#3876

掻き乱される楽曲群


音楽


03時半就寝11時起床。

起床直後からiPhone 5sの音楽ライブラリと大乱闘中です。
このままでは音楽ライブラリと戦うだけで一日が終わってしまいそうなので、
その区切りを付ける意味でも今日は早めにブログ投稿してみます。

音楽ライブラリと戦っていると言っても、
別に自己流の整理をしているわけでもなく、問題の原因はiTunes Matchです。
……結論から言ってしまえば、 Matchに申し込んだことを後悔しています。
ここまで発展途上のサービスとは思えなかったというか……。
自分のように、
“コンピレーションアルバムやゲーム音楽が多い”、
“再生回数、レートなどの整理に何らかのこだわりを持っている”、
“ライブラリ曲数の整合性がとれないともやもやする”
“ストリーミング開始まで3秒以上待てない”
といった性質のユーザーはiTunes Matchには向いていないと思います。
最初は「まさに自分のようなユーザーのために作られたサービスだ!」
と意気込んで設定をいじくっていましたが、みるみるうちに不具合が出てきて、
なんというか今は軽く混乱状態に陥っています。
ということで頭の整理&不満解消のために、不満点を列挙してみることにしました。

◆iCloud上にアップロードされた曲のステータスが見れない
  iTunes MatchではiTunes Storeのライブラリと一致しなかった曲のうち、
  一定以上の品質基準をクリアした音源をiCloudに自動アップロードされるのですが、
  その品質基準というのがどうやら曖昧のようで、
  iTunes Matchを再起動するたびに利用可能な曲数が毎回異なります。
  自分の場合は8,329曲だったり8,333曲だったりしていました。
  “iTunes上で表示されるiCloudにアップロード成功した曲目”は
  iCloudの状況アイコンから絞り込むことができるのですが、
  その数値がiPhone上のライブラリ全曲数と一致しないことが多く、
  その差分が一体どの曲なのかを特定する手段がないんですよね……。
  また、iTunes MatchではiCloud上の楽曲の情報を常に最新と判定しているため、
  iTunesから音楽の情報を書き換えても、数分後に元に戻ってしまうことがあります。
  元に戻される前に“iTunes Matchを更新”を実行しても無駄なことも多々あり、
  その上アルバムジャケットがミスマッチを起こしている楽曲もちらほら。
  というかアルバムジャケットは正常ダウンロードされてない曲の方が多いです。
  さらに今回の騒動でいくつかの曲はレート情報が消失してしまいました。
  今までは、端末側の音楽がどうなってもiTunesのデータベースが大元なのだから
  これさえ保持できれば問題ないという安心感がありましたが、
  iTunes Match影響下ではその大元となるデータベースそのものが
  自分の手の届かないところから操作される可能性があるため非常に不安になります。

◆ストリーミングが遅く、特定の楽曲ダウンロードが思うように出来ない
  多分最大の不満点がこれ。
  こんな基本的な部分から使い物にならないレベルだったのにはちょっと驚きでした。
  年間約4,000円ならこれくらいが限界ということなのか……。
  基本的に、ストリーミング再生は再生開始までに最短でも2秒ほどかかるようです。
  ダウンロードなどを並行していると最悪30秒ほどかかる場合もあります。
  常に2秒ならともかく、それ以上待たされてしまうのでは実用性が全くないし、
  かといってiPhoneから頻繁に聴く曲をダウンロードしようしてみても
  iCloudとの通信速度が異常に遅い (というより、まともに通信していない)ため、
  三つ星以上全曲をiPhone単独でローカル保存するのは現実的ではないという。
  iTunes側でローカルに置きたい曲のみを転送する方法も考えたのですが、
  iCloud側とトラックが重複してフリーズしてしまうことがあるため、
  現状ローカル保存はまったく機能していない状況です。
  なにやら、iTunes MatchをONにしたタイミングで
  片っ端から曲を自動ダウンロードしているのが通信を阻害しているみたいなのですが
  これの制御方法がイマイチ分からないんですよね……。
  自動ダウンロードは夜中にも動いていたのか、
  今朝起きたらiPhoneのバッテリーが切れていました。
  サービス単体でも役に立っていないのに、その上バッテリーも浪費するとは……。

以上、大きく分けてこの二つが昨夜から今朝までの大きな不満点です。
ただ、もう少し調べてみると、一度再生した音楽はキャッシュとして端末に残るようで、
試してみたところキャッシュ済みの曲は待ち時間無しで再生ができるので
一旦三つ星以上全曲を再生してみるというのもひとつの手なのかも。
ただしこの場合、iTunes Matchを一旦オフにすると全部消えてしまうそうです。
総曲数のズレに関しては、同期されない64kbps以下の低音質音源や5秒以下の音源を
再エンコードするなり削除するなりしてなんとか処理すれば
一応理論上はぴったり合うはずなのですが……大分手間がかかるので今回は見送りで。
アルバムジャケットの問題は手動で更新していってなんとかするしかないか。
自動ダウンロード周りの問題は現状どうしようもないような……。

iTunes Matchに関しては特にブログ界隈の上の方がベタ褒めで誰も貶めていないので
ついつい安心してサービス購入を決心したのですが、
フタを開けてみて、なんだかちょっと不意打ちを受けたような気持ちになりました。
複数の個人ブログが高評価を下しているからといって自分に合ったものとは限らない、
というのは今回の反省点ですね……。
Evernote連携アプリのレビューなんかでも似たようなことがあったような気が。

コメントを残す