#4063

不安定な白い配列


今、二年に一度の歯石取りのために歯医者通いをしているのですが、
そこでまた虫歯があるから歯石取りが終わったら治療を始めると言われ、
またもや歯医者通いが長くなりそうな雰囲気になっています。
本当に恥ずかしい話ですが、
これでもう実家近くの歯医者にお世話になるのは2010年頃から通算五年目になります……。
しかも今度は親知らずの治療。今のところ抜歯にはならなそうですが、
奥歯の治療は過去にすんなりいった例しがないため不安です。

2012年にほぼ丸一年総合病院にお世話になった経験から、
少なくとも普通の歯磨きは欠かさないようにしているのですが、
こうも虫歯が次々と現れるとそのうち全部失活歯になってしまうのではないかと不安になります。
これまでの担当の歯科医さんに聞いた話をまとめると、
虫歯の抑制はもちろん歯磨きをしているかどうかも重要である一方、
菌の発生を抑える役割をする唾液がちゃんと機能しているかどうかも結構重要らしいです。
逆に言えば、唾液がちゃんと出て口の中が中和されていれば、
そうそう頻繁に虫歯はできないものであるらしいです。
ただ、唾液の分泌量やその効力は人によって違うんだそうで、
そう聞くと、もしかし自分は元々唾液の少ない方なんじゃないかなと思ったり思わなかったり。
また、唾液は寝ている間はあまり出ないそうで、
「歯磨きは夜寝る前にしなさい」とよく言われるのはその辺が根拠であるらしいです。

自分の場合、実生活でこの辺に影響を与えているとすればまず間違いなくコーヒーなのですが、
そのコーヒーも最近は砂糖どっさりなタイプではないので、
糖分が原因で菌が繁殖してどうのこうのというよりは、
コーヒーの成分が唾液をネバネバにしてしまって殺菌作用を無くしてしまうのがマズいのかも。
従来は毎日朝に一杯だけだったのが最近は朝昼の二杯になり、
繁忙期になるとそれが三杯以上になることも少なくなかったため、
それがもしかすると口内を不健康にさせていたのかもなぁと……。

最近はただの歯ブラシだけでは飽き足らず、いわゆるデンタルフロスなるものも試していますが、
どっちみち今ある虫歯はどうすることもできないわけで、おとなしく治療を受けるしかなさそう。
歯の健康に関しては結構幸先悪いような気がします。
この調子でとても何十年も先まで全本維持できる気がしない……。