#3830

二年先の鍵を見据えて


デジモノ


週明けでもあり週末でもあるという、二連休に挟まれた出勤日であり08月スタートを切る一日。
そのせいなのか疲労感がいつもより一回りも二回りも大きいです。早く寝たい。

さていよいよ明日に控えたiPhone5s機種変予定日。
実感が無いながらも現行機SO-04Dで処理すべき機種変前の準備作業をしつつ、
チェックがてらいろいろと機種変について調べていたら突然最後の壁にぶつかりました。
何かというと、SIMロックです。

SIMロックというのは、簡単に言えば「そのキャリアと通信していない端末を一切使えなくする」
という携帯端末購入上の制限です。
キャリア側としては、毎月通信費を払ってくれるからこそ
端末代の7割近くもの金額を負担してくれているわけですが、
もし端末と通信の完全分離が簡単にできるようになってしまったら、
ユーザーは端末代割引額の多いキャリアで契約しておいて通信はせず、
別途安い通信業者を利用してしまえば良いということになります。
それではキャリア側が損をしてしまうので、
それを防止するための制限がこのSIMロックです。確か。
そもそも携帯回線を使う端末にはSIMカードというものがささっていて、
これで端末はどのキャリアのものかを認識し、そのキャリアの電波を探しに行くという仕組みで、
SIMロックフリーの端末の場合、
SIMカードを差し替えることで容易に通信方法を変えることができるというわけです。
最近よく耳にするMVNOを利用した携帯料金節約法というのは
SIMロックを解除することで得られるメリットを活用した運用方法です。

SIMロックには五代目端末の005SH (SoftBank)のときにも煮え湯を飲まされました。
機種変後、サブ機として使っていたらある日突然使えなくなってしまい、
メールのバックアップも取れないまま一切の操作ができなくなってしまったんですよね。
SoftBankの場合は端末代をすべて支払っていればSIMロックを解除できる手続きがあったので
大分経ってからその解除手続きをして、一応005SHは今も使うことができています。

要するに、SIMロックというのは、そのキャリアと契約していて第一線で使っているうちは
何ら問題ないのですが、機種変後にサブ機として使おうとしたときに
ロック解除ができないと、もうその端末は起動すらままならない文鎮と化してしまうんですよね。
そして今まさに機種変しようとしているiPhone5sは、
今のところどのキャリアもSIMロック解除に対応していないとのこと。
唯一の回避策はApple Storeでのみ販売しているSIMフリー版iPhone5sを買い、
そこに現行機のSIMカードを差し込むという方法ですが、金銭的ロスが大きすぎて
今月以内の機種変は少なくとも諦めなければならないことになります。

まぁ、SIMロックのまま解約した後ただのLTE回線無しのiPhoneとして使えるのなら、
他社SIMを使う予定もないし、それはそれで良いのですが、
その辺をネットで調べてみると「iPod touchのように使える」という情報もあれば
「SIMを抜くとアクティベートできないため一切の操作ができなくなる」という情報もあり、
どうも不安が拭えません。これはもう契約前に店員に確認して、
最悪の場合機種変見送りもアリか……。
SIMカードを抜くと一切の操作ができなくなるというパターンであっても、
解約時にキャリア側にSIMカードを返却する義務さえ生じなければ問題ないのですが、
その辺の細かいところまではネットで調べても出てきそうにないし、もう訊いてみるしかないか。

というわけで今日は他にも話題があったのですがまたしても機種変の話でうまってしまいました。
楽しみにしていたはずの約二年ぶり機種変日である明日ですが、
このSIMロックの件で一転して不安に……。さて明日は無事に機種変できるのでしょうか。

コメントを残す