#4230

無意識な視線


ゲームのプレイ日記 文化

水面下でじわじわと続いている『』。
お盆前に盛り上がったのをきっかけに弟がWii U版を買っていたので、
今日はそれで初めてローカル対戦をプレイしてみました。自分は当然テトリス一筋です。
プレイしてみて、まず3DS版とのレイアウトの違いに絶望しました。

Wii U版はローカル対戦の場合、当然全員分のプレイ状況を画面に映さなければならない関係上、
縦四分割のうちひとつを見ながらプレイすることになるのですが、
テトリスのレイアウトはそのうち横幅のすべてをフィールドが独占してしまい、
NEXTテトリミノ表示は最上部に小さく表示されるだけというもの。
最初はこれでも大した問題はないだろうと思っていたのですが、
フィールドの下部分とNEXT表示の距離がありすぎるため
「シャドーとNEXTを同時に見ながら積む」ということができないのが致命的で
最初の数戦はまともにプレイすることさえままなりませんでした。
3DS版をプレイするときに常にNEXT表示を意識して見ているわけではないのですが、
こうやってレイアウトが変わってはじめて、
普段は無意識的に次のテトリミノを捕捉しながら積んでいたということに気が付きました。

次第にようやく慣れてきてそこそこの戦績を残すことはできました。
相変わらず、ローカル対戦ではとりあえず開幕DT砲を撃っておけば勝てるイメージでしたが
後半になってくるとそれも通用しないパターンも何度かありました。
ここまできたらもうRENを極めるしかないのか……。
ぷよ勢がこのまま順当にテトリス対策の腕を磨き続けていくと
そのうちローカル対戦でも太刀打ちできなくなりそうで少し怖いです。

今日は他にもMTGが盛り上がりましたが、個人的にお気に入りの
赤青《アーティファクトの魂込め》デッキの戦績はイマイチでした。
やっぱりというか、一枚の切り札に依存するやり方は現状だと大分厳しいという印象です。
「親和 (アーティファクト)」を持ったカードがたくさんあれば
もっとコンセプトに沿った回しかたができそうなのですが……。
現状だと単体で強いアーティファクト・クリーチャーも信頼できるほぞの数は揃っておらず、
今後のブースターパック開封次第でだいぶデッキの強さが左右されそうです。

0

コメントを残す