#3831

てのひらを束ねる


デジモノ


759c6906d749874394ec5942f3a353c82503833b.79.2.9.2
ついに自分もiPhone 5sを手に入れました。画像は19時時点のホーム画面1ページ目です。
SNS関連フォルダ、Otherフォルダ、ドックについてはまだ整理中です。
そういえばなにげに楽天写真館/楽天フォト廃止後初の画像掲載でしょうか。

そんなこんなでフィーチャーフォンから通算七代目にしてようやくiPhoneですよ。
思えば長かった……。四代目の頃からその存在を知り、
以後ずっと「Android vs. iOS vs. 二台持ち」という構図が続いてきたわけですが、
iPod touch+005SH~SO-04Dと合計3年5ヶ月間の二台持ちの末に、
ついに自分でもメイン機をiOSにしてもやっていけるという確信を持つようになったと。
と言うよりは、Androidでしかできないことにやっと折り合いを付けられるようになった、
と言った方が正確かもしれません。
ともあれ携帯機の一台持ちは、自分としてはWS020SH契約前まで遡ることになるので
実に6年2ヶ月ぶりということになります。
これから思う存分、携帯機でやりたいことをiPhoneに集約させていきたいところですね。

今日は熱帯夜のせいで眠れずに02時半就寝08時半起床、
ドコモショップに行ったのは10時頃のことでした。
キャリア選択問題の件は、端末代ならMNP利用で旧料金プランが適用できるauが
主要三社の中で最も安く、これだけで見ればau以外に選択肢は無いと思っていたのですが、
昨日発覚したSIMロックの問題で白紙に戻り、どうしたものかと迷っていたところに第二の矢が。
というのは、二年縛りの割引プランにおいて「更新月」というのは、
01日に契約した場合を除いて「契約月の二年後の翌月」を指すらしい。
2012年08月09日契約なら二年後の2014年08月のことを指すのだろうと当然思っていたのですが
そもそも割引の適用が翌月からだから、そこから24ヶ月後ということで
この場合は2014年09月が更新月に当たるようで。

……これは本当にうっかりしていました。まさかこんなところに落とし穴があるとは。
ということで、2012年08月契約の自分の場合、端末代金割引は今月締め日まで有効なので
2012年09月からの合算でちょうど支払い終わるものの、違約金約10,000円が発生してきます。
これにMNP転出・転入手数料を合算すると15,000円ほどのロスになってしまい、
端末代が安くなるからとMNPをする意味はほとんどなくなってしまう……。
まぁ、ここで違約金を払ってしまってMNPすれば場合によっては
MNPしない場合よりも安くなる可能性もありましたが、
そんな微々たる金額の差であれこれと手続きを増やすのも面倒に思ったので
結局docomoで契約を継続することにしたのでした。

機種変の契約は、待ち時間合わせてトータルで2時間ほどの長丁場でしたが、
特に厄介だと思うものもなく、旧機種のSIMロックについても
「Wi-Fi端末として使うだけなら、解約後特に利用に制限がかかることはない」とのことなので
SIMロック解除手数料などを払うこともなく済みました。
カラバリは“スペースグレイ”を選択。最初ゴールドでもいいかなと思って
入店前まではゴールドにするつもりだったのですが、
両方を比較してみるとゴールドはやや派手なイメージがあったのと、
スペースグレイは背面が非常に綺麗に見えたのでこっちでもいいかな、と。
前面がホワイトだとiPad Airと被るからというのもありますが。
ちなみに端末代は1,296円/月(x24回)。
7GBでデータ通信量定額5,200円の旧料金プランを維持できたのは良かったのですが、
予定より端末代がやや高くなってしまった感は否めず。

