月末の夏休みシーズンに本格的に再検討するようになります。
そこで、Lenovoの“IdeaCentre b540p”という画面一体型デスクトップが
VAIOシリーズよりはコスパがよく、かつHDMI入力端子も付いているので
テレビの代わりとしても使える利点があり、
一時はこれでショッピングローン払いを前提として注文を決意するのですが、
画面一体型はHDDなどの換装ができないということを知り、
それでは長期的に使えないということでギリギリの段階で注文を止めることに。

翌月には、タブレットなどへの憧れも重なって
「やっぱり携帯性も重視するべきだろう」と、一転してウルトラブックに目が向きます。
家電量販店の店員にも相談していろいろと機種を見ていったのですが、
その際に光回線の同時契約で3万円安く買えるというところに釣られてしまい、
店員の言うがままに一瞬契約してしまいそうになるのですが、
これも最終的にはキャンセル。
値引きキャンペーンに釣られて危うく家族に迷惑を掛けるところだったのと、
キャンセル手続きが非常に面倒だったことからさすがに反省して
しばらく二代目PC検討からは遠ざかることになります。

そして冬、バイト終了間際にPCとは別にタブレットも買うことを決意。
これもギリギリの段階まで迷いに迷いましたが、最終的にiPad Airを選択。
タブレットをしばらくいじっていて、
持ち運び端末としてのタブレット&スマートフォン、
情報集積&編集場としてのデスクトップPCという棲み分けが一番いいんじゃないか、
ということを確信し、また一転してデスクトップPCの検討をすることに。

その際に重視したのは、マザーボード以外のパーツを幅広くカスタムできること。
当初はWindows 8なんだからタッチパネルは絶対欲しい、
OSを早く起動するためにはSSDは必須、といろいろ条件を重ねがけしていましたが、
最終的にはそういう諸々のこだわりは購入前の段階に考えることでは無いだろう、
というところに行き着きました。カスタマイズさえちゃんとできれば、
今悩まなくてもいくらでも後付けで継ぎ足すことができるじゃないか、と。

そんな条件で最初に引っかかったのが、一昨日にも挙げた
HPの“HP ENVY 700-260jp/CT”で、実売価格は約9万円。
ところがHPはXPサポート終了と消費税増税のダブル特需によって
向こう一ヶ月間は注文しても届かない状況になってしまっていたため断念せざるを得ず。
次にほぼ同等スペックであるDELLの“Graphic Pro XPS 8700”を見付けますが、
こちらもBTOを利用すると納品まで14営業日かかる代物で、
今月以内の入手が不可能だったため断念。
マウスコンピューターの“MDV ADVANCE”シリーズも候補でしたが、
同じような理由で断念しました。

そして昨日行き着いたのがドスパラのゲーミングPC“GALLERIA HX-M”。
ドスパラのBTOは非常に柔軟に選ぶことができ
おかげでスペックについては過不足無くほぼ理想型のパーツを選択できるのですが、
唯一選択肢が少ないケースがどうしても自分の肌に合うとは思えず、
ここで昨日一晩中かなり煩悶していました。
マウスコンピューターの“MDV ADVANCE”は
出荷が来月初頭になるのはもう避けられない上に、
CPUの選択肢が少ないため価格が15,000円ほど高くなってしまうものの、
ケースデザインについては許容範囲だったため、一時はこれにしようとも考えましたが、
でもやっぱりそれだけのために納品を二週間も遅らせるのはちょっと……。

そんなこんなで直販店を見る限りでは打つ手無しという状況で悩んでいましたが、
ふと他のショッピングサイトを見てみると、
なんと第二候補のDELLのPCがあるじゃないか。
しかも直販サイトの即納モデルと比べて15,000円ほど安いという。
入念に調べてみると、どうやら上述のモデルのうち最も安い即納モデルから
Officeを取り除いた量販店モデルみたいです。
RAM、CPU、GPUに違いはまったく見られず。
Officeはそもそも直販店が今キャンペーンで付けてくれるというもので、
そう考えると実は直販店の方がコスパは良いのですが、
Officeを妥協するつもりでいた自分にとっては量販店モデルの方が好都合なんですよね。

最初は半信半疑でいましたが、次第にこれが大きなチャンスだと思うようになり、
17時半頃に意を決して注文確定、
夕食後の20時にコンビニ決済で冒頭に書いた金額を支払ってきました。
というわけで買ったのは“Graphic Pro XPS 8700”というモデルです。主なスペックは
Intel Core i7-4770、8GB RAM、NVIDIA GeForce GT635、1TB HDD。
今までスペック表を見てきた中からすると
グラフィックメモリがやや心許ない感じでしょうかね。
CPUは元々はCore i3かCore i5で十分と思っていたのでこれはややオーバースペック。
HDDはCドライブ専門として使うつもりなので、1TBはちょっと過剰かも。

とにかく、ようやくあとは待つだけという段階に辿り着き、
なんというか妙にむなしさを感じていたりします。
振込を当日中に済ませたとはいえ金曜日夜なので、発送がいつになるかは未知数。
なにはともあれ、他の可能性を一切合切振り切ってまで早期購入を優先した以上は、
届いたらもう画面に食いつく勢いでいじりたおしたいところです。
コンビニ決済という特殊な支払い方法のせいかどうしても今は実感がないですが、
発送メールさえ届けば少しは焦りようになるはず。

他にも話題はありますが今日はこの辺で。
二代目PC検討の話が長続きしているせいで話題のストックが溜まりすぎてしまっています。

コメントを残す