#3801

目覚ましが止まらない


朝は携帯のアラームを頼りに起きています。
最近だと設定時間は07時00分と07時10分。よくあるなと思うパターンでは、
まず何故かアラームがなる直前辺りの時間に自然に目が覚め、
そのままアラームの鳴る時間までをぼーっと過ごします。
一度目のアラームが鳴ったら、次の10分間までをぼーっと過ごします。
二度目のアラームが鳴って、さらに5分くらい経ってから、観念して腰を起こします。
最近だと週明けと週末はこの三度目の寝ぼけ時間が5分では済まなくなってきていて、
そろそろ三つ目のアラームが必要かなーと思ったりもしていますが、
結局アラームをいくつセットしても、「最後のアラームが鳴るまでは大丈夫」
という意識がある限り途中のアラームはあるだけ無駄になってしまうことが多く、
一番安定するのがふたつだと思うんですよね。

そんなわけで朝は携帯依存が強い自分ですが、今日はそこでちょっとしたトラブルがありました。
一度目のアラームが鳴った07時00分、それを止めようと画面を見ると、
「バッテリー残量が少なくなっています:残り4%」というポップアップが。
その後ろにはアラームを止めるための画面もポップアップされていたので、
バッテリー残量の方を消せばそっちの画面をいじれるんだろうと思って消してみると、
なんと同時にアラームの方の操作画面も消えてしまったという。アラームは鳴ったまま。
アラームアプリを立ち上げてみても、どこをいじっても止まってくれず、
電源を切るという最終手段を実行してなんとか事なきを得ました。
いやー、まさかAndroid純正時計アプリにこんな欠陥があるとは。

とにかく時計アプリだけは安定度の高いものを選ばないと、
それがそのまま寝坊→遅刻→会社で注意を受ける、という流れに直結してしまうので、
下手にサードパーティ製は使わない方がいいだろうと今までアプリは変えてきませんでしたが、
こんな不具合があるならちょっとアプリ変更も検討しなければならないかも。
Androidがそもそも不安定な感が否めないし、アラーム系だけはiOSに頼るのも手か。

話は変わりますが、Androidといえば機種変検討の件、
今は同キャリア機種変で大画面、大バッテリー、高スペックのSH-04Fを今月手に入れるか、
MNP利用で片手操作を優先し、かつ現行よりもバッテリー容量の大きい303SHを
更新月である来月に手に入れるかで大分迷っているところです。
MNPを利用しない機種変なら今月に買うことができるということの根拠は
現行のdocomoの二年縛り契約は同社の新料金プランへの移行に限って違約金が発生しないから、
というものでしたが、よく考えてみれば、その料金プランへ一度移行したあとで
さらにMNPすれば違約金も無く今月機種変できるという可能性に今日気付きました。
ちょこっと調べてみたところ、新料金プランも二年縛りはありますが、
料金が割高の代わりに縛りの無い契約もできるんだそうで、
それを1ヶ月だけ契約することにしてMNPということは一応できるはず……
と思いつつ書きながらdocomoのサイトを読んでいたら、
そもそも旧二年契約プランから違約金が発生しないのは新二年縛りへの移行に限るらしい。
ということは結局303SHを選ぶなら来月までの我慢は必須か。

どちらの端末が良いかについてはかなり揺れています。
こないだの長電話で腕が異様に疲れたことから、大型端末なんて以ての外だ、
というくらいまで思っていたところでしたが、
そもそも自分がスマホでそこまでの長時間会話を、
しかも外出先でするなんて相当稀だし、普段使いの分にはほぼ支障は無いじゃないかと。
第一、303SHはバッテリー容量が増えていて電力消費効率も上がっているとはいえ、
SO-04Dと比べて容量の差が410mAhしかないとなると、
バッテリー容量を機種変の理由に挙げるにはちょっと苦しい気がしないでもない。
重さは大容量バッテリーのリスクと割り切って、
通話はbluetoothヘッドセットに任せる、ハンズフリー機能を使う、など
いくらでもやり方はある……はず。

というわけで今は一転して「どうせ機種変するなら大容量大画面がいいか」
と、どちらかといえばSH-04Fの方に揺れているところです。
こちらのネックは携帯代で、ネットショップでの購入の場合かかってくる費用は
諸々の通信量が6,000円税別 (U25割適用)で、それに端末代が1,485円税込で計7,965円。
現行機での通話料0円とした場合の携帯代が7,447円なので、
新料金プランに移行するにもかかわらず若干割高になってしまう計算になります。
端末代の総額もSO-04Dが72,240円、SH-04Fが74,520円とほぼ変わらないのに
こうも合計金額が変わってしまうのは、月々サポートの額がかなり違うから。
SH-04Fの新規契約は端末代総額のおおよそ半分を負担することになっているのに対し、
SO-04Dはどういうわけか月々サポート額が端末代を上回っているんですよね。
二年前の契約のときの店舗指定オプションによる割引、当時のXiスタート記念割引、
さらに学割も契約時点で学生なら満期まで適用されるとかで、
月々サポートの総額が-3,885円にまでなっているという。
だから現行端末は端末代0円どころか、実質-875円での運用となっているわけです。

多分これはSH-04Fが高いというよりはSO-04Dがたまたまいろんな割引が効いただけで、
本来24回払いならこのくらいが妥当かなーとは思うのですが……
ネットショップではなく店舗に出向いたら意外ともっと値引きしてくれるかも?

ともあれ、この辺はまだまだ検討を重ねていきたいところです。
アラームについては……とりあえずiOSに任せる方針にしてアプリを探してみるか。