#4165

全速力の非生産的日常


ゲームのプレイ日記 文化


2013年末のタブレット購入と同時に買い始め、
なんだかんだでコミックビューワーとしては定着しているいわゆる電子書籍。
ふと、そういえば眠れない夜などにWikipediaなら延々と読み続けられることを思いだし、
積読本も電書版を同時に読み進めるスタイルなら少しは崩せるんじゃないか、
と改めて電子書籍サービスを、漫画以外という観点から絞り込んでみることにしました。

……が、結果から言って今回も断念しました。
試しに現在読み途中の何冊かのタイトルを串刺し検索してみたのですが、見事にヒット0。
まぁ、青空文庫などにもある近代文学作品なら
一手間かければ並行して読み進めることもできるのでしょうが、
それでは根本的な解決にならない……。
2013年末にも一度、漫画以外の書籍を電書版で読む可能性については模索していましたが、
今回も結果は同じで、自分の琴線に触れる分野の本はまだあまり電書化が進んでいないようです。
やっぱり電子書籍は当面は漫画専用として進めるのが無難か。

法的にどうなのかは分かりませんが、二冊買って片方をいわゆる自炊用に裁断してしまう、
というのも手ではありますが、そこまでの手間を掛けるならまず一冊目を読めという話。
もう少し職場がゆるい環境だったら二冊買って並行して読み進めるのはアリだと思うのですが、
実際には私物持ち込みは禁止されていないものの、
現状では読める時間は昼食後の15分程度だけなので時間的に相当厳しいです。

結局のところ自分は読書を「勉強の一種」として認識している側面があるらしく、
自分から勉強したいと思うにはまず時間的余裕があると自覚するところからかなぁと思います。
今日はせっかくの土曜日にもかかわらず
起床後4時間はなんだかんだで暇つぶし程度で過ごしてしまい、
夕食後になっても諸々のタスクを潰す気力が湧かずにうなされていました。
まぁぶっちゃけ、体調不良を除いて考えても今週は重要なタスクがほとんど無かったので、
唸るほど暇だった、と言い換えても別に大差無いわけですが。
そういうときに「タスクが無い、さて何しよう」と一旦リセットする勇気が今の自分にはなく、
「タスクが無い、作らなきゃ」と焦ってしまうのが本当に悪い癖だと思っています。
だから本は次々に積み上がるし、本当に新しいことを何一つ着手できずに終わってしまうと。
E3 2015でもしかすると忙しくなる可能性もなくはないですが、
もし何も変わらなかったら、来週こそはどこかでリセットをかける気力だけはキープしたいところ。

今日は『』で
第1回フェス「朝食はごはん派 vs. 朝食はパン派」の戦いが幕を開ける日だったので
パン派として何戦か参加してきました。
フェスマッチは通常より1ステージ多い3ステージによるランダム選出で、
今回は新ステージ “モズク農場” も選ばれていました。ルールはナワバリバトル。
あとは広場の雰囲気がガラっと変わり、戦闘ステージも夜になり専用BGMに。
ただそれ以外は特に特殊ルールのないレギュラーマッチと同じなので、
フレンド合流が出来ない分、若干の物足りなさはありました。
まぁでも雰囲気がいいから良しとするか。

コメントを残す