#3811

プラチナ攻略詰め合わせ #11


いよいよ最終回となった動画連載企画
ミッションモードプラチナ攻略詰め合わせ』。
今回は本編ラストステージにまつわる2ステージに挑戦しました。
動画はニコニコ動画版Vol.11YouTube版Vol.11、どちらでもどうぞ。
なお、WR-180超えは前回ですべて達成しているので今回は自己ベ更新のみとなります。




◆原生生物をたおせ! ステージ10:続・哀しき獣の塔 (目標:[自己ベ]1,830pts→今回:2,200pts)
  本編最終ステージ“哀しき獣の塔”と同様、
  すべての原生生物はアメニュウドウの作り出した疑似生命体となっているため、
  運搬が一切できないステージとなっています。そもそもオニヨンとポッドがありません。
  しかも、初期ピクミンは青30匹のみであるにも関わらず、
  テンテンチャッピー、アカチャッピー、クマチャッピー、ペロチャッピーと
  イヌムシ科の中型原生生物が総登場します。しかも時間はわずか5分55秒。
  青30匹のみの突破は相当の上級者でもクリアは至難の業、というかほぼ無理だと思います。
  ここでもやはりバクダン岩が鍵となっており、他にもポンガシグサ、鉄球などがあり、
  パズル要素がやや強いステージとなっています。
  アルフ側初期位置の正面にいるテンテンチャッピーはProコンだと回避がしづらく
  非常に厄介なのですが、どうやらアルフに一度噛みつかせてからすぐに茂みに隠れると
  目標を見失ってすぐ寝るみたいです。
  鉄球で倒すコチャッピー軍団は配置によっては鉄球で倒れないことも多いのですが、
  この辺は完全に配置運といったところでしょうか。



◆巨大生物をたおせ! ステージ6:アメニュウドウ (目標:[想定外]160sec→今回:155sec)
  全属性攻撃に加えて、腕を針のように変形させてピクミンを突き刺す無属性攻撃、
  さらには飛行能力までを兼ね備えた今作のラスボス。
  前作ラスボス・ヘラクレスヨロヒグモと比べると属性攻撃をマルチ展開したり、
  さらに並行して無属性攻撃も行ってきたりするため忙しさは格段に上がっています。
  特に無属性攻撃は、属性攻撃前の振り払い直後に繰り出されると回避不可能なので、
  犠牲を減らすにはその辺を事前に回避したり、岩のみで攻撃する必要があるのですが……
  今回は早さ最優先で犠牲のことはあまり考えずにプレイしました。
  ProコンやGamePadの場合、アメニュウドウを中心にカメラを時計回りに回していって
  360度全方位の状況を把握していくのが重要だと思います。
  また、素早く削りきるにはアメニュウドウ自身への攻撃ももちろん継続しつつ、
  同時に周辺に散らばったカケラを処理していっていかに回復させないかが重要です。
  この立ち回りと犠牲数はトレードオフの関係にあると思っているのですが、
  大抵上手くいくときは犠牲がかなり少ない場合であることが多く、
  この辺はまだまだ研究の余地がありそうです。
  基本的には無属性攻撃が効かない岩ピクミンを活用していく感じでしょうかね?
  ちなみに今回は初めて想定外を出したときは犠牲20匹未満だったのですが、
  例によってキャプボの不具合で再録する羽目になり、
  実際に公開したプレイ動画では犠牲が40匹以上出ていますが、こちらの方が4秒も早いです。
  一体何が違うというのか……。
  ボスバトルにしては奥が深い今作のラスボスは個人的にかなり好きなので、
  他の通常ステージに疲れたらまたやり込んでいきたいなと思っています。



そんなわけで全36ステージ、なんとか完走しました。
やり直し回数累計は1,769回、プレイ時間は録画時間のみで約80時間、
実プレイ時間は140時間ほどです。結局今回だけで04月の本編プレイ時間を超えているという。
ちなみに今日で一周年となる『ピクミン3』ですが、
丸一年間のプレイ時間は500時間19分となりました。
そのうち350時間近くが今年03月~07月までのプレイ時間ということになります。

なにしろ前作のチャレンジモード動画企画は連載終了まで六年もかかってしまい、
今作も発売当初に一度挫折していたということもあって、
今回は無事に完走できるかどうかがまず不安でしたが、
なにはともあれ「『ピクミン2』十周年に始めて『ピクミン3』一周年に終わらせる」
という当初の目標は達成できて良かったです。

また、今回の連載で掲げていた再生数目標は、ニコニコ動画の方は達成できませんでしたが、
Youtubeの方は検索されやすそうなタイトルにしたのが功を奏したのか、
目標2,000再生をとっくに超え、まさかの5桁到達を達成できました。
また、両方とも結構今回をきっかけにチャンネル登録/お気に入り登録してくれる方がいて、
いいPRになったのではないかと思っています。
Twitterの方でも「観てるよ」と言ってくれる方がちらほらいてくれたのが励みになりました。
結構終盤の方ではギリギリの状況まで追い込まれてしまったこともありましたが、
誰かが観ていてくれてるという実感がなかったら今頃とっくに挫折していただろうと思います。
動画投稿企画はこんな風に誰かの肩を借りながらもゴールしていく感じが良いですね。
まぁ、それと引き替えに11週間分の連休のうちかなりの時間を犠牲にしたわけですが……。

『ピクミン2』時代は、トップランカーの基準が分からず、
当時縛りプレイを動画投稿しているのが自分くらいだったからこそ
井の中の蛙が若気の至りだけで達成できていたという節もあると思うのですが、
今回はむしろ、WRという目標が明確に表示されていたからこそ
最後まで頑張れたのではないかと思っています。この辺は進歩なのではないかと。

プレイ時間500時間を突破してしまった『ピクミン3』も二年目に突入しますが、
さすがにちょっとしばらくは他ゲームで熱を冷ましてから、
頃合いを見て少しずつ再開していこうかなと思っています。
二年目の目標はやっぱり1PモードWR2つ目と全WR-120が最大の目標かなぁ。
本編もやりたいところですが、今回のラスボス戦で無犠牲の道がまったく見えなかったことから
最短最小限無犠牲は時期尚早だと思っています。まだまだ修行が足りないですね。

なんやかやで歴代プレイ時間2位まで登り詰めている『ピクミン3』。
これからも極め尽くすべく、引っこ抜き続けていきたいと思います。