#3732

プラチナ攻略詰め合わせ #1


ゲームのプレイ日記


ゴールデンウィーク4日目にして昭和の日、そして『ピクミン2』発売十周年。

このタイトルの思い出話については、
多分今思いつくエピソードのどれを取っても過去記事と重複してしまうだろうと思うくらい
過去に散々書いてきたので今更改めて書くことはありません。
しかし、それにしても、もう十年経ったんだなぁと思うと感慨深いものはありますね。
果たして当時の自分は十年後も現役プレイヤーであると予想できただろうか……。
』の発売にここまで待たされたからこそ、というのもあるのかもしれません。
正式発表前にピクミンから離れている期間もそれなりにあったわけだし。

せっかくの十周年だし何かできないかということで色々模索していたのですが、
結局今マイブームになっている『ピクミン3』の動画を録る、というところに落ち着きました。
ピクミン2で何かやるのがベストだったのでしょうが、
操作感の違いを今から乗り越えるのはちょっと現実的では無かったので……。

というわけで、『ピクミン3』ミッションモードで全自己ベストを超えるプレイ動画を
Youtubeニコニコ動画にアップロードしてみました。よかったら観てやってください。
「プラチナ攻略」という名目ですが、自分はすでに全プラチナは達成済みなので、
自己ベストあるいは“世界記録-180秒”をひとつのハードルに定めてやることにしました。

また、いまどきただのプレイ動画では需要なさすぎるということで、
リザルト画面でWiiU GamePadに表示されるGPADのリプレイをスマホで直取りして、
プレイ動画の左下に合成するといったプチ工夫もしています。
『ピクミン3』はGPADを操作してエリア全体の状況を管理しつつ進めていくゲームなのですが、
状況確認や“ここまで移動”利用のためにGPADを操作するときは
そのつどポーズがかかってしまうので、通して観ると非常にテンポが悪いんですよね。
そこで今回はリプレイを表示するかわりに、ポーズ部分を編集して全部カットしてみました。
このテンプレを作るのに大分試行錯誤しましたが、
とりあえずVol.1完成までは漕ぎ着けたので、あとはコピペの連続でなんとかなる……はず。

ただ、思っていた以上に自己ベ超えが難しい、
というよりステージをスマートにクリアできずに苦戦しまくっていて、
動画編集よりもプレイ自体のモチベが維持できるかちょっと不安なところはあるかも。
ぶっちゃけ『ピクミン2』のチャレンジモード公式記録超えを企画したときも
Vol.6辺りで一旦力尽きてしまって、
数年放置後、他でもない『ピクミン2』アニバーサリーをきっかけにやっと復帰するも
結局ぐだぐだのまま終わりを迎えてしまったという過去もあるし、
『ピクミン3』に至っては去年夏に一度完全に挫折してしまっているので、
完走はかなり大目に見ても難しいんじゃないかと実は思っています。
だからこそ、熱いうちに一気に終わらせたいという意味でGW中の収録に力を注いでいるのですが、
このペースだと多くて20ステージくらいが限界かも。
まぁ、せめて楽しみながらやりたいところですね。妥協点を見つけるのが難しいんだよなぁ。
ということで今回収録のステージについて軽く解説を。


◆お宝をあつめろ! ステージ5:草花の園 (目標:[自己ベ]8,040pts→今回:9,390pts)
  DLCを除く16ステージの中では“アメニュウドウ”(DB06)に並ぶプラチナ最難関。
  見た目以上に行動可能な範囲が広いので、
  ルートを理詰めで練ろうとするととてもしんどいのですが、
  一方で何も考えずに遠い方から順番に運んでいってもそれなりにスコアが出たりします。
  基本的には岩・白チームと青チームで分隊を組んで、
  青は青でしか運べないお宝に専念、白はキンカイを任せるのが得策。
  動画では南部のお宝の場所まで歩いて向かっていますが、
  早い段階でカベを壊して自動移動させておけばさらに短縮できそうな気がします。
  後半の詰め方次第では想定外も行けそう。

