#4232

天秤調整


文化 空想

祖父母家帰省で解禁して以来じわじわと遊び続けている『』。
発売済みカードセットの一覧などを調べつつ、
最近はどんなカードがあるのかWikiやら公式データベースサイトなどを見ているのですが、
遊戯王OCGでやっていたような、自分の考えた最強デッキを作るということが
MTGをプレイする上での目的ではないので、
手に入れないうちにカードデータを片っ端から知り尽くしてしまうことは
それはそれでネタバレを見ているようで勿体ない気がしなくもないです。

今のところ、我が家ではスタンダードルールで遊んでいますが
10月には今夏解禁した「基本セット2015」が
早くもスタンダード落ちしてしまう (=そのルールでは使えなくなる) ので、
それを機にモダンルールに移行する予定です。しかしモダン全部は広すぎるので、
M15版と呼ばれる、基本セット2015以降のカードフォーマットにターゲットを絞って、
その中で楽しむという遊び方でやっていこうかなと模索中。

その場合、2015年08月時点で該当するカードセットは (自分が調べた限りでは)
「基本セット2015」「タルキール覇王譚」「運命再編」「タルキール龍紀伝」
「マジック・オリジン」「ゼンディカーの戦乱」の六つの新規カードセットと、
「統率者2014年版」「モダンマスターズ2015年版」の二つの再録カードセット、
「迅速 vs 狡知」以降三つの対戦セット、計11製品となります。
このうち統率者2014年版は多人数戦向けの製品なのでひとまず除外しておくとして、
残ったもののうち「基本セット2015」はエントリーセットとデッキビルダーセット、
「マジック・オリジン」はブースターボックスをすでに購入済みなので、
残りを月一くらいのペースで買っていこうかなと思っているところ。
エントリーセットがあればそれだけ対戦組み合わせの数が広がるし、
ブースターボックスがあればそれだけパック開封の楽しみとデッキカスタムの可能性が広がるので
それぞれを交互で買って行くのが良さそう。
ただ同じセットでエントリーセットとブースターパック両方を買っても
重複が多くて楽しみが半減してしまうのは「基本セット2015」で良く分かったので、
各セットでどちらかのみに絞るのですが、
絞るためには中身をある程度知らなければならずここで今は悩んでいるところです。

特に魅力的な「モダンマスターズ2015年版」はロマン溢れるカードがたくさん収録されていて、
中でもエルドラージという無色クリーチャーに個人的にかなり心奪われているのですが、
これのブースターボックスの価格は執筆時点でAmazon最安値がなんと40,000円という。
遊戯王OCGで言うところのプレミアムパック的な位置付けらしく
元々が1パック1,000円という代物であるのですが、24パック25,920円のはずなのに
何故か14,000円増しのプレミア価格になっており、さすがにこれは手が出ません。
1ボックスで欲しいカードが全部揃うならともかく、それすら不確定ですからね……。
エムラクールを召喚するデッキをいつか作りたいと思うけれど……
それを実現するにはシングル買いが不可欠で、シングル買いをするとなったら
結局各自ガチデッキを作って最終的に強さが偏って誰も勝負したがらなくなるという
遊戯王OCGと同じ流れになってしまいそうで、この辺は大分悩ましいです。
シングル買いで手に入れたカードも共有してしまえば解決できそうですが、
ここまで強力なカードだと持っているだけで大分実力の偏りができてしまいそう。

そんなわけでカードを買うことについては色々悩みもあるMTGですが、
イラストの魅力も相当なので、単純に何も考えずコレクションとして片っ端から買うのもアリかも。
ともあれ次回はエキスパンションの中からひとつエントリーセットを買ってみる予定。

0

コメントを残す