#4252

欠片解禁


音楽


毎月十日が迫ってくるとアルバム探しに追われるようになって早数年。
最近は音ゲーサントラも過去作分は一通りコンプしてしまったため
IIDXとポップンの新作が出ない限りは買わないし、
テクノポップ系は相変わらず規模が小さく探すのが難しいということもあって
近年はエレクトロニカのアルバム探しに偏りがちになっているように思います。
まぁ、テクノポップの近接領域も最近は割と聴くようになってきているので
そっちを探す楽しみもあるのですが、エレクトロニカほど聴いた量も多くないので
やっぱりどうしても探すのに若干の戸惑いがあるんですよね。
いっぽうエレクトロニカの方は、
2010年から蓄積し続けているiTunes Storeのウィッシュリストが未だに消化しきれておらず、
いくつかお気に入りのレーベルが自分の中で確立したことで
日々気になる新譜に触れ続けられる環境が出来上がってしまっているため、
毎月何かしら新しいアーティストの出会いがあります。
そういうこともあって昔はテクノポップの方が優勢だったのが
今ではテクノポップ系アルバム87枚に対してエレクトロニカ系アルバムは166枚と、
そろそろ倍の差が付きそうな勢い。

そんなエレクトロニカを探すとき、最近はまずいくつかのレーベル公式サイトと、
iTunes Storeの「エレクトロニック」新譜一覧をチェックして、
めぼしいものがあったら一通りウィッシュリストに放り込み、
改めてウィッシュリスト全部をざっと眺めて試聴して厳選したものを、
AmazonないしはiTunes Storeで買うのが恒例の流れになっています。
当然、昔からウィッシュリストに入れているアルバムは毎月見ることになり、
ウィッシュリストに入れてから四年以上経ってから買うことになった、
などということも割とよくあったりします。

そんなウィッシュリストに、大分前からAutechreのEPが三枚入っています。
最古参が2010年なので、ほとんどiTunesの仕様遍歴と同期間入っていることになるでしょうか。
前々からエレクトロニカの道標的存在としてこのアーティストを挙げている自分ですが、
実はEPを単独ではこれまで一度も買ったことがありませんでした。
というのも2011年にシングルベスト『EPS 1991-2002』が出たことから、
いずれ必ず、2003年以降のEP群もまとめて出すだろうと思い、
EP曲はそのときのとっておきとしてキープすることにしていたんですよね。
Autechreに限らず、どうしてもシングル曲は再録される可能性が高いということもあって
うかつに手が出しにくいという事情があります。

が、それから四年経っても2003年以降のEP群について何のアナウンスもなく今に至ります。
しかしよく見てみれば、2003年以降のシングルリリースって実は三枚しかないんですよね。
13年でたった3枚しかないシングル曲を、果たしてすぐに再販するのだろうかと言われると、
なんだか逆に今ここでEPを聴いておかないと損をするような気持ちになってきました。
前々から聴きたいのにベストアルバムの存在から手が出なかった楽曲ということもあったので、
今回の機に最新分から順に解禁してしまうことにしました。

Autechreに限らず、EPだからというだけで敬遠していた楽曲はほかにもちらほらあるので
今回を契機に、もう長らく再録されていないEPは順番に買ってしまうのもアリかも。
でも、すでに持っているアルバムの再録盤にしかない楽曲とかになると
また話がややこしいんですよね……。
EPのメインタイトルがすでに持っているアルバムに収録の楽曲だったり。
まぁ、それでも新曲が欲しいのに新譜がなかなか出てこないアーティストの新曲を聴く
最後の手段として一手間掛ける価値はあるんじゃないかなと。

コメントを残す