#4098

中間を突き詰める


デジモノ 自分

このブログの定期メニューとなりつつある携帯機種変妄想の続き。
昨日、無線LAN混線の話から半ば無理矢理
「それじゃあテザリング利用で独自回線をもうひとつ持とう」と
スマホ新機種購入の流れに持っていきましたが、
ざっと調べてみると、やっぱりというか速度制限の壁が厚いようです。
月7GB制限が厳しいのはもとより、
一日の合計容量が一定量を超えると翌日制限されるというのもキツい。
現状、短期間の合計容量制限が存在しないモバイル回線は存在しないそうです。
唯一WiMAXが月間合計容量無制限を謳ってはいるものの、
これも3日で3GBを使うと翌日ほとんど使い物にならない速度まで落とされるんだとか。

というわけで、二台目端末は買うとしたらルーターとしてではなく、
やっぱりサブ端末として割り切って使っていくことになることになるかと。
自分としては5インチ台の端末は手に持つには大きすぎるので、
単なるスマホというよりはミニタブレット的な立ち位置になりそうです。
昔もWS020SH (WIILLCOM 03) とW54Tの二台持ちをしていたときは
片方が通話とメールなど交流・連絡用、もう一方がwebブラウジングメインのエンタメ用、
というような棲み分けがされていたので、もし買ったら多分そのときも同じように
iPhone端末がエンタメ用、Android端末が連絡用という形になると思います。
ハードウェア的な特徴から、もちろん電子マネーの管理やらフルセグは役に立つと思うのですが、
Androidというと、どうしてもソフト面が弱いという印象が拭えないのがなぁ……。
ある意味、その一点が端末購入に説得力を持たせられない最大の原因のように思います。
iOS7以降、なんだかんだで『StackOne』『ATOK for iOS』など
着想メモや文字入力周りのアプリも充実してきていてますますAndroidが不利になっているような。
自分が覚えている限り、未だにAndroidの方が使いやすいと感じるのは
『Evernote』『Dropbox』や各種ファイラーなどファイル管理系アプリと、
ホームカスタマイズ周辺、『Tasker』といったハードウェア連携アプリくらいか。
あと通知センターとの連携が大事なSNS系アプリ各種もAndroid優勢なイメージはあるかも。

まぁ、結局のところ「どっちも使いたい!!」というのが自分の本音なので、
Androidの良いところやiOSの悪いところを粗探ししても仕方ないところはあるんですが。
この春、さらに第三の刺客としてついにFirefox OS搭載端末『Fx0』もお披露目されたし、
SoftBankからは完全ベゼルレス(に見える)端末『AQUOUS CRYSTAL』が登場したし、
実はひそかに曲がった液晶を持つスマホ『GALAKY Note Edge』も気になっていたり。
つくづくスマートフォン業界は一度近付いてしまうと誘惑が多すぎて困ります。

とりあえず現在のGoogle Playが本当にサブ端末を持つにふさわしいほど充実しているか、
去年夏の機種変以降の状況を整理することにして、
あとは来月後半に夏モデルの発表が控えているので、
ルーターとしてではなく純粋に二台目スマホとして本腰入れて検討するなら
そこまで待つのが無難かなーとは思っていますが、
欲しいと思ったときが買い時、
という言葉を信じてさっさと購入してしまう可能性も無きにしも非ず。
まぁ要するに自分は一台持ちが耐えられない性なんでしょう。
一本化以降定期的に機種変妄想をブログに垂れ流している辺り、そろそろ限界は近いのかなと。

0

コメントを残す