#3780

マルチプレイの壁


ゲームのプレイ日記


ここ数日ほど、ようやくブログのアーカイブ整理が少しずつ動くようになってきていて、
今日も午前中と午後の一部は主にこれに費やしていました。
まだまだゴールは見えないものの、ちょっとずつWordPressの仕組みも分かってきて
理想型が具体的になってきたような気はしてます。

一方コンシューマーゲームの方は、
毎週日曜日掲載の『ピクミン3』プレイ動画録画作業があるので
特に退屈と言い切ってしまうほどの状況ではないのですが、
マルチプレイ前提となるとやや行き詰まってきた感じが漂っている昨今です。
『マリオカート8』でしばらくは盛り上がれるだろうという目論見があり、
実際にそれは予想以上に家族に受け入れられているという実感はあるのですが、
ローカルマルチプレイとなると実質的に“グランプリ”形式でやるしかなく、
ルールのカスタマイズも限定的、ただ対戦するだけとなると
どうしても底は浅いんですよね。
もともとタイムアタックが目的で買ったのでそれはいいのですが、
実際には肝心のタイムアタックも個人的にちょっとモチベが減少気味な今日この頃。

今週初頭のE3 2014で『Captain Toad: Treasure Tracker』
というタイトルをみて以来、今までずっと保留していた『スーパーマリオ 3Dワールド』を
やりたくなってきているのですが、金銭的にやや厳しいし、
なによりマリオカート8を買ったばかりなのにすぐ買うのもちょっと……。

とにかく、昨今はスコアアタック系ゲームばかり遊んでいるので
たまにはのんびりだらだらできるゲームがいい、という気持ちはあるのですが、
マイクラはXbox版の方はややグダり気味でPC版はマルチプレイ不可能と手詰まり。
そこで注目したのが、ポケモンでした。
つまりポケモンなら孵化作業という延々だらだらできて
なおかつ作業が進んだという実感も得られるだろうと考えたわけです。
たまたま弟がポケモンに強い興味を持っていたので、家族内の共通趣味としても通用するし、
これは据え置き機の合間にやるには打って付けなんじゃないかと。

というわけで『ポケットモンスター X』では7~12匹目となる二軍の考察を
夕方から就寝前まで延々としていました。
やっぱりポケモンの育成論考察もたまーにやると面白いですね。
本当にキリがないですけど……。
とりあえず明日からは一週間くらいを目処にパーティを育成していくつもり。
あくまでもマリオカート8とピクミン3の片手間に、という位置付けですが
どちらがメインになるかは分かりません。

コメントを残す