#3824

捩じ伏せる色


01時半就寝10時起床。三度寝しました。

さて自分の中でじわじわとマイブームになっているMtGのデジタル版DotP2015。
長らく最初の実戦であるチュートリアル最終クエストでつっかえていましたが、
最終的に青黒のデッキでギリギリ勝つことができました。
どうやらこのゲームは、攻撃するかしないかという判断が結構重要みたいですね。
まぁ、デッキタイプにも寄ると思うのですが。
青黒はどちらも除外や妨害に秀でた能力持ちの呪文が多い傾向にあるようで、
最後までなんとか相手を妨害しまくった結果、
終盤残りライフ1-2という鍔迫り合いをなんとか制しました。
最後の最後で《護衛のゴーマゾア》というクリーチャーを引いたのですが、
これのおかげで返しのターンのトランプル持ちクリーチャーの攻撃を凌ぐことができたのが
そのまま勝利に繋がりました。

ようやくチュートリアルが進み、
記念としてレアカードの《寛大な拷問者》を貰いました。
じゃあさっそくデッキに組み込んでみましょうということでデッキビルドの画面に飛び、
このレアカードを入れるために《護衛のゴーマゾア》を抜かしてみましょう、
と言われ、なんとも複雑な気持ちになりましたがひとまず言うことは聞きました。
デッキビルドもやってみたいところではありますが、
勝手が分からないうちに手を出して大幅に弱体化するのも困るし、
なにより現段階ではカスタマイズしようにもデッキプールがほぼ初期デッキしかない状態で
カスタマイズのしようがないのでとりあえずスルーしてキャンペーンを進めることに。

その後も無料でアンロックできる“イニストラードの次元”を進めていくうちに、
なんとなく、少しずつ勝てるようにはなってきました。
というより、最初の2ターンで召喚できるかどうかで結構決まってしまうような気がする。
最初優勢に立って、その後相手の追随を許して逆転負けというパターンはあまり無いです。

そんなこんなで昨夜無料分全勝利までは行き、
今日の午前に残りのチャプター分を全部買ってしまいました。値段にして1,000円というのは
iOSアプリにしてはかなり高価な部類ですが、まぁ面白そうだからいいかなと。

ただ、問題はやはりデッキビルド。
今日はその後もアーカイブ整理作業と並行してちょこちょこ進めていたのですが、
進めていくうちにやっぱり緑マナ主体で組みたいという気持ちが強くなり、悩んでいます。
チュートリアル最終クエストの段階ではどの色がどんなものなのかといったことは
まったく意識していなかった……というよりは、
あまりにも勝てないので色へのこだわりを考慮する余裕が無かった、
と言うのが正しいのですが、とにかく自分好みの色というものを見つけられずにいました。
が、どうも戦っているうちに、
なんとなく緑に好きなカードが多いなという気がしてきたんですよね。
二色混合で言えば緑白か緑青が今のところ理想か。
おそらくこうなった原因は、これまで出会ってきたパワーカードの中でも
《始源のハイドラ》や《英雄たちを破滅させるもの》のような、
ハイドラと呼ばれる緑のクリーチャーのインパクトが強かったからではないかと思ってます。
是非その辺を軸に組み直してみたいところではあるのですが、
キャンペーン勝利で得られるブースターパックのみでキーカードを引くのは
あまり現実的ではないような……。
というか、カードコレクションなどを見る限りだと
上の2枚ってチュートリアルやキャンペーンの敵が限定的に使えるだけで
スタンダードルールではデッキとして組み込めるものではないんでしょうかね?
MtGはその辺の収録できるカード絡みのルールがややこしいですね……。

今日はDotP2015以外にも、同系統のカードゲーム『HearthStone』に手を出したり、
それ以外にもカジュアルなゲームが盛り上がったりとiOSゲーム三昧でした。
そのせいもあってかコンシューマーゲームはついに休日もプレイ時間0分に。
まさか『ピクミン3』ミッション完走を境にここまでハッキリと分かれ目が出るとは……。
まぁ、機種変も来週に控えている今、iOSに風が吹いているのは間違いないし、
今はそれに沿うのが正解かなーとは思ってます。

ちなみにアーカイブ整理は約4ヶ月半分と、一応一日の実績としては過去最高をマークしました。
……が、来週完走という目標にはあまりにも遠すぎるというのが現状です。
頑張れば休日二日間で一年分処理できるという計算でも、
来週の特休+代休+二連休で進むのはせいぜい二年分。
その倍の速度でやっと08月初週での全処理が現実的になってくるレベル。
今年は夏休み中は一切趣味系作業をしないということを目標にしているのですが……
このままだとちょっと厳しい気がします。とりあえず来週が勝負か。