あと、ドコモショップと言えば恒例のオプション強制加入ですが、
今回は有無を言わさず“NOTTV”、“からだの時計”、“Dマーケット”(4種のうち1種選択)
の三つを契約させられました。
前回は、「これを契約すれば頭金8,000円が無料+アクセサリーが付くので是非」
ということだったので、まぁそれなら割安になるし契約してもいいかと思えたのですが、
今回はこれが機種変手続きを進める条件になっているんだとか。
アクセサリーが2,100円分値引きになるという特典はありましたが、
頭金に関しては話にすら出てこず、この辺はちょっと疑問が残った部分です。
……そもそもこれらオプションのうち“からだの時計”しか契約書を貰っていない気がするんだけど
ちゃんと手続きはされているんだろうか……。
ちなみにこういうキャリア提供の有料コンテンツは
SO-04D契約時にそれなりに前向きに活用しようと思っていた時期がありましたが、
すぐに飽きてしまったので今回はもう触らずに解約でいいかなと思っています。

アクセサリーは自由に選んでいいということだったので
選択肢の中ではほぼ最高値の約5,000円ほどするアルミ製バンパーを購入。
それと契約書と解約端末とiPhone5sを持って退店し、その足で家電量販店に向かって
背面保護シートと液晶保護シートを買って帰宅。
シートを貼ったあとは延々とデータ移行やらアプリ整理やら旧端末の共用化やらで過ごし、
今日はアーカイブ作業を含む各種作業がまったく進みませんでした。

第五世代iPod touch→ 5sへの移行はとりあえずすんなり行きました。
パズドラなどのオンラインゲームも移行作業要らずでアカウントごと移行してくれていたし、
当然ながらローカルにスコアを保存するタイプのゲームも問題なし。
Evernoteなど一部のアプリは再ログインが必要だったり、
『Launch Center Pro』のみ何故か復元後の同期で
データは端末にあるのにアイコンが表示されないというトラブルがあったので
iTunes側から再インストールすることになりましたが、
本当にバックアップ復元後の手間といえばそれくらいのものでした。

ただ、非常に厄介だったのが去年冬我が家で流行ったゲーム『Clash of Clans』。
このタイトルだけは人数分端末が必要だったので、
冬休み限定という名目で自分が家族に貸し出していたのですが、
iPod touchで作ったデータというのが自分のものではなかったんですよね。
そこで、Clash of Clansのデータを、
(1)旧iPod touchのアカウント[ID:1]を新iPod touchのアカウント[ID:2]に、
(2)iPad Airのアカウント[ID:3]をiPhone 5sのアカウント[ID:1]に移行したかったのですが、
どうやらClash of ClansはGame Center ID、すなわちApple IDと紐付けられているらしく、
元々Game Center IDを自分用、共用、タブレット用で管理している自分の場合
Clash of Clansのデータ移行は非常にややこしいことになっているようです。
今のところ、旧iPod touchのデータを使わなくなったSO-04Dに避難させることで
iPhone 5sの共用化を避けている状態ですが、できればもう少しスッキリさせたいところ。
やたらとGame Center IDを作らなければよかったと後悔しましたが、
結果的には人数分のIDがなければClash of Clansを遊べなかったと思うと
どうしようもなかったのかなとも思います。

ソフト面の整理では、今までiOS側は半共用端末だからと連携を躊躇っていた
メール関係やSNS関係の認証を片っ端から処理してホーム画面1ページ目の充実を図りました。
LINEは今年01月に飲み会のノリでメインの携帯番号で登録してしまったアカウントを再度消し、
サブ番号で捨てアカとして一応取得し直してみたのですが、
今のところ周囲も積極的にLINEを使っていないのであくまで備蓄品といったところです。
同様にGoogle+もまだ取ってみただけという状況。
ちなみに今回の七代目端末購入を契機にキャリアメールは卒業することにしました。
ますますGmail中心ということになっていくと思います。

SNS関連以外のソフト面では他にも歩数計アプリをいくつか導入してみたとか、
今年元日に初めて以来ずっと途絶えていた『Day One』を
天気記録アプリとして再開してみたとか、
RTMがURLスキームに対応しておらずTo-Doの追加が面倒な問題は
結局Texteverを使った着想メモでTo-Do含めなんでもかんでも記録するようにして
RTMそれ自体は存続させることにしたとか、いろいろとありますが
それぞれ詳細を書いていると文字数オーバーしてしまうので省略します。

