#3904

小さな遊びの輪


ゲームのプレイ日記 デジモノ


02時半就寝09時半起床。休日で10時より前に起きられたのは大分久々です。
起きてしばらく目覚まし用プレイリストを消化したあと、すぐに書店に出掛けて
iTunes Cardを買ってきました。
昨日も3,000円分買いましたが、あれはiTunes Storeで買うアルバムのため。
今日の分は、去年末にハマったiOSゲーム『Deemo』の追加DLC (800円分)と、
あとは『』を筆頭に今本格的にハマりつつあるモバイルマルチ系タイトルで、
課金デビューするための資金変換としてのiTunes Cardです。
購入目的がそれぞれまったく違うとは言え、
連日3,000円分のカードを買うのはさすがにちょっと買いすぎな感も。
なんというか、浪費欲はあるけど欲しいものが特に明確でないような状態に陥ると
iTunes Cardなどデジタルマネーに走りやすい傾向があるような気はしますね……。
いわゆるガチャなどに使う課金アイテムってそういう心理を利用したものなのかなーと
思ったり思わなかったり。

メルストは昨日、ようやくLv.20となりギルドを設立できるようになりました。
このゲームは救援システムというものがあり、
同じルーム/ギルドの人がクエストをやっているときにユニットを送り込むことができます。
自分は最初、これはランダムでオンラインプレイヤーのユニットが
勝手に送られてくるものだと思っていたのですが、
どうやら救援ログから誰かがコストを消費して「救援」ボタンを押さない限りは
救援は発生しないようです。
プレイヤーは必ずどこかの“ルーム”に所属することになっているので、
今まではたまたま所属したルームのメンバーが救援してくれていたということみたい。

同じようなことはギルドメンバー同士でもできるようになっているので、
これを使えば他のモバイルマルチ系で言うところのフレンド同士で
救援を送り合ったり、ギルド特有の機能を共有したりすることができるようになると。
ただ問題はメルストの場合、Twitterのフォロー/フォロワーのような関係性ではなく、
ギルドマスターを中心としたサークルを作るという形式なので、
自分のようにギルドありきのオンラインタイトルに慣れていない人間としては
他のタイトルのように適当にフレンド申請やら登録やらをしにくいというのはあります。
で、それならいっそのこと自分がGMになってしまえとLv.20まで頑張ってきたのですが……
結局、それはそれで他の人を“勧誘”する勇気が必要になってくるし、
ギルドマスターとしての責任も発生してくるわけで、
数日前まで「ギルドとはなんぞや?」状態だった自分につとまるのか正直微妙な感じも。

まぁ、そんなに堅く考えてもしょうがないのかもしれませんけどね。
現在パーティは前衛3 (マリン [Lv.12] / ノノ [Lv.20] / シエット [Lv.20])、
回復2 (カナン [Lv.20] / フィーリア [Lv.10])という構成で、Spボーナスは1,210。
ストーリークエストは 15-4“ルシュカの告白” まで来たところです。
最序盤は本当に毎回試行錯誤しつつなんとか進めるといった感じでしたが、
ある日スカウトで4体同時攻撃できる“ノノ”が仲間になってから急にすんなり進むようになり、
同じく3体同時攻撃できる主人公の妹、“シエット”がストーリーで仲間になると
さらに安定するようになりました。
ただ、さすがにそろそろ敵の攻撃力も上がってきていて、
たまに救援頼みになることもありますが……。

ここまで63面クリアしてきましたが、ストーリー達成率は全体でまだ13.1%です。
達成率は3段階あるステージ難易度の一番上までやって100%になる計算なので、
難易度“ふつう”で一周するだけなら達成率は33%がゴールということに。
そう考えるとストーリー上ではそろそろ中盤かなといったところです。
1エリア16ステージと考えて、全9~10エリアくらいはありそう。

そんな感じでメルストを中心にそれなりに盛り上がっているiOSゲームですが、
今日は久々に『ピクミン3』もやりました。
いろいろ考えましたが今の自分の意欲や時間の都合などを考慮すると
新企画やら新しいやり込みはややキツいので、そういうことは一旦考えずに
ミッションモードの全ステージをやり直し禁止で一周してみることにしました。
その上で何か手に届きそうな目標があったら、実行に移せればいいなと思っています。

コメントを残す