#3750

アナログまでの道のり


ゲームのプレイ日記


軽い気持ちで棚を整理していたら、
今使っているキャプチャーボードに繋げるコンポーネートケーブルが出てきました。
自分が使っているキャプチャーボードは
“Hauppauge HD PVR2”という、ちょっと怪しいメーカーの
ゲームプレイ動画の録画や配信に特化したモデルなのですが、
なるべく多くの機器に対応するために
HDMIケーブル以外のケーブルも繋げられるようになっています。

ところが、HDMI非対応世代の機種は我が家ではSFC時代から一貫してRCA端子
(黄・赤・白の端子が別々になっている、いわゆるコンポジットケーブル)しかなく、
Wiiにコンポーネートケーブルを繋げるには別途周辺機器が要るみたいで、
これがあってもどのみちゲームキューブ以前のゲームは録画できないものと思っていました。
ところが、何やらRCA端子→コンポーネートケーブルは互換性があるらしく、
一応繋げようと思えば繋げられるみたいなことをネットで知り、
これなら『ピクミン3』に限らずその前作をやり込みたいとなったときにも
新しい周辺機器を買わずに済むのでは? とちょっとワクワクしたのですが……。
結局、この方法だとディスプレイ側から音を出す手段がないということで
あっさり諦めました。というか映像出力すら試してないので
本当にコンポーネートケーブルでなんとかなるのかさえ分かっていません。

ただ、最近Twitterのフォロワーさんとの間で
『ピクミン2』のチャレンジモード合計点の競い合いが流行っていたりするので、
自分もいつかチャレンジモードのスコア詰めをしたいなーという気持ちはあります。
今のところ、RCA→HDMI変換コネクタと
スピーカー内蔵型のディスプレイを買うのが一番無難かな……。
まだ二代目PCはヘッドホン以外に音を出す手段がないので
いずれサラウンドスピーカーを買おうとは思っていたのですが、
こういう事情から考えるとスピーカーはしばらくディスプレイ内蔵型で我慢するべきか。

まぁ、なんにしろ今はまず『ピクミン3』ミッションモードの完走が最重要なので、
それが終わるまではどっちみち前作に手が出せないのでこの件はのんびり考えたいと思います。

コメントを残す