#3872

音楽再生数統計七周年


音楽

毎月10日に音楽ライブラリの再生回数ランキングを記録するようになって早七年。

今年度は間違いなく、音楽に関しては惰性の一年を過ごしてしまいました。
一人暮らしで働かずとも生活費が入ってきた学生時代から完全に脱却した今年度は、
大学院生活から一転、24時間音楽が聴きづらい環境になってしまい、
音楽のメインステージがもはや通勤途中か趣味系作業のときのみというのも
最近は定着してきたように思います。
それらに適したアルバムは今年も聴き続けましたが、
そうではない、挑戦的なサウンドを展開するようなアルバムは総じて聴きにくい一年だったかと。
iOS7になって音楽ライブラリが取り扱いにくくなってしまったのも
今にしてみれば不遇だったなと思います。

そんな状況下での今年の年間累計再生数は15,302再生で前年比8,501再生減。
追加曲数は810曲でこちらは初の1,000曲割り。
これは、アルバムにお金をかけられなかったというのもありますが……
以前のようにがむしゃらにコンピレーション・アルバムを買わなくなったのも大きいのかなと。
今でも月間の新曲数平均は100曲ちょっとですが、
普通だと100曲ってアルバム10枚買って到達するかどうかっていう数字なんですよね……。
昔は一体どれだけアルバムを買っていたのかと。
BEMANI系サントラの曲数がやたら多いので、原因はそれかと思いますが。

累計再生数は138,705再生、一曲当たりの平均は16.8再生となりました。
再生時間に直すと約2,730万秒となります。来年には丸一年分超えてそう。
年間トップは『beatmania IIDX 19 Lincle Original Soundtracks』(2012)より、
『SHADE』で161再生。この曲は年間ランキングでは初登場3位、去年が2位と
惜しいところまで常に登ってきていましたが、今回でついに1位になりました。
他に聴く曲がないときの隙間埋め役としてうまく機能していたイメージ。
ちなみに今年はテクノポップ系はジャンル内最高位でも34位と、とことん不遇でした。
新曲トップは『beatmania IIDX 21 SPADA ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.1』(2013)より
『Insine Techniques』(kors k)で、総合3位の123再生でした。
なんだかんだでBEMANIサントラ強し、といったところでしょうか。

さて今年も恒例の年間(新曲)ランキング……と言いたいところですが、
今年は去年より増して既存曲勢力が大きく、新曲はランキング下位に埋もれてしまっているので
わざわざ新曲のみのランキングを紹介する意味はないと思い、お休みすることにしました。
新曲ランキングとは別の方式の曲紹介はしたいとは思っているので、それはまた別の日にでも。

余談ですが、七周年のこの区切り目に、昨日ちょっと検討していたiTunes Matchを
やっぱり申し込むことにしました。今は長い長い同期作業の最中です。
これで少しでも音楽を聴きやすくなったらいいなーとは思っています。
今片っ端から聴いている10枚のアルバムで幕を開けた8年目の携帯音楽生活。
2010年を最後に新しい★5の音楽と出会わなくなってもう四年が経ってしまっているので、
そろそろこの状況をぶちこわすような音楽と出会いたいところです。

0

コメントを残す