◆お宝をあつめろ! ステージ11:冬の贈りもの (目標:[WR-180]9,870pts→今回:13,100pts)
  全36ステージで唯一7色登場するステージ。とにかく広く、お宝も重いものが多いため、
  3匹いる紫ピクミンを早い段階で活躍させることが鍵になります。
  また黄ピクミンでしか取れないお宝が3つあるので、黄ピクミンの確保には要注意。
  キンカイは、付近のお宝の重さに合わせて作業させておくと
  運搬終了後もスマートに処理できるのでオススメです。
  紫ピクミンを花にするために、最序盤はお宝よりもピキノツユクサを優先するべきかも。

◆お宝をあつめろ! ステージ9:続・落葉の回廊 (目標:[自己ベ]7,080pts→今回:7,830pts)
  全ステージで最もキンカイの設置箇所と合計数が多いステージ。その数なんと360個。
  “お宝をあつめろ!”では珍しくピクミンを増やせるステージなので、
  とにかく羽ピクミンを大量に増やしてからゲキカラで花にして、
  キンカイを一気に運んでいくことになります。
  段差は隊員が越えられなくても、
  その隊員を段差の向こう側から呼べば隊列の羽ピクミンをまとめて呼んでこれます。
  些細なテクニックですがフタクチドックリのいる場所の運搬作業などは
  投げ渡しよりもこちらの方がはるかに早いので、覚えておいて損はありません。
  好きなステージなので想定外まで頑張りたかったのですが、今はこれが限界です……。


以上3ステージでした。これからは頑張って毎週日曜日に掲載していきたいところです。
ちなみに今日は動画投稿の最終調整に時間がかかったのもあって結局録画の方は進みませんでした。
が、せっかくの祝日&ピクミン2十周年ということで家族と2Pモードを遊んでいたら、
まさかの世界新記録2つ目を達成してしまいました。
ステージは“原生生物をたおせ! ステージ3:渇きの砂”で11,890点。
タイムは2分41秒 (タイムボーナス5分19秒)で、旧世界記録を2秒更新ということに。

1つ目のWRと同じくこのステージも完全分業ができ、
かつバクダン岩によるゴリ押しが可能なステージです。
どうやら我が家はこういうステージのルート開拓が得意のようで。
このステージはおおまかに青ピクミンを引き連れてクマチャッピーを倒す南西部チャーリー班と、
主に陸上の原生生物を赤と岩で倒す東北部アルフ班に分かれて行動することになるのですが、
東北部の端っこの水中にオタマが2匹おり、
これが今までずっとタイムロスの原因としてハイスコアを阻んできました。
しかし今回、オタマ討伐に青ピクミンを使わず岩ピクミンでゴリ押しする方法に気付き、
そのおかげでほぼ完全な分業ルートが完成し、スコアが飛躍的に伸びました。
最初の挑戦でいっきに世界記録との差があと1分というところまで詰められたので、
そこから3時間ほど粘って残りの差を詰めてようやく達成。
自分は東北部アルフ&ブリトニー班を担当しましたが、
こちらはオタマ、イモガエルに手こずらなければ最速ペースで5分30秒は余るので、
あとはチャーリー班のルートを洗練すればさらに伸びそう。

この調子で3つ目のWRも取っていきたいところです。
今までのプレイ傾向から考えるに“草花の園”(BE05)辺りが狙い目かな?
“機械仕掛けのブルース”もエリアがポッドを中心に東西に分かれている上に
バクダン岩を余らせるプレイングも可能なので、研究の余地はあるかも。
今回と前回WRを取ったステージと同列の“白銀の泉”(BE02)と“落葉の回廊”(BE04)は
ステージ構成はそこまで厄介ではないのですが、
このカテゴリにしてはかなりルート開拓の要素が重視されるステージであるため、
テクニック勝負をしたい自分たちには不向きなのかなと。

そんなこんなでピクミン3三昧なピクミン2十周年記念日でした。

0

コメントを残す