#4223

第一人者の存在感


退屈な時間がほとんど無いという意味ではかなりの成功だった祖父母家帰省でしたが、
個人的に生活リズム崩壊の原因になってしまったという意味ではベストではありませんでした。
元々、出勤日に挟まれた二連休の大半を使うというハードスケジュールのせいもあるので
どう立ち回ろうとも自分の体質ではこうなることは不可避だとは思っていますが。

というわけで03時半就寝08時起床で連休明け出勤日の今日は、
恒例の音楽再生数統計の日でしたが本来着手するべき日付変更線後は体調不良のため始められず、
帰宅後一旦昼寝してからようやくiTunes Storeでアルバム探しをするだけに留まりました。
元々今月の新譜には『Deemo』のサントラをはじめとした
ゲームサントラ系の期待作が目白押しだったのでそれだけでも良かったのですが、
一昨日の花火大会会場で流されていたいわゆるEDM系の音楽も聞いてみたいと思い立ち、
そっち方面のアルバムをいくつか買ってみることに。
なんだかんだでハウス/テクノ系アルバムも順調に数を増やしつつあり、
合計アルバム数はそろそろ500枚に迫ろうとしている音楽ライブラリですが
再生数至上主義だったかつての頃と比べると、音楽を工夫して聞こうとする気力は
やはりというか失われていく一方です。
以前は本当に通学中でもアンビエントを聴き、就寝前でもダンスミュージックを聴くといった
場の空気をまったく考えない、文字通り貪るような音楽の聴き方だったわけで、
今はある程度その場の雰囲気を重視するようになっただけ、とも考えられるのですが、
それにしたってもう少しプレイリストを作る時間が欲しいよなぁ、とは思います。

まぁ、何も考えなくても音を楽しめればそれで良いんですけどね、本当は。
変に理屈っぽく考えてしまうのが最近の自分の悪いところなのかもしれません。

昼寝後は祖父母家帰省でも盛り上がったMTGで身内と何戦か勝負していました。
祖父母家ではエントリーセットそのままの状態で戦うのみだったので、
ここで初めて基本セット2015のデッキビルダーセットを解禁。
これは初心者がデッキ改築するために便利な285枚のランダムカードが入ったセットとのことで、
枚数の割に値段が安いのが魅力です。その代わりランダムカードはある程度の規則性があり、
そのうち100枚は土地カードなのですが。
まぁ、6つ目のオリジナルデッキを作りたいときにたくさん土地があった方がいいだろうと、
当初はそのくらいの思惑で買いました。

思いの外エントリーセットとの重複が多かったのは残念でしたが、
一方で遊戯王OCGだけやっていても耳に入ってくるような
有名カードである《セラの天使》や《シヴ山のドラゴン》といった
古いカードも入っていたことは純粋に嬉しく思いました。
さらにブースターパックも何個か入っており、エントリーセット各箱に入っていたものを合わせて
合計14個 (=210枚) ものパックが手元に残ったので、これをじわじわと開封していくつもり。
ためしに1パック空けてみたら、いきなり《虚空の罠》のプレミアム版が当たりました。
遊戯王OCGと違ってこちらはフォイル仕様のカードはレア度に関係無く存在するんですね。
フォイルとは別にカード別のレア度も もちろん設定されており、
コモン(C)→アンコモン(U)→レア(R)→ミスティック・レア(M)の順で当たりにくいそうです。
神話レアは8パックに1枚とのこと。14パックもあれば1枚くらい当たるんじゃないだろうか?

そんなわけで祖父母家帰省に引き続きMTGがメインの普通の出勤日でした。

0