#3841

先導役不在


空想


さて、何やら祖父母家帰省と地元の花火大会が重なって
なんだか久々に普通の出勤日を過ごしたような感覚になっています。
いつの間にか夏休みの中核も始まっていたんだなぁ、と他人事のように考えたりも。
そう、本当は祖父母家帰省とは夏本番のスタートダッシュを切るためのイベントだったのに。
今年はその後の出勤日の存在もあって、どうも中途半端に終わってしまった感があります。

なにはともあれ、今日も無事に乗り切って残すお盆休み前出勤は明日のみ。
明日からはもう会社も名目上はお盆休みなので、拘束時間はいつも通りではあるものの
会社の雰囲気は比較的ルーズだろうし、作業てんこ盛りで退屈することもないと思うので
ラストスパートの壁はそこまで高くはないかなーと思っています。
むしろ自分にとっての目下最大の壁は、
やっぱりお盆前出勤日も進んでいない例のアーカイブ整理だと思っているくらいなので。
……結局そっちはお盆期間に早起きか夜更かししてやるのが妥当かなと思っているところです。
今までの実家帰省の経験から言って、自分が起き続けている限りは他の家族も起きていて
何かゲームをやらねばという雰囲気になってしまうので、
やはり誰よりも早く起きて独り時間を確保するのがベターでしょうかね。

実家の夏休みは、本来ならただの週末であるはずの祖父母家帰省と違って
前々から自分なりに周到に準備はしてきましたが、
自分自身のゲームに対する意欲、あるいは家族のゲームに対する意欲、
そしてその辺の温度差がやはりというか非常に深刻な問題になっていて、
いろんなタイトルを候補にあげるもことごとく潰れ、
このままいくと祖父母家帰省と同じようにiOS三昧ということになりそうな予感がしています。

「今年はとことんグダグダ過ごそう」とか言ってリーダーシップを放棄するのは簡単だし、
ぶっちゃけそれぞれが好きなことをしていた方が充実しているという現状もあるし、
なによりその方が自分としては作業が捗るので良いこと尽くめではあるんですよね。
昔から自分は、主にゲームを中心に家族の誰も知らないようなタイトルを発掘しては
それを提供することを自分自身で楽しんでいたと思うし、
提供する側とされる側、どちらにも損はないのだからこれでいいんだと思い込んでいました。

が、2013年春から実家生活を再開して家族がまた身近な存在になってから徐々に、
この環境が提供される側の自主性を奪っているという問題に繋がっていることに気付いて、
最近はちょっとこれを深刻に考えているところだったりします。
ひとまず今回はもう時間的にもどうしようもないので
自分があれこれと模索した結果をぶつけていくしかないという現状ではあるのですが、
そのうちこれはもっと深く掘り下げて考えるべき問題なのかもしれません。
祖父母家帰省も、実は従弟主導でなんとかなるだろうという考えがここ数年あったのですが、
それがまったく通用しないということを今回で強く感じているところです。

そんなこんなで今は、四日間の夏休みの消化方法について、
かなりいろいろな思いが錯綜していて整理が付いていない状況です。
幸い明日の退勤時間までまだかなり猶予はあるので、そこまでに腹を決めたいところ……。
楽しめればそれで良し、作業三昧でも別にいいけど、
どっちつかずの消化不良だけは勘弁願いたいですね……。

0

コメントを残す