ハード面では、まず特筆すべきは指紋認証。
思っていたより精度が良いし、プライベート端末としてもうってつけの機能なんですよねこれ。
機種変検討の段階で指紋認証をそれほど重視しているつもりはなかったのですが、
今回は初めてゲーム機としてではなくプライベート端末としてiOSを使うことになるので、
そういう意味では指紋認証はむしろ必須のものと言えるのかも。

iPod touchと外形を比べると、やはり若干の厚みと重量感はあるようです。
それでも4.6インチディスプレイのSO-04Dと比べると15gほど軽くなっているし、
何より横幅が縮まったことで非常に持ちやすくなっています。
音量ボタンがiPod touchと比べてやや押しにくくなったのが唯一気になるところですが、
まぁこれからいじくりまわしていくうちに慣れていくとは思います。

そんなこんなで素のiPhone 5sにはこれといって強い不満は無く、
純粋にLTE回線が使えるようになってさらにパワーアップしたiPod touchといった感じ。
ただ、一緒に買ったアクセサリーには大いに後悔しました。
アルミ製のバンパーでiPhoneの周囲を傷から守ったり、
バンパー下部のヒンジを回転させることで簡易スタンドにもなるというアクセサリーで、
トリニティ株式会社のTR-ABIP13(-BW)という商品なのですが……。
まず、取り付けがやたら難しい。というか、説明書が非常に粗雑なつくりになっていて
それの通りにやろうとしても上手く行かず、しかもアルミ製なので
iPhoneと擦れるとiPhoneの方に傷が付きそうになるため無理矢理はめ込むこともできず、
そこでしばらく路頭に迷っていました。
一応この問題は取り付け解説動画をYouTubeで発見して解決。
が、今度は電源ボタンが非常に押しにくいという問題が発覚。
スクリーンショットが撮りにくいのはもちろん、
いざというときに素早く押せないのは困るので結局外してしまいました。
ドコモショップで選べるアクセサリーにこれ以外に良い選択肢がなかったからとはいえ、
これはちょっと余りにも酷い……。

家電量販店で買った液晶保護シートと背面シートについては、
例の如く何度か張り直し&埃取りに苦戦する場面はありましたが結果的に綺麗に貼ることができ、
透過率も指の滑り具合も良好で今のところ満足しています。ちなみにELECOM製。
背面シートというのはその名の通りiPhone本体裏を傷から守るというものなのですが、
模様が浮き出るようになっていて、どちらかというと装飾品に近い感じです。
ちなみにチェック柄にしてみました。貼ってみると思ったより女子向けかなという感じはしますが
まぁ素の状態で使い続けるよりはいいし、しばらくこれでいきます。
バンパーは今回の反省があるので当分は買いませんが、
イヤホンジャックをほぼ使わないのでここを利用したストラップホールは欲しいかも。
ともあれ、この調子で外観についてもカスタマイズしていけたらなぁと思っています。

と、非常に長ったらしく書いてきましたが、
総じてiPod touchからiPhoneへの移行というのは「こうも違うのか」と思わされるもので、
やっぱりというか半共用端末から完全プライベート端末に変わるということは
想像以上に大きいことなんだなぁと感じました。
2010年以降積極的に探してきた1,100本以上のアプリ資産や試行錯誤してきたメモ環境しかり、
七年間で掻き集めてきた7,000曲を超える音楽ライブラリしかり、
iPhoneは自分にとって、携帯機としての到達点なのではないかと思っています。
今までさんざんここに手を掛けてきながらすんでのところでAndroidに流れてしまい、
長らく二台持ちが正義だと思い続けていた自分ですが、
iPhoneがその考えを一転させる契機になってくれればいいなと思っています。

0

コメントを残す